連載

「EXILE的な男性」に怯え続ける男たち/中村うさぎ×二村ヒトシ×枡野浩一【4】

【この記事のキーワード】
心から愛を信じていたなんて

心から愛を信じていたなんて

 二村さんが「枡野さんは吉田豪さんや町山智浩さんは嘘つきだと思う?」と問いかけ、枡野さんが「二村さんは僕の元奥さんはメンヘラだと思う?」と問いかけ返す、個人と個人の永遠のわかりあえなさについて語る第4回です。やはり「嘘も方便」なのか? 「EXILE妄想」とは、「ヤンキーとオタクの一瞬の握手」とは何なのか!? 「男が女を子ども扱いする」ことで果たして結婚はうまくいくのか……?

「EXILEの仲間になりたいのは、いじめられっ子の発想なの?」 (中村)

中村 枡野さんは風俗なんかには行かないんだよね?

枡野 行かない行かない。

中村 チンコが勃ってたときから風俗は行ったことないの?

枡野 行ったことない。ただ、ちょっと一瞬つきあった人が、風俗で働いてたってのがわかったことがあったけど……。

中村 そのときはどう思った?

枡野 べつになにも。「あ、そうかあ」と思った。

二村 嫉妬は特にない?

枡野 嫉妬心は僕はないほうかも。あ、でもあったのかなぁ。結婚相手がバイセクシャルで、辺見えみりのヌードカレンダーを寝室に飾っていたのはちょっと嫉妬したかも。

中村 辺見えみりに嫉妬してたのお~!?

二村 やっぱり枡野さんは女になりたいんじゃないの!? ほんとはさ!

枡野 そんなことはない。

中村 どうなんだろうね。

二村 あのね、AV監督からしたらさ、この本(『愛のことはもう仕方ない』)には枡野さんの性癖が凄く丁寧に書いてあってさ、とても参考になったんです。性産業従事者としては、やっぱり人の性癖の数だけビジネスチャンスはあると思っていて……。

中村 EXILEの妄想[注]とか?(笑)

枡野 EXILEの妄想とか(笑)。

二村 や、風俗店はなんでも作れるんですよ。金さえ使えば。枡野さんの妄想を具現化するなら、EXILEのような男優をずらっと揃えてさ、女性はひとりいれば済むんだから、女をハーレムみたいにずらっと10人揃えるより全然安くつく。ソープで五輪車とかよりは安くつくかもしれないよ。枡野さんのために枡野さんをいじめるEXILE的な男優たちがいて……。

枡野 いじめられたいわけじゃないけどね。

二村 いやだから、小突かれながら……ヤりたいんでしょ?

枡野 違う違う、仲間にされたい……感じ。強い人たちに仲間と認められることで自分も強いと……

二村 で、最後に「おまえ仲間だ!」って言ってもらってプレイが完了するっていう。これ、俺、完璧に作る自信がある(笑)。店の演出を含めてね。

枡野 それ、どれだけ需要があるのかなぁ。僕はヤリたいけど。

二村 まぁだから僕は、それで金は儲からないから、そんな店はやらないけど。でももし枡野さんみたいな性癖の人が何万人もいたら、俺はその店をやるね。

枡野 いたらいいのにねえ。

中村 っていうかさぁ、EXILEの仲間になりたいっていうのは、いじめられっ子の発想なの?

枡野 かもねえ。僕はいじめられてはなかったんだけど、ただ怯えていたの。強そうで運動ができる人たちに。

二村 とてもよくわかる。あなたをいじめるかもわからない雰囲気を持った人たちに対して、むこうはいじめる気がないにしても、ちょっとおどおどしてしまう。だけど最後に、「おまえ仲間だよなぁ」と言われることにとんでもないオーガズムがある……。

枡野 そうそう。これはエッセイに書いたことある話なんだけど。高校時代にね、向こうから男子学生の集団が来たのね。自転車の集団が。それで僕は怯えて、目を伏せてて……

二村 こういう話するとき、ほんとにイキイキとするねえ、枡野さんは(笑)。

枡野 したら、その集団が「枡野くーん!」って手を振ってくれたの。

二村 クククク(笑)。

枡野 もうすっごい幸福感を感じて。なんで自分は怯えてたんだろうと。

中村 ハハハハハ(笑)。

枡野 それはクラスメイトだったんですよ。でも僕は男の集団が来るだけで怖い感じがして、うつむいてたんだけど。だけど、「あ、みんなそんなに僕のこと嫌ってないんだな、手を振ってくれるんだな」って。すっごい印象に残ってたんだけど。そういう感じ。僕の中の、男性たちへの距離感は。

二村 あの、本当に僕は、AV監督としてなんとかなるまでは非モテで、子どもの頃もね、いじめられっ子だったんだよ。いじめもしてたんだけどね。だからジャイアンでものび太でもなくスネ夫的な子どもで、なおかつオタクだったので、やっぱりいじめっ子に対する恐怖は凄くあって。だから物語とか映画とかでさ、ヤンキーとオタクが一瞬、理解しあう……、なんか事件が起こってオタクの主人公がヤンキーと共闘するとかさ。 『桐島、部活やめるってよ』[注]って映画がそうだよね。

中村 ああ、うんうん。

二村 ヤンキーとオタクがほんの一瞬握手して、でも結局また違う世界に別れていくっていう話に、僕はとてもシビれるというか、泣けてくる……。

中村 『桐島』、よかったよねえ。

枡野 そうかもしれない。

二村 でもやっぱり、ヤンキー的男性に対しての「自分をいじめる人かもしれない」っていう恐怖は、いつまでもあるよね?

枡野 あるある。あるし、そこはもう、逃れられないなにかですね。

1 2 3

枡野浩一

歌人。1968年東京生まれ。小説『ショートソング』(集英社文庫)ほか著書多数。短歌代表作が高校の国語教科書(明治書院)に掲載中。阿佐ヶ谷「枡野書店」店主。二村ヒトシさんとのニコニコ動画番組『男らしくナイト』(第1回は9/24夜)、中村うさぎさんとのトーク企画『ゆさぶりおしゃべり』(第1回は10/7夜)など、最新情報はツイッター【@toiimasunomo 】で。

@toiimasunomo

note

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[PR]
[PR]
愛のことはもう仕方ない あとは死ぬだけ なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)