ライフ

「食」のエロさはどこにある? ご当地グルメポルノ化動画『頂』『涼・宮城の夏』の炎上で忘れられていた視点

【この記事のキーワード】
「食」のエロさはどこにある? ご当地グルメポルノ化動画『頂』『涼・宮城の夏』の炎上で忘れられていた視点の画像1

サントリー「絶頂うまい出張」より(現在、該当動画は削除済)

メディアではしばしば、「食」が性的なメタファーとして利用されがちです。ソーセージにバナナにマンゴー、赤貝……。やたらめったら棒状の食べものを咥えさせられる女性たちに、単に形や言葉の響きが似ているというだけの理由で、性的な意味合いを押し付けられる食べものたち。食と性が巧みに重ね合わされている場合も多くあるものの、「お前何も考えてないだろ!」と言いたくなる、陳腐なポルノ化の例が少なくないのも現状です。

近頃炎上した、サントリーによる新商品「頂(いただき)」のPR動画『絶頂うまい出張』と、宮城県の観光PR動画『涼・宮城の夏』もその一例です。

出張先で出会ったという設定で、全国各地の女性たちに、とうきびや博多明太子など、ひたすら棒状の名物を食べさせては「コックゥ〜ん!しちゃった……」という飲精を彷彿とさせる台詞で締めくくらせる『絶頂うまい出張』と、昭和の日本的エロスの象徴ともいえる壇蜜を起用し、「ぷっくり膨らんだ、ず・ん・だ」、「肉汁とろっとろ、牛のし・た」など、仙台名物に性的なイメージをこれでもかと結びつけてみせた『涼・宮城の夏』。これらのPR動画については、女性軽視や性別役割の固定化、ハラスメントや性暴力を容認する表現であるという批判が相次いでいます。しかしその問題とは別に、こうした表現の背景にある「食とセックス」の安直な結びつけについても、今一度考えてみる必要があるように思います。

『涼・宮城の夏』動画における壇蜜の台詞が性的なものとして捉えられるのは、「ずんだ餅」が勃起した陰核、牛タンが濡れた小陰唇のメタファーとして機能しているからでしょう。ずんだ餅は陰核に“似ているから”エロい、牛タンは小陰唇に“似ているから”エロい――しかしそこにあるのは特定の食品と性器との、きわめて記号的な結びつきにすぎません。

たとえばあのずんだ餅の、鮮やかな若草色をかぶった、上品ながらもどこか親しげな寝姿。むっと立ち昇る枝豆の青っぽくも香ばしい匂い。舌をほぐすような甘みと、その奥に潜むかすかな塩気。噛み締めるたび歯にしがみついては、名残惜しげに離れていく餅のいじらしさ。荒く潰した粒々が楽しげに舌を撫ぜる感じ。粉っぽく炊いた豆にはない、爽やかな喉ごし……。

あるいは厚く切った牛タンの、花のように赤い切り口。焦げた肉の香りに、筋肉質でありながら柔らかく歯を受け入れ、たっぷり蓄えた肉汁を惜しげもなくこぼしてくれる強さと寛容さ。そして、真にエロティックな牛タンを味わいたければ、焼きもいいですが何といってもタタキです。輝く脂に濡れた桃色のタンに、山盛りになった青葱。香り付け程度のポン酢にくぐらせ、葱をたっぷり挟んで口に運ぶと、舌先を押し当てるだけでとろけて裂けていくような柔らかさ。それでいて気持ちのいい歯ごたえもあって、噛んでも噛んでもおいしい汁が湧き出てきて、喉を潤してくれる。際限なくあふれでる肉のうまみに、いつまでも口に入れていたいと飲み込むことを躊躇うほどでした。

何かとても尊いものと舌を絡ませ、せめぎあっているような感覚。これは人間の舌が経験しうるもっとも官能的な行為ではないか……。奇しくもPR動画が燃え盛っている真っ最中に、生まれ故郷の仙台へ里帰りしていた筆者でしたが、このような体験をした後では、壇蜜の囁く「ぷっくり膨らんだ、ず・ん・だ」も「肉汁とろっとろ、牛のし・た」も、陳腐な洒落にしか聞こえなくなります。

1 2

餅井アンナ

1993年生まれ。ライター。messyでは家族やジェンダー、生きづらさについての問題を取り上げた文学作品のレビューなどを書いています。食と性のミニコミ誌『食に淫する』制作。

twitter:@shokuniinsuru

http://shokuniinsuru.tumblr.com/

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

性食考