社会

乳首解放とヒジャブが同居する街ニューヨーク 大切なのは、あなたがどんな格好をしたいのかということ、そして他者を尊重すること

【この記事のキーワード】
Vanity Fair公式instagramより

Vanity Fair公式instagramより

ニューヨークは人種も宗教もモノの考え方もさまざまな850万人の集合体。かつ、それぞれが自己を主張しながら生きている。その一例が街中での「乳首とヒジャブの同居」だ。

ニューヨークは女性が公の場でトップレスになる、つまり乳首を見せることが違法ではない。仮に筆者がシャツを脱ぎ捨て、上半身ハダカでブロードウェイを闊歩し、デパートでショッピングし、レストランで食事したとしても逮捕されない。

とは言え日常生活でトップレスになる女性はさすがにそうはいない。しかし年に何度かは堂々と乳首を公開する女性たちに巡り会える日がある。

乳首を解放する人びと

毎年初夏、ニューヨークのコニーアイランドと呼ばれる地区で“マーメイド・パレード”が開催される。老若男女が人魚や海神ポセイドンの仮装でボードウォークを練り歩く楽しいイベントだ。女性の多くはカラフルな人魚風のボトムにブラ・トップ姿だが、中にはトップレスで乳首に趣向を凝らしたキラキラのシールを貼る人、ボディペイントを施して乳首を公開する人もいる。

数年前のマーメイド・パレードの日、筆者は混んだタイムズスクエアの駅でパレード帰りと思われる人魚姿の女性を見掛けた。乳首は長い髪の毛によって微妙な塩梅で覆われているだけだったが、その女性は友人たちとおしゃべりしながら、ごく当たり前に地下鉄に乗り込んだ。

2年前の夏にはタイムズスクエアに“デスヌーダス”と呼ばれる女性たちが突如表れ、市行政を巻き込む大騒ぎとなった。パンティと派手な髪飾りだけを身に着けたヌードの女性たちが全身を星条旗カラーの赤・青・白でペイントし、観光客と記念写真を撮ってチップを稼ぐのだ。女性のほとんどがラティーノだったため、スペイン語でハダカを意味するdesnudasと呼ばれた。

先に書いたようにニューヨークでは女性のトップレスは合法だ。市長や一部の市民が「子どもも訪れる場所なのに!」と眉を潜めながらも規制する方法がなく、しばらくは放置となった。結果、「びっくりして後ずさる子ども+デレデレで撮影するお父さん」の図などがメディアで報じられた。最終的には市が「人の多いタイムズスクエアで通行人の流れを遮断している」という理由でデスヌーダスが客引きできるエリアを限定し、結果、以前ほどの客を惹き付けることが出来なくなり,デスヌーダスは自然消滅してしまった。

毎年8月には“ゴー・トップレス”のマーチが開催される。意図は「男性はトップレスになれるのに女性はなれない状況を改善し、権利の平等を目指す」というものだ。ニューヨークでは合法とは言え、社会通念上、女性が日常生活でトップレスになることははまだ難しい。そこで参加者は「乳首のプライド」「完全平等!」といったプラカードを掲げ、トップレスでマーチする。

一方、乳首を見せることはフェミニズムに反すると解釈する人々もいる。先日、フェミニストとして知られるイギリスの女優エマ・ワトソンが、乳首が透けて見えるバーバリーのボレロ姿の写真を公開したところ、「フェミニストのはずじゃなかったの?」という批判が起きている

エマ・ワトソンがフェミニストか否かはともかく、昨今、女性セレブたちのドレスの胸元のカットがどんどん深くなっているのは周知のとおりだ。少しかがんだだけで乳房が飛び出し、パパラッチされることもしょっちゅうだ。

ニッキー・ミナージ公式instagramより

ニッキー・ミナージ公式instagramより

それを逆手に取ったのがラッパーのニッキー・ミナージである。先日、ミュグレー、ジヴァンシーというハイファッションをまといながら意図的に片方の乳房を剥き出しにした写真を公開した。ただし乳首を見せるとメディアに掲載されないためか、乳首にはシールが貼られている。

1 2

堂本かおる

ニューヨーク在住のフリーランスライター。米国およびNYのブラックカルチャー、マイノリティ文化、移民、教育、犯罪など社会事情専門。

サイト:http://www.nybct.com/

ブログ:ハーレム・ジャーナル

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[PR]
[PR]
フェミニズムはみんなのもの―情熱の政治学 (ウイメンズブックス (2-1))