社会

「死ぬ気で抵抗すれば防げる」のではなく「死ぬ気で抵抗すれば殺される」性暴力の実情

【この記事のキーワード】
あさイチ 性暴力

『あさイチ』番組HPより

621日放送の『あさイチ!』(NHK)で特集された「無関係ですか?性暴力」。終盤に読み上げられた視聴者からのFAXに非難が集まっている。

放送では、女性の15人に1人が同意なしに無理やり性交された経験があり、加害者の75パーセントは面識のある人で、被害者の7割近くが誰にも相談できないでいることなど、性暴力の実情などを取り上げたほか、「若い女性だけが狙われる」「(挑発的な服装など)自分が招いたこと」「抵抗すれば防げる」といった誤った認識が世間で持たれていること、いわゆるレイプ神話についても紹介されていた。

だがこの放送中に届いたとして、最後に読み上げられた視聴者からのFAXはまさに“レイプ神話”そのものだった。

「被害に遭ったときに激しく抵抗し大声を出せば避けられるのではないか」(60代男性)
「死ぬ気で抵抗すれば防げる。性交が成し遂げられたのは女が途中で諦め許すからである」(70代男性)
「女性にとっては酷なことだとは思うが、男が狼の一面を持っていることは本当のことで、それを肝に銘じて言動することが求められる」(70代男性)
「性暴力は本当に加害者が悪い場合と、やはり被害者でありながら落ち度がある場合がある。女性として常に危機感を持つことが大切だ」(20代女性)

 ゲストのジョン・カビラがこれらの意見について異を唱えたことがすでにネットニュースにもなっているが、カビラは「たとえば、娘さん、奥さんが同じ被害に遭った場合、同じことが言えますか?」「『最後まで抵抗しなかった君が悪い』って言えますか?」など反論し、さらにレイプ神話についても「それに『レイプ神話』っていう言葉もそこで使ってほしくないですね。レイプのうそ、誤解。『神話』って神々しいことは全くないので」とそのネーミングについても疑問を呈した。

ネット上ではこのFAX送信者らを「老害」と罵るなど怒りを込めた批判が噴出しているが、こうしたFAXを送る面々は、放送を観てもなお、性暴力がどのようなものなのか理解できないのであろう。特に「死ぬ気で抵抗すれば防げる」という意見は、実情を知らなすぎるが故の妄言としか言いようがない。実際に起こった性暴力事件を見ると、むしろ「死ぬ気で抵抗すれば殺されてしまう」ケースが目立つのである。これまでに筆者が傍聴してきたなかで、性暴力を受けそうになった被害者が必死に抵抗したことで殺害されたという事案はいくつもある。

以下、おそらく読んでいてつらくなるであろう描写が続くため、性暴力サバイバーの方にはおすすめできない。被害経験のない女性であっても残虐性に衝撃を受けるかもしれない。

1 2

高橋ユキ

傍聴人・フリーライター。2005年に傍聴仲間と「霞っ子クラブ」を結成(現在は解散)。著作に「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(高橋ユキ/徳間書店)など。好きな食べ物は氷。

twitter:@tk84yuki

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

性犯罪被害にあうということ (朝日文庫)