連載

60代同僚男性からのしつこい誘い…「断る方法」が問われる場面、どうする?

【この記事のキーワード】
60代同僚男性からのしつこい誘い…「断る方法」が問われる場面、どうする?の画像1

Photo by shankar s. from Flickr

 人生は選択の連続であり、生きていると様々な選択や決断を迫られる。同時に、自分の望むように物事を運びたい時には、他人をうまいこと説得する、というような交渉力が問われることもある。このとき、相手を怒らせないようにするのはなかなか難しい。今回はそんな「断りごと」「交渉ごと」で悩むトピを紹介したい。

「職場の年配の方からの誘いを穏便に断りたい」

 トピ主(30代女性・会社員)は、職場の同僚Aさん(60代男性)との距離感をうまくとれなかったことに気落ちしている。

 Aさんとはここ1年ほど、関連する業務がきっかけで世間話をよくするようになった。話題はAさんの奥様の話や地元の話、仕事の愚痴、趣味の話が主である。トピ主は「色めいた話題が苦手」なためAさんとそんな話はしたことはない。またトピ主はお酒が飲めないのでお茶にはよくつきあったが、年齢が離れているので「娘みたいだ」とAさんから言われており、屈託なく話せる親戚のような距離感のつもりだったのだという。ところが……。

「先日、私が遠方の支社へ異動する事が決まりました。すると(Aさんから)休みの日に遠出したいというお誘いがあり、趣味のサッカーの試合かと思ったのですが場所は温泉。泊まるのは友人同士でも苦手だと伝えたところ別に襲いはしないし、これまでのことをゆっくり静かなところで二人きりで話したいと。
仲は良かったので別れを惜しんでくれるにはいいのですが『最後に手をつなげればなぁ』という言葉にショックを受けました。普通に職場の年配の方と飲みに行ったり家族ぐるみで遊んだりしてる人もいるようなのに同じような関係が築けなかったのかと」

 これを波風立たせず断るにはどうすればいいか、という相談だ。トピ主は穏便に異動したい。なんという面倒くさい状況だろう。トピ主が気の毒になる。娘みたいと言いつつ勝手に泊まりの旅行をセッティングし「手をつなげればなぁ」って! 心底気持ちが悪いっ!!! いやもうこれ、セクハラ事案でしょ。上司も巻き込み、ハッキリ断るしかないんじゃないですかね? でもマッチョな社風だったら「お前も誘ったんだろう」と圧かけられそうだし、悩むわぁ。

 コメントでは、Aさんが非常識だという声が相次ぐ。当たり前である。既婚者が異性の同僚を二人きりでの泊まりの旅行に誘うだなんておかしすぎるだろう。

「『交際している人以外の男性とは二人きりで外出しないし、ましてや宿泊なんて絶対にしない』と、ごくごく普通の常識的な内容で断ればいいだけですよ。襲うとか以前に、そんな関係の男性とそんな行動は『無し』です」

「本当に気持ち悪いですね。断っているのにしつこくて。温泉は嫌いだし、こんな誘いは非常識。とにかく行かないと断ればいいと思います」

「穏便もなにも、そんなもん、コンプライアンス部門に即通報の案件です」

 そうだそうだ! 具体的なアドバイスも多々寄せられた。

「60代とのことでプライドもありますから、優しくでもきっぱりと可能性を持たせないように断るといいと思います。
『奥様がいるのに、友達気分で泊まりに行くなんて…。私が憧れていたダンディな◯◯さんなんですから、世間のおじさんみないな野暮なこと言わないでくださいよ~笑』
『奥さんがいるのに、女友達と泊まりに行くなんて…憧れのイメージが壊れるようなこといわないでくださいよ~』
と軽く、しかしキッパリ断ってください」

 一方「いままでお茶とか食事とか付き合ってきたんでしょう? しかも相手の奢りですよね、絶対。それだけいい顔しておいて、いま波風立てずに断る!? 誤解させたのは貴女でしょうに?」とトピ主の自業自得を問うコメントもあった。いやいや、お茶と食事で誤解する男って……!? しかも既婚者なのに!? 誤解するAさんのほうが悪いでしょ! なんて私も書き込んでしまいそうだ。

 そして、「もうすでに波風は立っている」というシビアなコメントもあった。確かに、そう言われればそうだ。

「なぜその場で泊まりは苦手だから行かないとハッキリと断らなかったのでしょうか? 話を持ち帰った時点で、相手は期待するし、もう一押しすればイケるかもと勘違いしますよ。相手があなたを異性として見ているのがハッキリしているんですから、ハッキリとあなたとは行かないと断るしかありません。相手が高齢者だろうが、気を使う必要はありません。幾つになっても恋は恋です」

 そんな中、トピ主から追記のレスがあった。

「今朝方、承諾もしていないのに部屋を取ったというメールがありました。すぐに『すみませんが泊まりは無理です。週末は休みたいので返信は月曜以降にしてください』と返しました。
今まで休日に私的に会うことはしたことがありません。
娘と旅行するという感覚ならまだ理解の範囲でしたが、先日の発言もあり、仕事でどんな顔をしていれば良いのかわかりません。今まで色々楽しくお話ししたこと、お世話になったことが沢山あるのに、気持ち悪さや怖さが出てきてどうしょうもありません…。
取った部屋が貸し切り内風呂というのもいいように解釈することができないです。月曜が憂鬱です」

 気持ちが悪すぎる〜〜〜っ。異動してしまうから一回ぐらいセックスしておきたいという魂胆がミエミエである。

 さらなるトピ主レスによるとお茶や食事はワリカンだったという。だがトピ主は断りきれない性分で、お茶のつきあいが始まったのは、お酒のお誘いを断った代わりとしてだという。なんかAさん、しつこそうだな。というよりも、今回の温泉泊まりの誘いの前から、おかしな態度は見え隠れしていたのかも。

 そして、メールの返信後、Aさんからさらに返事が連続で届いたという。それは

「予め説明はしたので強引かと思ったが純粋な気持ちでしかない。伝わらなかったことが辛い」
「もっと優しい言葉で断ってもよいのではないだろうか?」

という趣旨だった。

「何故か悪い事をしたのはこちらになっており、皆様の言うとおりさすがに馬鹿にされていると感じました。逆恨みされそうで不安でしたが、以下の内容をメール返信しました。メール電話はすぐ着信拒否しました。

・奥様に言えるような内容ではない
・既婚者として常識的ではない
・彼氏のいる子に同じ事はできないはず
・実父でも手はつながない
・純粋だからで世間が許すような行為ではない
・尊敬していたが今回のことで失望した
・今後は私的な接触は一切しない。お茶もメールもすべて。
・職場では最後まで尊敬すべき方として通常どおりに接して欲しい

異動まで一ヶ月。返信後、まだ顔を会わせていません。(たまたま外出仕事でした)嫌味や嫌がらせがある気もします。(癇癪持ちなところがあるので)様子見していきたいと思います」

 うぅ〜ん、思いっきり波風立ったなぁ。大しけだ。なんで早くコンプラに相談しないんだろう? しかもAさんとは、直接対決ではなくメールでの対話が続いている。トピ主レスはこんな感じだ。

「当たり前とは思いますが…その後、社内メールで長文がきました。

・自分は非難されるお誘いはしていないと断言できる
・この誘いを悪く取るのは個人の価値観
・女として見たことはない
・枯れていてそれ以上の気力はない。手をつなぎたいのは本当。あなたには将来素敵な人と歩んで欲しい
・異動まで社外でのお茶は復活してほしい

年を取ると善悪の判断がつかなくなるとおっしゃっていた方がいましたが…かなり強めの言葉で携帯メール返信しました。送信後は着信拒否設定です。

・単なるセクハラ行為
・個人の価値観ではなく、一般的なモラルに反する行為
・既婚者と旅行するのは私の世間体が傷つくこと
・返信でスルーしてるが、奥様に悪いと思わないのか?
・好きな人が別にいるので、それ以外のどうでもいい人と手をつなぐ気はない
・温泉なんて人目のないところでしか、手をつなぐ要求をするのは後ろ暗い自覚があるから
・一切接触はやめてほしい

証拠のメールは、携帯、社内メールすべて取ってあります。社内では先に書いたよう大事にすると私も奇異の目で見られるので、コンプライアンスに駆け込むのは最終手段にしたいです」

 コンプラ部門がある会社なんだから絶対それを活用した方が良い気がするのだが……こうして物事はややこしくなっていくのだという事例を目の当たりにした。最後のレスでトピ主はこう嘆く。

「技術職でスキルを買われ、現在の会社に転職しました。全員男性かつ年上、40代がメインで、私は最年少で配属されました。個人主義でチーム連携という概念は存在しません。全員ライバルに近く、女という疎外感が常にありました。仕事もうまくいかず自信を失っていきました。
60代男性は業務のことを相談に乗ってくれた唯一の方で、彼のおかげで仕事がうまくいったこともありました。そのため、悪く思うことに罪悪感が芽生えたのは確かです。
ままならない現状に女を使えと助言をする知人もいましたが、今までつかったことはなく使う気もなかったです。
ですが、この結果です。
結局、仕事がうまくいったトリガーが私が女であったことなのかと思うとやるせなくなりました」

 そう思う気持ちもわかるわぁ〜。技術職で女性、いろいろ苦労あるよねぇ。でも嘆くより先に、早くコンプラ部に駆け込んでほしい。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

部長、その恋愛はセクハラです! (集英社新書)