社会

『殺人シッター』と呼ばれた男の長い起訴状

【この記事のキーワード】

多すぎる罪

・氏名不詳男児達多数対する児童買春・児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反(=児童ポルノ禁止法違反)

 被告人は平成241116日〜平成2589日頃まで、埼玉県、神奈川県、またはその周辺において、別表112までの氏名不詳の男児が18歳未満に満たないと知りながら、衣服を脱がせてから陰茎を露出させ、それをデジタルカメラで撮影し、画像データ162点をPCのハードディスクに保存した

D1歳女児)、E5歳男児)に対する強制わいせつ、児童買春・児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反(=児童ポルノ禁止法違反)

1:被告人はD1歳)が13歳未満の女児と知りながら、平成241125日、神奈川県内で衣服を脱がせ裸にして陰部を露出させデジタルカメラで撮影し画像データ3点をPCHDDに保存しもって児童ポルノを製造した。

2-1:被告人はE5歳)が13歳未満の男児と知りながら、平成241125日頃、神奈川県において全裸にし、口をガムテープで塞ぎ、両手首を紐で縛り緊縛し、陰茎や陰嚢を強く触り紐様のものを巻き付け緊縛したのち、陰茎の包皮をむき、亀頭部をことさら露出させデジタルカメラで撮影し、画像データ41点をPCHDD内に保存した。

2-2:平成25331日頃、神奈川県内において同人に対し衣服を脱がせて陰茎を露出させそれを撮影し、同年419日頃画像データ8点をPCHDD内に保存した。

3:同年421日頃、神奈川県内で同人に対し衣服を脱がせて裸にして陰茎を露出させそれをデジタルカメラで撮影し、画像データ9点をPCHDD内に保存した。

F2歳男児)、G4歳男児)に対する強制わいせつ、児童買春・児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反(=児童ポルノ禁止法違反)

1:被告人はF2歳)が13歳未満の男児と知りながら平成241129日頃、埼玉県、神奈川県、またはその周辺において、下半身を裸にさせ陰茎を露出させデジタルカメラで撮影し、さらに同人を裸にし、陰茎を露出させ、デジタルカメラで撮影し、画像データ6点をPCHDD内に保存した。

2:被告人はG4歳)が13歳未満の男児と知りながら平成241220日頃、埼玉県、神奈川県、またはその周辺において、同人を全裸にさせ陰茎露出した姿態をとらせ、それを携帯電話のカメラで撮影し、さらに裸の同人に、陰茎や陰嚢に紐を巻き付け緊縛し、陰茎を露出した姿態をとらせ、携帯のカメラで撮影し、画像データ15点をPCHDD内に保存した。

H3歳男児)、I1歳女児)に対する強制わいせつ、児童買春・児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反(=児童ポルノ禁止法違反)

 被告人はH3歳)が13歳未満の男児と知りながら、

1-1:平成241213日頃、埼玉県、神奈川県、またはその周辺において、同人の衣服を脱がせ全裸または下半身を裸にし、陰茎を露出させデジタルカメラで撮影し画像データ12点をPCHDD内に保存した。

1-2:平成2513日頃、埼玉県またはその周辺に停めた車内において下半身裸の同人の口にガムテープをまきつけ緊縛し、手指で足を開かせ陰茎を露出させこれを撮影し、画像データ4点をPCHDD内に保存した。

1-3:同年410日頃、埼玉県、神奈川県、またはその周辺において、同人の目や口、両手をガムテープで緊縛して全裸にした同人に陰茎を露出した姿態をとらせそれを撮影し、画像データ11点をPCHDD内に保存した。

2:被告人はI1歳)が13歳未満の女児と知りながら同年823日頃、東京都内またはその周辺において、全裸にし両足を開かせデジタルカメラで撮影し、画像データ10点をPCHDD内に保存した。

C(生後8カ月男児)に対する強制わいせつ致傷、児童買春・児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反(=児童ポルノ禁止法違反)

 被告人はC(生後8カ月)が13歳未満の男児と知りながら平成25310日、都内でオムツを下げて同人の陰茎を露出させ包皮をむき、ことさら露出させケータイのカメラで撮影しデータ12点を電話の記録装置に保存したうえ、Cに全治5日間の外傷を負わせた。

A2歳男児)、B(生後4カ月男児)への強制わいせつ、児童買春・児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反(=児童ポルノ禁止法違反)、わいせつ誘拐、またAに対する殺人

1:被告人はB(生後4カ月)が13歳未満の男児と知りながら平成25年、埼玉県、神奈川県またはその周辺において下半身を裸にし陰茎を露出した姿態をとらせ携帯で撮影し、データ6点を携帯に装着したマイクロSDカードに保存した。

2:被告人はA2歳)が13歳未満の男児と知りながら同年1027日頃、埼玉県神奈川県またはその周辺において同人の衣服を脱がせ全裸にし陰茎を露出させカメラで撮影し、埼玉県神奈川県その周辺において静止画データ23点をカメラのSDカードに保存した。

3:被告人はA2歳)、B8カ月)らをわいせつ目的で、平成26314日、Aらの母が被告人にAらの一時保育を依頼する意志がないのにそれを引き受けるとメールを送信し、Aらの母に、被告人が面倒をみることがないと誤信させ、同日19時頃磯子区内において、Aらの母が男性(Xとする)にAらを預け、横浜駅で被告人がAらをXから引き取り、埼玉県の当時の被告人方に連れ帰り、もってわいせつ目的でABを誘拐し、

 A13歳未満だと知りながら15日、被告人方においてAの陰茎を紐で縛りもってわいせつ行為をしたのち陰茎を口淫しもって男児に強いてわいせつな行為をした。

4:同日被告人方でAに殺意を持ち、鼻孔部を手で塞ぎ鼻孔閉鎖による窒息を生じさせ殺害した。

・前記Bに対する保護責任者遺棄致傷

 被告人は平成26314日、前記XからBを引き取り埼玉県内の当時の被告人方へ連れ帰り、同年31613時から17日の2015分まで、Bが生後9カ月の乳幼児と知りながら、ミルクを与えるなどの保護者としての責任があるにもかかわらず、1日ほど被告人方において前記Bにミルクなどの栄養を全く与えず、生命を危険に晒し重度の低血糖という傷害を負わせた。

1 2 3

高橋ユキ

傍聴人・フリーライター。2005年に傍聴仲間と「霞っ子クラブ」を結成(現在は解散)。著作に「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(高橋ユキ/徳間書店)など。好きな食べ物は氷。

twitter:@tk84yuki

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。