連載

『よそはよそ、うちはうち』で理不尽に子の行動を制限する母親「中学生だけでディズニーなんて…」

【この記事のキーワード】
Photo by aotaro from Flickr

Photo by aotaro from Flickr

 ここ最近、小町でランキング上位に食い込み続けているトピがあった。タイトルが地味なので数週間放置していたが、何の気なしに見たところその毒気にやられてしまった。毒親の負のエネルギーが充満していたからである。毒親は自分が毒親であることを認識していない。一見ただの親のように見える段階から、毒親へとトランスフォームして行く進化の過程をまざまざと見せつけられる恐ろしいトピを今回は紹介したい。

外は外、うちはうちという考えの是非

 トピ主は中学1年の娘を持つ母親。夫は会社経営者だという。トピ主が外で働いているのか専業主婦かどうかは明言されていない。

「私立女子校に娘を入れたのですが、学校の先生からタイトルについていろいろ言われてしまい納得いかないのでトピ書きました」

 書き出しから不穏な雰囲気を漂わせる。曰く、トピ主の夫が「一学期の期末テストで学年上位だったら何かご褒美をあげるよ」と、娘と約束していた。娘は期末テストで各教科のトータルで学年8位となり、ご褒美がもらえることになった。希望したのは「友達とディズニーランドに行きたい」ということ。自宅からは1時間30分程度で行ける距離だ。だが「行けば閉園間近までいる気だろうし私が反対しました」という。

 娘はそれにショックを受けたようで、担任に話したらしい。夏休み初めの両親面談で、担任から指摘された。トピ主はこのとき「他の家庭がどうあれ、うちはうちだから学校に文句言われたくない」と反論。すると担任は……

「お母様はイエスかノーでしか判断できないんですね。なぜ反対したのかをどうして娘に説明できないのか。
過去に娘さんが約束を反故にしたんですか? 少なくとも、理由なき否定は親として最低の選択ですよ。
娘さんだって、みんなが行くから私だってって言い方でゴネた訳じゃないでしょう?
我が校は常に何故? を考えた教育をしています。お子さんの何故に親が答えられないなら何故この学校を選んだのですか?
外は外、うちはうちって言葉は親に便利ですね。親の権力でねじ伏せる魔法の言葉だから。我が校には合わない言葉です」

 その場はトピ主夫が場を収めたが、トピ主は納得いかないし腹立たしくて仕方なかった。賛否両論あると思うが、どう思うか? という相談だ。

 「非常識ですよね!?」「どう思いますか?」こう問いかけてくるトピ主の方が非常識だったり、到底同意できない行動を取っていたりするのが小町の法則だ。筆者から見たら夫と娘との間の約束に割って入ってそれを反故にした母親(=トピ主)に非があるように思える。コメントでも同様に、トピ主に疑問を呈する声が溢れた。特に「ダメな理由をきちんと伝えず『よそはよそ、うちはうち』で頭ごなしに禁止した」ということに非難が集まっているようだ。

「先生は『なぜ?』と問うているのに、あなたは『うちはうち』と何も説明せずに終わらせようとしているからです。同じ土俵に立ってないから」

「母親であるトピ主さんが『嫌だから』反対したんですよね? 娘さんは行く気満々、ご主人も約束したら娘の好きにさせたかった。トピ主さんだけが『母親の権限』で反対」

「お父さんが約束したんですから、行かせてあげなきゃ嘘つきな親になっちゃいますよ。あなたが心配な点は『夜遅くなること』でしょ。じゃあ、『時まで』と約束させて行かせてあげればよかったんですよ。思春期に『親は嘘つき』って思うと、長く引きずると思いますよ。」

「うちはうち、なんて親にとったら一番都合のいい答えですよ。何故ダメなのか、これが説明も出来なくて、何を教育するつもりなの? 上位に入ったらご褒美をあげると約束して、ディズニーランドに閉園までいるからという、予測出来そうな答えだからダメという、これフェアじゃないよ」

 本当にそう! 娘さん可哀想。というかなぜトピ主は「一日中ディズニーランドにいること」がダメだと思うのか、その理由が書かれていないのでよく分からない。トピ主は最初のレスで「同じ意見の人が少なくて残念」と言い、こう説明し始めた。

「一緒に行く予定の友達のお母さんとは連絡が取れるので事前に聞きましたが、うちは夏休みで1回程度の話だから全く気にしない。
心配だったら、みんなが別れるだろう○○駅で一旦電車を降ろして待ち合わせすればいいんじゃないの?
21時までに出させれば少し遅れても22時半ばには駅着くから迎えに行く予定。他の家も同じようなものじゃない? と言われました。
先生も、夏休みに1回だけのイベントだったら全く問題ないレベルの話と個人的には思っていると。
親が迎えに行く労力を面倒と思っているならば、そこをボカそうとしているから理由が言えないのではと言われました。
言ってる事は正論だと理解しますが、子供のうちなら理不尽なNGだってある事じゃないですか?
個々の家庭のことだし別にいいじゃないって思ったから、腹が立ったんです」

 どうも小町に敢えて書かなかったわけでもなく、トピ主は誰にもちゃんとNGの理由を伝えていないようだ。トピ主、謎めいてるぅ~。「もともとディズニー予定がお盆明けなので、夫が迎えに行こうかなと言っています」ともある。じゃあOKしていいんじゃないですかね? まあ、夜遅くまで子供だけでお出かけ、というのが心配なのはわかる。でもトピ主はそう明言していないので、そうではないのだろう。次のレスでNGの理由が明かされた。引っ張るなぁ~。

「皆さんの書かれている行かせない理由ですが、中学1年の娘に友達同士のディズニーが必要ないと思っているからです。娘は塾同様に夜10時くらいには最寄り駅という感覚らしく、ディズニーと塾を同列に考えてもって感じです」

 なぜ中学一年の娘に友達同士のディズニーランドが必要ないのか……そこもまた不明だが、やっぱり理由は書かれていない。理不尽なNGであることに変わりはない。こうしたトピ主に担任も反論したが、トピ主にとってもっとも強大な“敵”は夫であった。トピ主のこうした考えについて、かなり反論しているようなのだ。面談の後も一人で学校に行き先生らと話をしたというから、すごい行動力だ。こんなに娘や学校にかかわりまくる父親、いわゆる良いお父さんふうじゃないか。

「夫には、お前には言わなかったけど先日に学年主任の先生と個人的に会ってきたと今晩言われました。(中略)外は外、家は家って言うのは構わないけど、ディズニーくらい周囲に合わせてやれと言うんです。私立に行かせておいて、みんなが出来るのに娘だけ出来ないって何の罰ゲームだよと私を説得してきました」

 ここでトピ主は「どの道、私の意見には関係なくディズニーへは夫が行かせる気なので、もうお任せしますと言っておきました」という。一件落着だ。なのに、このトピは全然終わらない。

「義務教育のうちに、この程度の制限を与えただけでも叩かれるんですかね?
夫からは夜に危ない目に遭うのが不安なら、朝の通勤電車で娘が痴漢に遭うかもって毎日不安だよな。
そこまで言うんだったら、毎朝学校まで車で娘を送ってみたらどうなんだ?なんて極論まで持ち出すんです。
ひどいと思いませんか?」

 お怒りモードで愚痴り始め、夫がひとりで学校と話して来た内容についても、また文句を言い出した。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

子どもといく 東京ディズニーリゾート ナビガイド 2017-2018 シール100枚つき (Disney in Pocket) 親に壊された心の治し方 「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本 (こころライブラリー)