ライフ

男が男を変えるべき。「社会が悪い」に逃げない「わたくしごと」の男性学を/『介護する息子たち』著者・平山亮さんインタビュー【2】

【この記事のキーワード】
『きょうだいリスク』(朝日新聞出版)『迫りくる「息子介護」の時代』(光文社新書)

きょうだいリスク』(朝日新聞出版)『迫りくる「息子介護」の時代』(光文社新書)

 今年2月に刊行された『介護する息子たち 男性性の死角とケアのジェンダー分析』(勁草書房)で、介護=ケアと、庇護される立場の男性性=息子性を分析する、新しいジェンダー論を執筆された社会学者の平山亮さん。前編では、近年注目されている男性学および「男性の生きづらさ」論の問題点についてお話を伺いました。後編では、この問題についてさらに踏み込みながら、男性が気づくべき社会における優位性と、男性問題を「わたくしごと」として引き受けることの重要性についてお話いただきました。

「俺だってつらいんだ」に終始する男性の生きづらさ論/『介護する息子たち』著者・平山亮さんインタビュー【1】

外の目が入りづらい家事育児は女性が不利になる

――SNSへの育児に関する投稿内容から、子どもに対する典型的な男女観がうかがえることも少なくなく、驚きます。男の子には車のおもちゃを与え、女の子にはかわいいワンピースを着せ……もちろん子育てに指標はある程度必要だと思います。しかし、親や周囲の大人が内面化している男/女らしさが子どもに伝わる、教育によって作られる可能性の大きさを考えたりもします。

平山 子どもは受け身的に男/女らしく「される」だけでなく、主体的にそうなる場合もあります。子どもは圧倒的に無力なので、サバイバルのために身近な大人の期待に必死に応えようとしてしまうからです。自分の生存を左右する親が、自分に男/女らしさを求めてきたら、子どもがそれを無視するのは難しいですよね。ただ、ジェンダーの「ふつう」を子どもに求めてしまう親の気持ちも、わからなくないんですよね。特に母親は、子どもに何かあれば、ほとんどいつも彼女たちだけが責められる。だとしたら「間違い」を犯さないように、子育ての指標を追い求めたくなるのは当然です。ジェンダーの「ふつう」も、そういう指標の一つですよね。男/女らしさの中身は時代によって少しずつ変わってはいますが、そういう区別自体はいまだにしっかり残っているので。

――仮に家庭でジェンダーを押しつけないように接しようとしても、学校など外から典型的な男女観を仕入れてくるという話も聞きます。

平山 つい先日も、小学校に入った娘さんが急に女らしさを意識しだしてショックを受けている、というお母さんにお会いしました。娘さんが女らしさに縛られないよう育ててきたつもりなのに、いつの間にか「(女の子だから)かわいい服じゃなきゃだめ」とか言い出すようになった、と。ただ、男らしさになじめずそれなりに悩んだ元・子どもの私からすると、「男/女らしさを気にしないように」と親に仕向けられたまま外の世界に放り出されるのは、なかなかしんどいですよ。大人でさえ抵抗が簡単ではないジェンダーのプレッシャーに、子どもが一人で立ち向かうことになるので。

私が自分の親に感謝しているのは、外の世界と折り合いをつけられるように助けてくれたことです。主流の価値観から逸脱していたことで、子どもの私はクラスメートと軋轢が生じたり、執拗にからかわれたりすることもありましたが、親はそういうときに「こうしてみたら」と一緒に考えてくれた。これは親に限りませんが、「男/女らしさにこだわらないように」とわれわれ大人が子どもに求めるのなら、それにいまだにこだわっている世間とどう付き合っていけばいいか、という部分でも、最後まで支えてあげる必要があるのではないでしょうか。

――母親になった女性向け中心のファッション誌『VERY』(光文社)で数年前、お弁当や料理の写真、家事育児の悩みをSNSに投稿して「いいね!」をもらうのが救いになると言っていた読者モデルの方がいました。SNSへの投稿は自己顕示欲だと揶揄されがちですが……。

平山 SNSが不安の解消に役に立つとしたら、それは良いことだと思います。例えば、自分はこういう価値観を大事にして子どもを育てたい、でも、それは必ずしも世間の「ふつう」ではなく、周りの家族や近所の人の支持も得られない。そういうとき、物理的にいつもそばにいてくれるわけではないけど、「それでいいじゃない」と認めてくれたり、相談に乗ってくれたりする人と繋がっていられる、っていう安心感は大きいですよね。もちろん逆に、SNSがなければ繋がることもなかった他人から、子育てに関して反対意見も含めいろんな情報をもらいすぎて、かえって不安が増すっていうこともありえますが。ただ、どちらにしてもSNSの影響力が大きいのって、さっきもお話しした親の責任が大きすぎる、っていうことに原因があると思います。責任は親ひとりに押し付ける状況はかわらず、SNSによってあれこれ口だけ出す人だけが増えるのは困ります。

――SNSへの投稿で家事が外部に見えるものになる一方で、現在主に女性が担う(担わされている)家事・ケア労働が「女性のもの」と強化される可能性もありますよね。家事の分担ってプライベートの話のように思えますけど、実は構造的な非対称性が原因だったりします。そうしたことが、外からの目が入ることでわかる可能性もあります。

平山 介護に関しては、外からの目が入りやすくなりました。介護保険ができたことで、ケアマネジャーさんをはじめ、家族以外のいろいろな人が関わることがふつうになったから。「プライベート」を盾にして、これまで隠されていた不適切ケアや虐待の問題も気付かれやすくなりました。そうした問題の被害になるのは、家族のなかで立場が弱く、声を上げづらい人たちなので、外からの目が入る意味は大きいです。でも育児は、家族以外が関わるのが一般的になる制度がまだないので、外からの目が入ってきにくいままですよね。前編で話した家事分担において男女が不均衡という問題もそうですが、家族や夫婦のなかだけで問題を解決しないといけなくなると、もともと押し付けられやすい立場にある女性がますます不利になってしまうんです。

1 2 3 4

鈴木みのり

1982年高知県生まれ。集英社『週刊プレイボーイ』編集者にナンパされ、2012年より雑誌などに記事を寄稿しはじめる。2017年より『週刊金曜日』書評委員を担当。第50回ギャラクシー賞奨励賞受賞(上期)ドキュメンタリー番組に出演、企画・制作進行協力。利賀演劇人コンクール2016年奨励賞受賞作品に主演、衣装、演出協力などを担当。2012年よりタイ・バンコクでSRSを受けるMtFを取材中。(写真撮影:竹之内裕幸)

twitter:@chang_minori

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

介護する息子たち: 男性性の死角とケアのジェンダー分析