社会

乳幼児たちの児童ポルノ製造等の行為は、実妹への長年の性的虐待ののちに始まった/殺人シッター公判

【この記事のキーワード】
乳幼児たちへの児童ポルノ製造等の行為は、実妹への長年の性的虐待ののちに始まった/殺人シッター公判の画像1

(C)高橋ユキ

 20143月に埼玉県富士見市で発生したベビーシッターによる2歳男児殺害事件。逮捕された物袋(もって)勇治は同月14日、山田龍琥(りく)君(2)とその弟を預かり、龍琥君を殺害したとして殺人罪に問われている。しかし物袋が問われている罪はこれだけではなく、多くの乳幼児に対する児童ポルノ禁止法違反や強制わいせつ等でも起訴されていた。昨年6月に横浜地裁で開かれていた物袋に対する裁判員裁判の様子を、連続しリポートしていく。

第一回:『殺人シッター』と呼ばれた男の長い起訴状
第二回:2歳男児はなぜ死亡したか 真っ向対立した検察側・被告側の主張
第三回:乳幼児を預かるために被告人が画策した計画と、母親が夜間保育を必要としていた事情
第四回:引き渡し時、子供は「いやだー」「こわいー」涙をボロボロ流して泣いた
第五回:『未払い料金を回収するために子供を預かった』という苦しい言い訳/殺人シッター公判

 第6回公判では龍琥君とその弟B君を含む、多数の乳幼児に対する児童ポルノ製造にくわえ、そのうちのE君への強制わいせつ、C君への強制わいせつ致傷、龍琥君とB君へのわいせつ誘拐、龍琥君への強制わいせつについても審理が行われた。物袋の主張は前回の龍琥君とB君に対する殺人、保護責任者遺棄致傷の審理と同じく一貫していた。たしかに児童ポルノ製造(陰部の写真を撮影し保管する)は行なったが、それはわいせつな意図に基づくものではない、というものだ。弁護側の冒頭陳述ではこのように述べられた。

C君への強制わいせつ致傷
「たしかにC君のオムツを下げて陰茎を撮影はしたが、わいせつ目的ではない。C君の亀頭が露出しているのはことさらに陰茎を剥いたからではない」

A君への強制わいせつ
「確かに生前に紐で陰茎を縛ったが、生前には舐めてはいない」

E君への強制わいせつ
「陰茎を縛ったり、陰嚢をつかんだりしたが、強い力ではない」

・龍琥君とB君へのわいせつ誘拐
「シッター料金をめぐるトラブルが預かりのきっかけでわいせつ目的はなかった」

 その上で「幼少期の悲惨ないじめの体験や、被告人の能力がどう関係しているかを理解しないと事件を判断することは不可能」と主張した。こうした話はのちの被告人質問で存分に語られたが、まずは今回の審理について進めよう。強制わいせつ等の被害者となった男児たちのように、乳幼児でありながら自然に陰茎の包皮が剥けるのかということについて泌尿器科医の調書が読み上げられた。

「男児は皆包茎で生まれてくる。包皮は亀頭と癒着しており、成長につれ陰茎も成長し、徐々に癒着が取れて露出してくる。三歳児のなかには、付け根の方へ包皮を下げて剥くこともできるが、それはあくまでも稀なこと。せいぜい亀頭の半分が出れば良い方。無理やり剥くと、もともとくっついていた状態を剥がすことになるので、傷ついて炎症が起こる。乳幼児の陰茎を剥くことは絶対にやってはならない……」

1 2 3

高橋ユキ

傍聴人・フリーライター。2005年に傍聴仲間と「霞っ子クラブ」を結成(現在は解散)。著作に「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(高橋ユキ/徳間書店)など。好きな食べ物は氷。

twitter:@tk84yuki

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

男が痴漢になる理由