連載

「40男」を嫌っているのは女性ではなく自分? 軽さと過酷さを兼ねそなえた『〈40男〉はなぜ嫌われるか』

【この記事のキーワード】

『非モテの品格 男にとって「弱さ」とは何か』(集英社新書)の著者・杉田俊介さんと、Twitterで「男らしさ」について積極的にツイートされているまくねがおさんによる連載「男らしくない男たちの当事者研究」。前編にて「男性論ルネッサンス」の検証として取り上げた田中俊之さんの『〈40男〉はなぜ嫌われるか』(イースト新書)について引き続き話し合います。

ありのままを見つめられない男性には、「心の醜形恐怖」がある? 「男性論ルネッサンス」検証

生きるための「夢」がない!

まく うーん……。杉田さんが、田中さんの本を読んで「40歳よりもちょっと老けて感じる」と思ったことが、凄く意外でした。あれですかねえ、杉田さんのベースは文芸批評で、書生っぽさと言いますか、そういうものが思考様式に残っている、とかは関係ありますか?全然トンチンカンかもしれませんが…。

杉田 書生っぽさ、ですか?

まく 例えば、杉田さんの議論のベースには有島武郎がありますよね。『非モテの品格』(集英社)の補論は、題名からして『小さきものへ』や『惜しみなく愛は奪う』が底にあるんだろうな、と思ったりしたんですが。有島武朗は45歳で死んでしまい、大人になること、中年になることと格闘しつつも、決着をつけられないまま死んでしまったのかな、と感じていたんです。そのへんの話と、関係あったりしますか?

杉田 どうなんでしょうね。たとえば田中さんの本は定年退職後の人生をすでに、かなりリアルに地続きのものとして実感している、という印象があります。そもそも基本的に「諦め」モードが前提であるという気がしたんですよ。ただ僕の場合、「中年」って、もう少し、できることとできないこと、人生の可能性と宿命の間でもがき苦しんで葛藤するというか、そういうダイナミックな時期ではないか、という印象があるんですよね。田中さんは、もう少し枯れている感じがする。40歳にして、すでに晩年感がある。

まく ふーむ、なるほど。

杉田 たとえば田中さんの場合、有島みたいに人妻とずるずる恋愛して心中する、というルートは想定されていないというか……。いや、わかんないですけど(笑)。

まく (笑)。

杉田 むしろそういう新たな可能性なんてもう無いんだ、諦めろ、その方が楽になれる、という中年イメージですかね。ただ、そのうえで、諦めることはちゃんと諦めて、男たちも40歳以降の後半の人生にふさわしい、地に足のついた実現可能な「夢」を持ってもいいじゃないか、と提案するわけですね。僕はそこまであれこれを「諦め」で受け入れるような境地に達していない、と言いますか……。もうちょっと鬱陶しさ、暑苦しさがある人間ですからね……。

まく 杉田さんの地に足のついた実現可能な「夢」って、どんなものか聞いても良いですか?

杉田 いまのところ、思い浮かばないですね、そういう地に足の着いた「夢」は。もう少し、実現不可能な「理想」と具体的な「夢」の間で葛藤している感じなのかなあ。「革命」とかぽろっと言っちゃうし(笑)。そのへんも、中年的な生を生きてはいるけれど、田中さん的な意味での悟った「中年=40男」にはなりきれないのかもしれないですね。まくさんはどうですか。そういう「夢」があります?

まく そうですねえ。勢いで、いま思いついたことを言いますが……。

杉田 はい。

まく 「男らしくない男」はどう生きれば良いのかという苦労を僕は手に入れて、こうして当事者研究しようとしている。だから、僕が生き辛いと感じるこの社会が、なんとか変わってほしいと、思っているのですね。そのためにできることをコツコツとやっていきたいです。男にとっての「夢」の取り扱いって、いま凄く難しくなっていると思うんです。かつてのマッチョな「夢」には戻れない。金とか名誉とか女を獲得しようという「夢」には。でも、「あれもダメ」「これもダメ」で僕らは生きていけるのか。いまのこの生きづらさを言葉にして、何とか前を向いて生きる。そのためのエンジンとして、「夢」を持っていきたい。そんなことを思いました。

なかなか難しいんですが……。「ラディカルに、社会を変えるんだ!」ということをエンジンにしすぎて、誇大妄想みたいになって、目の前のことを無視してしまいそうでもあるので。だから、身の丈にあった「夢」を、何とか模索していきたいです。日常のことと、男を取り巻く社会のこととを、粘り強く往復して。

杉田 なるほど。まくさんのほうが僕よりもよほど大人なのかもしれないですね。僕は未成熟な感じがありますね。

まく うーん、どうなんでしょう……。そう言われて、逆にドキッとしてしまいました。僕も成熟してないのに、言葉の上だけで大きなことを言ってしまったのかな、と。

1 2 3

まくねがお

まくねがお(ハンドルネーム)。シスへテロ男性。二年前からツイッターを使い始め、「男性性と暴力を考える」というテーマで、自分のことや映画のこと等を素材に、呟きながら考え続けています。

杉田俊介

1975年生まれ。異性愛者の男性(暫定)。人の親。批評家。20代半ばから障害者介助をしてきたが、現在はお休み中。著書に『非モテの品格 男にとって「弱さ」とは何か』『長渕剛論』『宮崎駿論』など。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学