社会

乳幼児たちへの性的行為は「イジメによるトラウマのフラッシュバック」と説明/殺人シッター公判

【この記事のキーワード】
(C)高橋ユキ

(C)高橋ユキ

 20143月に埼玉県富士見市で発生したベビーシッターによる2歳男児殺害事件。逮捕された物袋(もって)勇治は同月14日、山田龍琥(りく)君(2)とその弟を預かり、龍琥君を殺害したとして殺人罪に問われている。しかし物袋が問われている罪はこれだけではなく、多くの乳幼児に対する児童ポルノ禁止法違反や強制わいせつ等でも起訴されていた。昨年6月に横浜地裁で開かれていた物袋に対する裁判員裁判の様子を、連続しリポートしていく。

第一回:『殺人シッター』と呼ばれた男の長い起訴状
第二回:2歳男児はなぜ死亡したか 真っ向対立した検察側・被告側の主張
第三回:乳幼児を預かるために被告人が画策した計画と、母親が夜間保育を必要としていた事情
第四回:引き渡し時、子供は「いやだー」「こわいー」涙をボロボロ流して泣いた
第五回:『未払い料金を回収するために子供を預かった』という苦しい言い訳
第六回:乳幼児たちの児童ポルノ製造等の行為は、実妹への長年の性的虐待ののちに始まった

 第7回公判、検察側の被告人質問で突如明かされた「実妹への性的虐待」。殴る蹴る、陰毛を剃る、陰部を舐めるなどの行為を実妹に対し長年繰り返していたが、物袋はその実妹が失踪した直後に、シッターの登録をしたことが分かった。そして、自分が預かった乳幼児に対して、今回起訴されているような行為を繰り返していた。だが物袋の言い分としては、それは実妹への性的虐待の代償行為でもなく、性的な意図はないというのである。ではどういう事情があったのか。さらに検察官は切り込む。

検察官「妹に対して性的なことができなくなったから、その代わりにシッター登録したのでは?」
物袋「違います」
検察官「では、子供達の裸の写真を撮る理由をもう一度教えてください」
物袋「トラウマです。中学の頃の」
検察官「小さい子の陰茎を見たらフラッシュバックを起こすという?」
物袋「はい」

 物袋曰く、中学校の頃に「裸にされ、性器を弄り回され、その写真を撮られたり、紐で縛られたり、舐められたりした」ことがあり、これが“トラウマ”となっていて、シッターで預かった乳幼児の陰茎を見ると“フラッシュバック”を起こし、同じことをしてしまう……というのである。中学時代のいじめの存否は不明だが、フラッシュバックを起こすほど辛い行為の必要(オムツ交換など)がある託児を、なぜ自ら続けていたのだろうか。そして物袋は、陰茎のない女児にも性的ないたずらをしているのだ。

検察官「陰部を舐めた女児は何人?」
物袋「23人いました」
検察官「両手を紐で緊縛したりもしていましたね」
物袋「はい」
検察官「男児や女児のお尻の穴に指や鍵をいれたことは?」
物袋「あったかもしれません」
検察官「性的ないたずら、全て『過去に自分がやられた』こと?」
物袋「そうです」
検察官「あなたをいじめていたのは全て男の同級生だったと言っていましたよね。なぜ女児にも性的ないたずらをしたんですか? それはあなたがされたことと関係ないのでは?」
物袋「自分もやられてたからです」

 あくまでも性別は関係なく「自分がやられたこと」を男児・女児関係なくやってしまうという主張である。そして“フラッシュバック”を起こすのも、男児・女児関係なく、着替えやお風呂、オムツ替えといったような、陰部を見る可能性のあるタイミングであるというのだ。

1 2

高橋ユキ

傍聴人・フリーライター。2005年に傍聴仲間と「霞っ子クラブ」を結成(現在は解散)。著作に「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(高橋ユキ/徳間書店)など。好きな食べ物は氷。

twitter:@tk84yuki

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法