社会

夫婦間でもレイプは成立する。夫から性暴力を受けたときの相談先一覧

【この記事のキーワード】
Photo by Taryn from Flickr

Photo by Taryn from Flickr

レイプというと、見知らぬ人間からいきなり襲われるというイメージが強いかもしれませんが、夫婦間でも合意のない性交はレイプ(デートレイプ)にあたります。セックスレス夫婦の話題も頻繁に取り沙汰される昨今ですが、一般的に、夫婦である以上、セックスの合意は当然あるものと見なされ、“夜の務め”と表現されることすらあります。しかし夫婦であるといっても人間同士の関係であり、結婚はいついかなるときもセックスOKという契約ではありません。拒んでいる、拒みたい状況であるにもかかわらず、配偶者から無理やり性交させられたり、性暴力を受けた場合、どこに相談すれば良いのでしょうか。以下、参考にしてみてください。

公的機関

内閣府男女共同参画 DV相談ナビ

0570-0-55210

どこに相談したらいいのかわからない方に、最寄りの相談窓口を案内します。

配偶者暴力相談支援センター

都道府県設置の婦人相談所や女性センター等がその機能を果たしています。相談、相談機関の紹介、カウンセリング、一時保護などを行います。ご相談の際は、事前連絡をしておくのがおすすめ。

施設一覧 → http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/soudankikan/pdf/center.pdf

婦人相談所

配偶者間の暴力に関する相談や一時保護を行います。各都道府県に必ず1ヶ所設置されています。

婦人保護施設

配偶者間の暴力や経済的困窮によって社会生活に支障をきたしている女性を保護します。都道府県や社会福祉法人が設置しています。

女性センター

女性の心と身体の相談、法律相談などに対応した総合施設です。都道府県、市町村等が自主的に設置しています。施設によって利用方法が異なります。

福祉事務所

社会福祉全般の相談窓口です。母子生活支援施設などへの入所手続きもこちらが行います。

女性の人権ホットライン(法務省)

0570-070-810

IP電話の方はこちらから→http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken66.html

平日8:30~17:15

警視庁(性犯罪被害に遭ったら)

・犯罪被害者ホットライン(警視庁)

03-3597-7830

月曜~金曜8:30~17:15

・総合相談センター(警察相談の総合受付)

#9110 又は03-3501—0110

月曜~金曜8:30~17:15

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

夫が怖くてたまらない (ディスカヴァー携書) DVシェルターの女たち