社会

乳幼児を預かるために被告人が画策した計画と、母親が夜間保育を必要としていた事情/殺人シッター公判

【この記事のキーワード】
(C)高橋ユキ

(C)高橋ユキ

 20143月に埼玉県富士見市で発生したベビーシッターによる2歳男児殺害事件。逮捕された物袋(もって)勇治は同月14日、山田龍琥(りく)君(2)とその弟を預かり、龍琥君を殺害したとして殺人罪に問われている。しかし物袋が問われている罪はこれだけではなく、多くの乳幼児に対する児童ポルノ禁止法違反や強制わいせつ等でも起訴されていた。昨年6月に横浜地裁で開かれていた物袋に対する裁判員裁判の様子を、連続しリポートしていく。

第一回:『殺人シッター』と呼ばれた男の長い起訴状
第二回:2歳男児はなぜ死亡したか 真っ向対立した検察側・被告側の主張

 第3回公判では龍琥君とその弟B君へのわいせつ誘拐、B君への保護責任者遺棄致傷についての審理が行われた。先述の通り、龍琥君とB君は2014314日、埼玉県富士見市にあった物袋宅に預けられ、そのときに龍琥君は死亡し、B君は適切な保育を受けることができず重度の低血糖に陥った。これについて物袋は、龍琥君を殺害してはいないと否認し、B君についても保護はしていたと主張している。

 物袋は多数の児童に対する強制わいせつなどの罪でも起訴されているが、最も不可解なのはこの2人についての事件である。当時、龍琥君とB君の母親はどういった経緯で物袋に子供たちを預けることになったのか。母親には物袋に子供たちを預ける意志があったのか、起訴状には第三者の男性(Xとする)を介して2人が物袋に預けられることになったというが、このXとは何者か。この日の公判で全て明らかになった。一言で言えば物袋はXのことも、龍琥君B君の母親のことも騙して、子供を預かっていた。

つなぎのシッター計画に至る経緯

 まず最初に行われたのは、検察側の証拠取り調べである。物袋と被害者の母、そして子供たちの引渡しを頼まれたXと物袋のメールのやりとりが明らかになったほか、実際に発生したシッティング料や振込金額、被告からの請求書に書かれた金額についてのまとめなども証拠として提出された。その後、龍琥君とB君の母親の尋問、物袋に2人を預けた第三者Xの調書読み上げと続く。

 初公判の弁護側冒頭陳述で、そもそも物袋が龍琥君B君を預かったのは「未払い料金回収のためのきっかけ作り」であったと物袋は主張していた。“預かる動機にわいせつな意図はない”というのが言い分だ。さて証拠に上がった、龍琥君B君の母親と物袋間の金額のやりとりを見てみよう。

 二人が利用していたシッターマッチングサイト「シッターズネット」では、料金についてはあらかじめ双方で決めることになっていたようだ。龍琥君B君の母と物袋間での契約では「日給4000円、末締め翌月20日支払い。キャンセル料は2日前から発生。前日12時までは50パーセント。当日は100パーセント」となっていた。預けの実態としては201310月、11月、12月、20141月に母親は龍琥君B君の2人かB君のみを預けており、以降は保育を物袋に依頼していない。合計すると、実利用料とキャンセル料合わせて10万円になるが、物袋が龍琥君B君の母に送った請求書は20万円。龍琥君B君の母が振り込みした金額は106000円となっている。

 利用時間で計算したシッティング料と請求書の金額が合わないことに気づいた母親は、事件の数カ月前には、もうこのベビーシッター(物袋)は利用しないことに決めていたという。だが物袋側は請求書分を支払えと執拗で、なんと物袋の母から龍琥君B君の母の元に電話がかかり、裁判を起こすなどとも言われたことがあるらしい。

 事件の約10日前にも、龍琥君B君の母はシッターズネットでシッターを探していた。このとき物袋は、それまで龍琥君B君の母とやりとりしていたものと別のメアドを使い、別人を装って「ぜひお役に立ちたい」とシッティング業務を引き受ける旨の連絡をした。だが物袋は龍琥君B君の母と対面することを避けるように「つなぎのシッター」を探す。今度は物袋がシッターズネットに「19時ぐらいから22時まで」シッティングを頼めないかと書き込みをしたのだ。このとき当初はX以外のシッターと交渉していたが頓挫し、Xが「お役に立てるかもしれない」と名乗りをあげた。「代理の人間が一時預かることを依頼主様は了承している」と、真っ赤な嘘も伝え、Xを安心させた。手はずは整っていた。だがこの日は、B君が痙攣を起こしてしまい、母親の方からキャンセル申し出があった。くどいようだが母親はこのやり取りをしている相手を物袋だとは気づいていない。そして事件の14日お昼、再び母親がシッティングを依頼して来た。そして10日前と同じように物袋はすぐにこの依頼を受けるやいなや、再び「つなぎのシッター」を用意すべくXに連絡を取り、Xがこれを引き受けた。

「本日19時から1時間くらい、喫茶店でシッターをお願い出来ないでしょうか。私は残業があり、待ち合わせ場所の駅に向かうまで1時間1000円でお願いします、交通費とお茶代は支給します」

 残業でにっちもさっちもいかない困った状況の人を助けようと、預け一時預かりを引き受けたXは、母親から龍琥君B君を預かり、物袋に引き渡した。母親は子供らがXを経由して物袋のもとに預けられたことを知らなかった。316日に、子供たちを預けたシッター(物袋)と連絡が取れなくなったことからXに連絡を取り、そこでようやく事態を認識したのである。

1 2

高橋ユキ

傍聴人・フリーライター。2005年に傍聴仲間と「霞っ子クラブ」を結成(現在は解散)。著作に「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(高橋ユキ/徳間書店)など。好きな食べ物は氷。

twitter:@tk84yuki

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

夜間保育と子どもたち: 30年のあゆみ