ライフ

売れ残り女、という侮蔑の意味するところ。「男に選ばれた女が結婚“できる”」の価値観で婚活して幸せになるの?

【この記事のキーワード】
aichi_wezzy

わたしたちは別れ方についてもよく知らないね

「婚活(婚カツ)」という言葉が普及しはじめたのは約10年前のこと。『「婚活」時代』(山田昌弘・白川桃子著、ディスカヴァー携書)という本の登場がきっかけだったように思う。この本は新書だけど、新書としては珍しい、カバーにショッピングピンクという配色だった。「男性よりも女性に読んでもらいたい」とか、あるいはちょっと捻くれた受け止め方だろうが「女性は小難しそうな新書なんて読まねーだろうけど、この新書は女性こそが読むべきなんだよ」といったメッセージが込められているようにも感じた。単に結婚式=華やかなイメージを取り込んだだけだったのかもしれないが、当時20歳になりたてだった私には、興味のない話題だった。が、書店でこの本を見かけて「婚活」の二文字を目にした時は、何となく、すげぇ面倒くさいことになりそうな予感がした。

この本の帯には『若者の4人に1人は結婚できない』と書かれていた。「しない」じゃなくて「できない」。「できない」っていうのはつまり、まず先に「したい」という気持ち、「するべき」であるという前提があって成り立つ言葉だ。結婚はするべきだし、みんなしたがるものだし、できなかったらヤバいよ、ダサいよ、といった価値観の元、煽ってきている? 煽りが、本のタイトルや帯に込められていると思った。少なくとも、「結婚できないのはヤバいよ」という共通認識を持つ人たちに向けて書かれているのだろうし、その共通認識がマジョリティなのだろうと私は理解している。

この本は大ヒットし、「婚活」という言葉は一時的な流行語にとどまらず、死語になることもなく、2017年現在すっかり定着している。婚姻率も出生率もたいして上がっちゃいないけど、ネットに腐るほどある恋愛アド(クソ)バイス記事でも、結婚をネタにした記事は多く、そのほとんどがざっくりいえばどうすれば結婚“できる”のか、というやつ。大体が、「する」「しない」じゃなくて「できる」「できない」という表現を用いてくる。「できる」「できない」と書かれた記事のほとんどは、「結婚できるのが望ましい」という価値観前提になっていて、「しない」「したくない」という選択は世の中に存在していないかのようスルーされる。実際、「しない」「したくない」人はその記事を読まないだろうから、これでいいのだろうか。でも「したいのかしたくないのか、決めかねている」人や、20歳の私のようにまだ結婚について具体的に検討していない人に、この価値観を刷り込んで焦りや劣等感を感じさせるのって、どうなのだろう。

<そりゃ結婚できないだろ!「失笑されてる」売れ残り女のNG特徴3つ Menjoy!>に至っては、タイトルからわかるように、結婚していない=結婚できない=売れ残りのダメ女の方程式が出来上がっちゃっている。序文の煽り文句がまたスゴイ。<結婚にやる気があるのに結婚できない女性は一定数いますよね。数年前はそんな女性たちを笑っていた自分も、いつしか同じ立場に……なんて恐いことにならないよう、今の内に“売れ残り女の特徴”を知っておきましょう!>だ。結婚できないと人に失笑されるよ、というハッパのかけ方がバカげているし、幼稚すぎやしないか。こういったタイトルや序文を目にして、若い女性が「結婚しないと人にバカにされても仕方ないんだ」「バカにされたくなければ結婚すべき」と捉えてしまうリスク、望んで結婚していない人のことを「売れ残り女」と蔑んで良いのだという意識がますます浸透していくリスクを踏まえていない。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[PR]
[PR]
女子と就活――20代からの「就・妊・婚」講座 (中公新書ラクレ)