社会

『未払い料金を回収するために子供を預かった』という苦しい言い訳/殺人シッター公判 

【この記事のキーワード】
(C)高橋ユキ

(C)高橋ユキ

 20143月に埼玉県富士見市で発生したベビーシッターによる2歳男児殺害事件。逮捕された物袋(もって)勇治は同月14日、山田龍琥(りく)君(2)とその弟を預かり、龍琥君を殺害したとして殺人罪に問われている。しかし物袋が問われている罪はこれだけではなく、多くの乳幼児に対する児童ポルノ禁止法違反や強制わいせつ等でも起訴されていた。昨年6月に横浜地裁で開かれていた物袋に対する裁判員裁判の様子を、連続しリポートしていく。

第一回:『殺人シッター』と呼ばれた男の長い起訴状
第二回:2歳男児はなぜ死亡したか 真っ向対立した検察側・被告側の主張
第三回:乳幼児を預かるために被告人が画策した計画と、母親が夜間保育を必要としていた事情
▼第四回:引き渡し時、子供は「いやだー」「こわいー」涙をボロボロ流して泣いた

 第5回公判では龍琥君とその弟B君に対する事件(殺人、保護責任者遺棄致傷)についての審理が行われた。龍琥君とB君は2014314日、埼玉県富士見市にあった物袋宅に預けられ、そのときに龍琥君は死亡し、B君は適切な保育を受けることができず重度の低血糖に陥った。これについて物袋は、龍琥君を殺害してはいないと否認し、B君についても保護はしていたと主張している。傍聴できなかった第4回公判では、龍琥君とB君の事件について弁護側からの被告人質問が行われ、そして検察官からの質問の途中で続行となったようだ。検察官が立ち上がり質問を始めた。まずは、ふたりの母親に対して、別人を装い、保育を引き受け、またX氏という「つなぎのシッター」を手配した『わいせつ誘拐』についての質問だ。

 物袋の主張は一貫していた。別人を装って二人を預かったのはあくまでも「母親からの未払い料金回収のため」だというのである。だがその“未払い料金”自体が本当に存在するのか、検察官から厳しい質問が繰り返された。物袋は平成2512月分の母親への請求金額は32000円だったと言っているのだが、この月はB君のみ、4回の預けを受けた。14000円だとすると16000円であるから、物袋はその倍、請求している。

検察官「この合計32000円の根拠は?」
物袋「全て合計した金額です」
検察官「何を?」
物袋「何を、ってのは?」
検察官「何を合計した金額ですか?」
物袋「えーと、その、預かった料金とキャンセル料金です」
検察官「あなた、前回の弁護人からの質問では『月極め料金だった』と言わなかった?」
物袋「はい」
検察官「それと請求金額はどういう関係にあるんですか?」
物袋「預けとキャンセルで32000円です」

 このように物袋は、月極めだったのか、その都度料金が発生したのかよくわからない話を続ける。32000円の内訳として「保証料金」なる名目で16000円請求されており、これは母親が預けを依頼していない複数日にかかっていた。物袋が計算していた請求額の根拠があやふやである。だが、

検察官「実際には預かったのは4日。契約上、12月に請求できるのは16000円ではないですか?」
物袋「違います」

と、あくまでも自身が作成した請求書は正しいのであると主張を続ける。

 翌年1月は、1度しか預かっていないのに34000円を請求していた。これも「預かった日数とキャンセルと不足分です」と述べる。物袋は母親とそのような話は交わしていないにも関わらず、勝手に水曜と土曜を「定期的に受ける」と解釈しており、これを「月極め」と物袋は呼んでいた。それについて母親から事前に連絡がなければ勝手にキャンセルされたということにして、預け金額の100パーセントを勝手に請求していたようだ。そもそも「月極め」という話は、平成2510月に母親と契約を交わした際には一度もしなかった。

 最後に母親が物袋に子供を預けたのは平成26111日。それ以降はシッティングをお願いされてもいなければ受けてもいないのに、2月、3月と、勝手に「定期的に受けるはずだったのにキャンセルをされた」という解釈でそれぞれ料金を加算し、1月から3月分までで96000円の支払いを母親に求めたのだという。

検察官「払うと思った?」

半ば呆れ気味に検察官も問うが、

物袋「思いました」

平然と答える。これは物袋の主張の根幹であるから、そう答えないわけにはいかないだろう。“未払い料金”があるために、二人を預かったというのが物袋の言い分なのだ。

1 2

高橋ユキ

傍聴人・フリーライター。2005年に傍聴仲間と「霞っ子クラブ」を結成(現在は解散)。著作に「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(高橋ユキ/徳間書店)など。好きな食べ物は氷。

twitter:@tk84yuki

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。