ライフ

迷惑視される「子連れ外出」 でも大丈夫、身構えすぎないで街へ出よう

【この記事のキーワード】
Photo by www.Pixel.la Free Stock Photos from Flickr

Photo by www.Pixel.la Free Stock Photos from Flickr

 私には2歳の子供がいて、保育園が休みである土日祝の昼はほぼ毎回、親子で外出し、外食している。自宅~最寄り駅の近辺には何もないので、休日は子連れで電車に乗り、大きなショッピングモールのある駅や、大きな公園のある街などに行く。吉祥寺や立川、下北沢など少し遠いけれど、自分の気分転換にもなるので頻繁に足を伸ばすようにしている。

 行く先々でよく利用するのは、ファストフード、カフェ(もしくは喫茶店)。時々ラーメン屋、ファミレス。これまで、子連れを理由に来店を断られたことは一度もない。ファストフードやファミレスは言わずもがな、カフェ系のお店でもキッズメニューが設けられていることは珍しくない。キッズメニューがなくても、子供用の椅子やお皿やスプーンが用意されていたりする。小汚いラーメン屋に入った時にはサービスとしておもちゃをいただいた。キッズスペース完備のカフェ、居酒屋だってある。

 何でこんな話をしているかというと、先日からTwitterで「子連れ客の是非」が議論になっているからである。

 813日、岡山県のカフェのアカウントが【お知らせ】として、幼児連れの客による設備の破損や乱雑な扱いが多く、それを保護者が店側に報せてこないケースも増えているため、やむを得ず当面のあいだ、開店~17時まで0歳児を覗く未就学児連れの入店を断る旨をツイート。その反響は大きく、リツイート31千件あまり、いいね!19千件あまりがついている。

 カフェの措置に「やむを得ない」「問題ない」と理解を示すコメントや「素晴らしい」と絶賛するユーザーもいる。その理由としては「最近の親は常識がない」「そもそもカフェや居酒屋は大人の店で子連れが出入りすること自体におかしい」。また、子持ちと思われるユーザーからは「それはそれで店選びの指標になっていい」との声も上がっている。

 反響が大きかったためか、当該カフェは翌日のツイートで、幼児連れ客すべてに当てはまることではないと承知しているが苦渋の決断であること、障子が破られたうえ報告なしで帰った保護者の態度にショックを受けていることなど、今回未就学連れの入店を断るに至った経緯を説明。来店した幼児が破損したと思われる障子の画像もUPされている。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

kodomoe(コドモエ) 2017年 08月号 (絵本付録「ノラネコぐんだん アイスのくに」) Banz(バンズ) ベビー・キッズ用 防音 イヤーマフ キッズ ピンク EM002PK