エンタメ

待機児童問題に直面する大堀恵の憂鬱 …「芸能人はシッター頼めよ」「旦那が働いてるんだから育児に専念せい」

【この記事のキーワード】
大堀恵オフィシャルブログより

大堀恵オフィシャルブログより

 元SDN48のメンバーでタレントの大堀恵(32)が待機児童問題に直面していることをブログで明かしている。

 大堀は2013年の元日に脚本家の金沢達也(44)と結婚し、翌年6月に第一子となる女児を出産している。今年2月28日には公式ブログに「認可保育園」という記事をアップ。

「『不承諾通知』が届きました 希望したどの認可保育園にも入れませんでした。。事務所と話し合って、4月からお仕事を本格的にしていこうと話していたのですが厳しい現状です」

 と、今年の春から娘を認可保育園に預け、仕事復帰を目指していたが、それが叶わなくなったことを明かしていた。

「今はパズルのように主人のスケジュールを聞いて、はめこんでいる状態です/とりあえず来年の4月までは、引き続き娘をお仕事先に連れていかせていただくしかないのかな~」

 とも綴っており、娘を仕事場に連れて行ったり、または夫の仕事が空いている日に自身の仕事を入れてもらうよう調整し、仕事中の育児を夫に託す、といったスタイルで仕事を行っていたようだ。

 そして11月3日のブログ記事「頼れるママ友さん」でも、保育園や幼稚園に詳しいママ友さんに色々と教えてもらいながら保育園対策を練っているらしき様子が綴られ、「近々、無認可保育園の一時預かりを登録してこようとおもいます 待機児童更新中ですー、、」と、依然として待機児童状態であることも明かした。

自営業者の困難な保活

 働く子持ち女性にとって子どもの預け先は大きな問題だ。もくろみ通りの時期に保育園入園が叶わなければ、働くことが困難になる。大堀は出産後も働く意欲があり、そのために認可保育園の申し込みをしたが、不承諾となってしまったようだ。気の毒な話である。

 しかし、これを受けネット上では「旦那が働いてるんだから育児に専念せい」「芸能人でお金ありそうだから、すごい高い無認可とかでも大丈夫じゃない?」「芸能人はシッター雇えよ」など、厳しい言葉が並んでいる。かつて小雪(38)が、長男を「一般家庭と同じように育てたい」と認可保育園に申し込んだことが報じられた時も「セレブはどうぞ幼稚園に」など批判が集まったが、それと似たような状況だ。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[PR]
[PR]
保育園に入りたい! 2016年版(日経BPムック) (日経BPムック 日経DUALの本)