家族

“最新科学”で夫婦関係の悪化を解明するNスペ『妻が夫にキレる本当のワケ』が腑に落ちない

【この記事のキーワード】

6月11日に放送された『NHKスペシャル ニッポンの家族が非常事態!?  第2  妻が夫にキレる本当のワケ』(NHK)。いわく「今、ニッポンの家族の中で夫に対する妻の怒りが高まって」いるので、「一度は愛し合ったはずなのになぜ妻は夫にキレるのか」解明すべく、最新科学を使って妻が夫にキレる原因や解決案に迫る内容。原因が解明できれば夫婦関係を改善できるかもしれない――とのことで、実在夫婦の事例から“男女(夫と妻)の違い”をあぶり出し、国内外の有識者が解説、解決案を実践してみるなど企画は盛りだくさんだ。“とにかく男女はこんなにも違うんだ!”と伝えたいらしいNスぺの意気込みがひしひしと伝わってきたのだが、残念ながらいまひとつ納得できるものではなかった。

まず気になったのが、番組における「キレる」の取り扱いだ。番組では、3組の夫婦(佐々木夫妻、今井夫妻、石井夫妻)に密着、妻はどんな時夫にキレてしまうのかを検証するのだが、映し出された夫婦のやり取りおよび妻の夫への言動を見る限り、ニュアンス的に「キレる」とはちょっと違うんじゃないかと思ったのだ。

たとえば、結婚5年目・共働き・子供2人(4歳&2歳)の佐々木夫妻。食事中、妻が「聞いてんの? 聞いてんのか聞いてないのか分からないんだよ いつも」と夫の反応を咎める。確かに妻は明らかにイライラしているが、怒鳴っているわけじゃない。ナレーションは「奈津美さん(妻)、キレてます。こうしたやり取りは日常茶飯事だといいます」「なぜ自分がここまでキレるのか、その理由はよくわからないそうです」と説明。これが「ここまでキレる」という表現になっていることに、違和感を覚えた。

佐々木夫妻の妻は仕事と育児の両立に悩んでいる。夫が自分の悩みに向き合おうとしていないと感じ、そんな夫に怒りや憤りを感じてイライラしている。それゆえ夫に対する言動がきつめになる。時に思い詰めているのもわかる。わかるけど、でも妻は暴力を振るっているわけでもなければ、ヒステリーを起こしているわけでもない、金切り声で怒鳴り散らしてもいないし、物に当たってもいない、夫の人格否定発言もない、夫を無視したり、あるいは夫の話に全く聞く耳を持たないというわけでもないのだ。いわゆるモラハラとかDVには該当しないであろう。

同様の疑問は、2組目に登場する今井夫婦のケースでも感じた。かつて夫の浪費癖で家計のやり繰りに苦労した経験があり、今も夫の無駄遣いを見ると当時のことを思い出してイライラしている妻。見るからに、すごくイライラしている。でも暴力や暴言でイライラをぶつけているのではなく、何に怒っているのか言葉で説明している(ヨーグルトいっぱいあるのに買って来ないで!)。

1 2 3

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

池上彰のメディア・リテラシー入門