ライフ

フツーよりも冴えない男女が結婚してる現実を、みんなどうしてスルーするんだろう

【この記事のキーワード】

 

わたしたちは愛についてよく知らない

わたしたちは愛についてよく知らない

「モテる女子」のステレオタイプのひとつとして、ネット上ですっかり市民権を得ている「ネコ系女子」。

マイペースで、気分屋で、1人の時間は結構楽しめる、でも団体行動はちょっと苦手。人見知りで、わがままで、素直じゃないところもあるけれど実はとっても甘えん坊な“ツンデレ”。捉えどころのない性格でミステリアス。記事によって若干の違いはあれど、ネコ系女子の大体の定義付けはおおむねこんな感じ。そして、そんな気まぐれさ故、扱いにくくもあるネコ系女子に男子はハマってしまう……だからネコ系女子はモテるよ、という論調の恋愛記事は腐るほどある。

<男女の本音を集めた恋愛コラム オトメスゴレン>で取り上げられている『男子をキュンとさせる「猫っぽい仕草」9パターン』では、「猫っぽい仕草」を魅力と感じる男子が少なくないことから、マイペースで甘え上手な猫を思わせる愛らしい仕草を覚えようと、これまた面倒くさい提案がなされていた。

10~20代独身男性のアンケートを参考に9パターンを紹介しているのだが、その9パターンはこちら。

【1】伸びをしながらあくびする
【2】笑いながら小さくパンチをする
【3】萌え袖のニットから出した指で目をこする(少し長めの袖丈こと「萌え袖」がポイントになるからと、購入を推奨)
【4】窓の外をぼんやりと見つめる
【5】高い所にあるものを背伸びしてとろうとする(これは男子にとってグッとくる仕草なんだとか。さらに聞き手の逆の手を使うことで女らしく見えるという“小技”まで読者に叩き込む)
【6】ソファでひざを曲げて丸くなって眠る
【7】髪の毛を手でなでつける
【8】ウトウトして眠そうにする
【9】熱いものをハフハフしながら食べる(熱いものを頑張って食べる姿が男心をとらえるからと、デート時にあえて熱いもの(グラタンなど)を頼んで猫舌であることを強調してみては、と面倒くさいことを……)

必要があれば誰かが見ていなくても自分の勝手でやるだろうっていう仕草だな……。眠くなったり気がゆるんだりすればあくびするし、それなりに気の置けない相手(彼氏とか片想い相手じゃなくとも)とバカ話をすれば小さくパンチ、はしなくとも肩を何度か叩いたり、するだろう。花粉症で目がかゆければ、美容に害とわかっていてもつい目を擦っちゃうし、電車に乗って手持ち無沙汰だったら窓の外をぼんやりと見つめることだってある。欲しいものがちょっとばかり高い所にあれば、どうにか取れないものかとチャレンジ。エアコンがなかなか効かず丸まって寝ちゃったり(朝になってエアコンつけっぱなしの事実を自覚)、しばらく美容院に行っていないと髪が絡まりやすくなってきて困ったなーと手グシでほどこうと試みたり。睡魔という生理的欲求が襲ってきたら、許される限りはウトウトしたい。レンチンでコーヒー牛乳を過熱しすぎれば早く飲みたくてハフハフするわ。んなこと、日常的にやってるわっっっ! 女子じゃなくても、赤ちゃんでも幼児でも老人でも男でも女でも、誰でもやってますよ、ね。だから正直、9パターンがとりわけ「猫っぽい仕草」とは思えないわけで……。まあこんなの<ネタ>ですし、いちいちツッコむのもバカバカしいと承知していますが。「男子がキュンとする」のは、その女性のことをすでに好きだからじゃないですかね。

記事では最後、<日常的な行為の中にも、男子の目から見て「猫っぽい」仕草は多数潜んでいるようです。意識的に取り入れると、「美人」よりも「かわいい」女子が好きな男子からの受けがよくなるのではないでしょうか。>と締めくくっているが、日常的な行為なんだから出来るだけ自然に無意識にやりたい。別にネコしぐさ云々にかかわらず、「モテたいなら頑張ろう!」という主旨の記事は恋愛サイトに星の数ほど載っているが、その前提がまず私は不思議だ。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[PR]
[PR]
新編 普通をだれも教えてくれない (ちくま学芸文庫)