社会

トランプ『女性キャスター「知能が低く」「クレイジー」「整形手術で出血」』ツイートに寄せられた二種類の批判

【この記事のキーワード】
ドナルド・トランプtwitterより

ドナルド・トランプtwitterより

 アメリカ合衆国第45代大統領のドナルド・トランプが、またもやツイッターで女性を侮辱した。今回のターゲットはMSNBCの朝のニュース番組「モーニング・ジョー」のキャスター、ミカ・ブレジンスキーだ。

 以下はトランプが6月29日の8:52am, 8:58amにおこなった連投ツイート。

「視聴率低迷の『モーニング・ジョー』がオレの悪口を言ったと聞いた(あの番組はもう観ていない。)だったらなぜ知能が低くてクレイジーなミカが、アタマのおかしいジョーと一緒に」「大晦日のあたりにマールアラーゴに3夜連続でやってきて、オレと一緒に過ごそうとしつこかったんだ。彼女はフェイスリフト(整形手術)でひどく出血していた。オレはノー!と断った」

※原文には時制が正しくない部分があり、意味が通るように訳した

 あまりにも唐突な内容で当初はまるで意味不明であったが、多くの政治家や識者が党派も性別も超えて怒り、呆れ、そして憂い、さまざまなコメントを発した。以下はそのごく一部である。

ナンシー・ペロシ院内総務(民主党)
「性差別主義者、報道の自由への暴行、そして、すべての女性への侮辱です」「あのような振る舞いは米国大統領の品位に叶うものでなく、大変に悲しく思いました」「共和党員が(トランプの振る舞いの)ほぼすべてに耐えられることが理解できません」

ポール・ライアン下院議長(共和党)
「明らかに、ふさわしいコメントには思えません。我々は今、社会的規範とディベートのトーンを向上させようとしているのに(大統領のツイートは)それに貢献しません」

ベン・サッセ上院議員(共和党)
「どうか止めてください。(あのツイートは)普通ではなく、大統領の品位に欠けています」

アナ・ナヴァロ(共和党ストラテジスト、CNNコメンテイター)
「この最低な男はアメリカ合衆国大統領」「以下は共和党員へ。私は『落胆した』『困惑している』『イラつかせられる』『彼がこんなことをしなければと願う』といった言葉にうんざり!」「(共和党議員はテレビで)『よく聞け、このクレイジーで頭のおかしい70歳の赤ん坊。止めろ!お前は今、アメリカ合衆国大統領なんだ、最高司令官なんだ』と言うべき」「(こんな状態では)税金や医療保険について語ることもできない」

ミカ・ブレジンスキー

【完成】トランプ『女性キャスター「知能が低く」「クレイジー」「整形手術で出血」』ツイートに寄せられた二種類の批判の画像2 ミカ・ブレジンスキーtwitterアカウントより

ミカ・ブレジンスキーtwitterアカウントより

「小さな手(子供)のために作られています」(朝食シリアル、チェリオの箱)

※選挙選中よりトランプは話すときに手をヒラヒラさせること、その手が小さいことが定番ジョークとなっている。写真はトランプの「小さな手」と「子供っぽさ」の二重の意味と思われる

※「モーニグ・ジョー」出演時のミカ・ブレジンスキーと、 メイン・キャスターでミカの婚約者でもあるジョー・スカーボロ

※「モーニグ・ジョー」出演時のミカ・ブレジンスキーと、
メイン・キャスターでミカの婚約者でもあるジョー・スカーボロ

【ミカ・ブレジンスキー】テレビジャーナリスト。1967年、ニューヨーク生まれ。1990年にテレビジャーナリストとしてのキャリアを始め、2007年よりMSNBC「モーニング・ジョー」のキャスターとなる。元共和党議員である同番組のメイン・キャスター、ジョー・スカーボロと民主党のミカの絶妙なトークが人気。今年5月4日、ミカとジョーは婚約。娘の婚約の22日後に他界した父、ズビグネフ・ブレジンスキーは1960年代にL・ジョンソン大統領顧問、1970年代はカーター政権の国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めた政治学者。兄のマーク・ブレジンスキーはオバマ政権下でのスイス大使。

1 2

堂本かおる

ニューヨーク在住のフリーランスライター。米国およびNYのブラックカルチャー、マイノリティ文化、移民、教育、犯罪など社会事情専門。

サイト:http://www.nybct.com/

ブログ:ハーレム・ジャーナル

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ネットメディア覇権戦争~偽ニュースはなぜ生まれたか~ (光文社新書)