連載

全くブレない自己信頼感こそが、渋谷ギャルのカリスマたるゆえん/藤井みほな『GALS!』

【この記事のキーワード】
ギャル最高!/『GALS!』集英社

ギャル最高!/『GALS!』集英社

 連載の第1回目でも触れたように、少女漫画誌『りぼん』全盛期だった90年代は女子高生がもてはやされていた時代でもあり、特に90年代の後半は“コギャル”ブーム。当時私はまだ小学生だったけど、コギャルに限らず女子高生の存在や彼女たちが生み出すあらゆる流行に世間の注目が集まっているのは何となく感じていたし、憧れを抱いた。そしてこの国のあらゆる流行は“東京”から生み出されるらしいと知って、自分が暮らしている何にもない田舎がものすごくつまんない場所に思えた。今回取り上げるのは、東京・渋谷で自由に生きるコギャルたちの高校生活を描いた、藤井みほなの『GALS!』(1998~2002年)。

 安室奈美恵が大ブレイクし彼女のファッションやスタイルを真似する“アムラー”が社会現象になったのは1995年のこと。10代の女性が“コギャル”と呼ばれて、女子高校生の社会的価値は急激に上昇、彼女たちと繋がりたい成人男性たちは金銭を支払って“援助交際”し、それが社会問題化した。援助交際というワードは96年の流行語大賞に入賞したほどだった。渋谷はギャルの聖地になり、97年に渋谷109のカリスマ店員が崇拝され、98年には日焼けした肌に派手メイクのヤマンバギャルが登場。97年末に安室が結婚して産休・育休に入り(98年末に復帰)、99年にモーニング娘。と浜崎あゆみがブレイクすると今度は白ギャルが流行った。そんな時代の流れを受けて、『GALS!』は女子小学生をメインターゲットとする『りぼん』で連載開始したのである。

 前回取り上げた水沢めぐみは、1979年に高校一年生の若さでデビューしてから(漫画を描きながら早稲田大学教育学部に進学して卒業もしているからすごすぎる)、保護者も安心の“良い漫画”を常に発表していた。それに対して、90年に水沢と同じく16歳の若さでデビューしたという共通項はあるものの、藤井みほなの描く作品は、保護者をハラハラさせていただろう。

 たとえば高校生モデルの恋と成長を描いた『パッションガールズ』(1994~1995年)では、主人公の櫻井エリカとそのライバルの月岡八純が共にめちゃくちゃ高飛車な性格で、顔を合わせばどちらが“上”であるかを巡って激しい(でもけっこう幼稚な)バトルを繰り広げる。2人の口をついて出るのは、露骨な「私は美しい」発言で、日常会話レベルで多用されていた。ファッションは、ブランド志向強め、露出度高め。そういえば、エリカの部屋には「私は美しい」と書かれた紙が貼ってあった。性的描写はキスシーンに留まっていたものの『パッションガールズ』は、『りぼん』の中では相当“下品な作品”だったと思う。『GALS!』の前作『秘密の花園』(1998年)では、女子中学生同士のセックスを(する前とした後の様子)描いて読者に度肝を抜かせ、また主人公・御園の首を絞める継母も猛烈に怖かった。『りぼん』だけど『りぼん』の枠にとらわれない自由度の高さが藤井みほなの魅力でありウリだった。

勧善懲悪のコギャル

 1998年にスタートした『GALS!』は、そんな藤井みほなの作風と、当時のコギャル全盛・渋谷サイコーの風潮、流行の存在を意識して憧れはじめる年頃という女子小学生読者のニーズという3つがマッチングしたのだろう。かなり下品でギャグ要素の強い作品なのだが、大ヒットした。2001年には『超GALS!寿蘭』のタイトルでアニメ化している。

 物語の舞台をはっきり「渋谷」と定めていて、『109』『渋谷センター街』『マック』『マツキヨ』といった実在の名称も出てくるのは、具体的な地名を記さない作品の多い『りぼん』では画期的だった。主人公は、“渋谷で最強のコギャル”として知られている寿蘭(ことぶき・らん)。私立鳳南(ほうなん)高校1年生。放課後は渋谷に繰り出し、常に渋谷で遊んでいる。蘭に憧れて鳳南高校に入学する者も大勢いるなど、コギャルのカリスマ的存在だ。

 何がどう“最強”なのか。まず、すれ違う男女が100%「すごいカワイイ!」と振り返る美貌。そして、特に格闘技をたしなんでいるワケでもなさそうなのに、めちゃくちゃ腕っ節が強い。勉強は出来ないが、運動神経も抜群に良い。喧嘩最強で、渋谷イチの美女。それが寿蘭なのである。

 両親と兄は揃って警察官で、さらには祖父母も曾祖父母も警察官だったという警察一家に育ち、父親から「警察官になれ」と口うるさく言われているが本人には全く持ってその気なし。蘭はとにかく「今」を楽しみたいのだ。赤メッシュやギャル系ファッションの蘭はチャラそうに見られがちだが、軽薄扱いされると「あたしをナメんじゃねえ!」と拳を振り回す。正義感が強く、曲がったことが大嫌い、男前な性格で、恋愛には相当鈍感、下ネタは人並みに喋るけれどキスもエッチもまだしていない(たぶん大事にとってある。なぜなら、自分のそれにものすごく高い価値があると認識しているから)。

1 2 3 4

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

GALS! 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)