社会

日本女性が「将来子どもが欲しいと思わない理由」上位に納得。子育て環境の劣悪な先進国で子どもは増えない

【この記事のキーワード】
日本女性が「将来子どもが欲しいと思わない理由」上位に納得。子育て環境の劣悪な先進国で子どもは増えないの画像1

Photo by www.Pixel.la Free Stock Photos from Flickr

 2017年8月、アメリカの医療機器メーカー・クックメディカルの日本法人である、クックジャパン株式会社(以下、クックジャパン)が「リプロダクティブ・ヘルスに関する意識調査」を実施し、先日その結果が明らかになった。

 調査対象者は、日本・アメリカ・フランス・スウェーデンの都市圏に住む子どものいない1839歳の女性計800名(日本は13県:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県が対象)。調査人数は、計 800 名(各国 200 名)で、 各国とも 10 代(1819 歳)、20 代前半、20 代後半、30 代前半、30 代後半 40 名ずつ。調査方法は、インターネット。ここでいう「リプロダクティブ・ヘルス」とは、性と生殖に関する健康(妊娠・出産、避妊方法、不妊治療、女性疾患とその予防法など)を意味するとのこと。

 今回の意識調査の結果について、クックジャパンは、『~日本女性の「子どもが欲しい」と思う気持ちと、性と生殖に対する意識の低さが明らかに~』と題して発表。それによれば、日本は、将来自身の子どもが欲しいと考える割合が他三国と比較して最も低く63%。アメリカは79.5%、フランスは80%、スウェーデンは73.5%となっている。

 年齢別に「将来、自身の子どもが欲しいと考える割合」を見ても、日本はすべての年代において低い。日本で最も高いのが181972.5%、次いで252970%、202462.5%、303457.5%、353952.5%となっている。2024歳女性よりも2529歳女性のほうが、子供を欲しいと考える割合が高い。現実的に出産を意識する年齢になってくるからだろう。

 将来子どもが欲しいと思わない理由の最多は、日本は「子育てをする自信がないから」が5割超。対して、他三国の理由の最多は、「現状のライフスタイルに満足しているから」で約6割。日本では、女性主体の避妊方法や緊急避妊ピルの存在、性感染症とその予防方法など、性交渉に関連する情報に対する知識が、他三国と比べて不足している。具体的には、女性主体の避妊方法について他三国ではほぼ9割が知識を有しているが、日本は66.5%となっており、緊急避妊ピルや性感染症とその予防法についての知識も日本は5割程度。圧倒的に不足していることになる。

1 2 3

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

子育て支援が日本を救う (政策効果の統計分析)