家族

育児を少しでもラクに。腰に優しかった抱っこヒモと経済的なオムツ専用ごみ箱を愛用

【この記事のキーワード】

 子供が産まれるとなると、色々揃えなくてはなりません。衣類におむつにおしりふきにタオルにケア用品、ベビーカー、抱っこ紐etc……。私も子供が産まれる前、ネットサーフィンしたり店舗に行ってみたりして、アレコレ買い込みましたが、多種多様な商品が揃っているものだから、迷うし疲れました。ネットだと、送料無料だのポイント10倍だのクーポンだの見比べちゃって、なんやかんやで時間かかるし……。ぶっちゃけ、必要なかったよなーー! と思えるものも結構あるわけですが、買ってよかった!と思えるものも中にはちゃんと、ありました。

 現在、我が子は2歳になりましたが、これから出産を控えているご家庭のために、自分自身がこの2年間で「買ってよかった、使えた」ものを少しご紹介したいと思います。特に、私は実家の遠いシングル親ということもあって、自分が疲れて倒れてしまったら親子ともども非常に困ったことになるので、わざわざ苦労しない、疲れることをしない、少しでも育児をラクにすることを根本に据えて、買うものを選んできました。その点で参考になれば幸いです。

抱っこ紐、3つも買ってしまった

 いろいろあって3つも買ってしまったのですが、個人的には最初はこのベビービョルンがかなりおすすめです。とにかく装着が楽でした。私が一番使用したのは、子供が生後3カ月~6カ月でしたが、実際は新生児から使用可能です。

 私の場合、当初コレを買う予定はなく、出産前に購入した抱っこグッズは、おなじみエルゴベビーインサートインファントも一緒に購入)とスリングでした。エルゴは腰に負担がかからずラク、スリングは寝かしつけの時便利(スリングに入れるとすぐに寝てくれる子もいるとか何とか)という情報を聞いて、2つ購入することを決めました。

 エルゴが使えるのは4カ月以降(首が完全にすわっていて、体重5.5Kg以上ある状態)、ただしインサートインファントを併せて使えばこちらも新生児から使用できます。私としては、生まれた子供の様子を見ながらその時我が子に合っているほうを使えばいいや~と思っていたのです。が、誤算が生じました。

 私が産んだ子供は、約2,900gとやや小さめ。これが正直、予想外でした。というのも実母と実姉はそれぞれ3人産んでいますが、みんな結構大きめだったんですよね……。私なんて36週で生まれ3,500gほどでしたから。だから漠然と、我が子も3,000g以上の大きめサイズなんじゃないかなぁとそんな気がしてたんです。退院直後、子供をスリングに入れてみると、スリングの大きさに対して子供が小さい。子供を入れる前にバスタオルやおくるみを畳んで入れると何とかなりましたが、最初は子供が沈んで息できなくなるんじゃないかとヒヤヒヤしました。そのためスリングは、ほぼ外出をしない生後1カ月のうちはあまり使わず(母乳外来に行く時くらい)。ただ1カ月検診以降は私も慣れてきて、フル活用しました。ちなみに私の子供は3月下旬に生まれ、すでに暖かい気候になっていたので、靴下もあんまり使わなかったです(まず自宅内では不要。1カ月になる頃には暖かく、しかも出かける時はスリングに入れるので足が隠れたため)。

 まずスリングがこんな感じだったので、エルゴの存在は部屋の片隅に放置していました。前述したように、我が子が小柄だったため、腰の負担はそれほどではなかったし。子供が2カ月半になった頃、あ、そういえばエルゴと一緒にインサートかったからもう使えるんじゃない? と思い立って、エルゴwithインサート装着を試みたのですが……子供に対してエルゴは大きく、インサートを使ってもいまいちフィットしなかったのです。

 でもせっかく買ったんだしうまく使いこなしたいよな~と思い、これはもう詳しい人に直接教わるしかないと思って、どうにかこうにかエルゴwithインサートで子供を抱き、某ベビー用品店に向かいました。この時6月。結構暑い。私も暑いけど、分厚いインサートで身体(足も含め)をすっぽり包まれちゃっている子供はもっと暑かったでしょう。

 店に到着すると抱っこ紐売り場に直行、店員さんにインサート使用でのエルゴ装着の仕方を教えてほしいと頼んだら、すぐに教えてくれたのですが、これからどんどん暑くなるしインサートなしでエルゴが使えるのはまだ先のようであれば……といって、勧められたのが、『ベビービョルン  ベビーキャリアオリジナル』でした。

 最初に書きましたが、とにかく装着がラク! 腰で固定しないので、装着過程がスムーズなんです。自分の両肩にベルトを通し、本体に子供を乗せ、ベルトと本体をパチンと留め、子供を自分のほうに持ってくればOK! 子供の手足は解放されているので、親子共々涼しい! 値段も手頃(1万円未満)! これは勧めたくなるのもわかる! 買う! 決定! というわけで、エルゴは一旦中止、スリングにリターンすることもせず(スリングも暑かったと思います)、それからおよそ3カ月間、子供にとっては初めての夏だったわけですが、外出時は『ベビービョルン  ベビーキャリアオリジナル』のおかげで快適に過ごせました。あの日の店員さんに感謝です。

 暑かった夏が終わり、あんなに小さかった子供が(今も小さいですが)だんだん大きくなっていき、生後6カ月を迎える頃、肩や腰に負担を感じ始めてきたので、ベビービョルンからエルゴにバトンタッチ。もうインサートは必要なく、装着も思いのほかすんなりといき、その後はエルゴベビーを愛用しました。だからエルゴもおすすめはおすすめです。エルゴwithインサートは、私たち親子には相性が悪かったものの、寒い時期に使う分には足がすっぽり隠れていいのかもしれません。

エルゴベビー・インファントインサートIII

安心感はあるけど夏は暑い。エルゴベビー・インファントインサートIII

ベッタ Betta キャリーミー! プラス

スリングはこちらを愛用しました。ベッタ Betta キャリーミー! プラス

おむつ専用ごみ箱で快適な部屋

 続いておむつ専用ごみ箱。私が愛用しているのは、『日本育児 ubbi インテリアオムツペール』です。デザインが気に入って……というか許容範囲という理由からコレに決めました。購入時は他の商品に比べると割高……でしたが、消臭カセットを使わない商品なので、消耗品の買い足し不要というところがいいんです! 中にごみ袋を入れるだけ(私は45リットルのごみ袋を使用しています)で、あとは部屋にポンとおいておけばよし。臭い漏れを感じたことはありません。

 正直、ごみ箱の蓋(直径11センチ)を開けると臭ってくるのですが、おむつを一瞬で捨てて蓋さえ閉めれば見事にシャットアウトされます。消臭カセットを買い足したりしなくていいので、長い目で見ると経済的です。見た目は生ごみ用ごみ箱とそう変わらないですし、色も豊富にあります。ただし、調子に乗って使用済みおむつをぎゅうぎゅうに押さえて入れると、いざ捨てようとした時に取り出すのが大変なので、ほどほどがいいかと思います。

 長くなってしまったので、続き(離乳食についてなど)はまた次回。

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ベビービョルン【日本正規品保証付】 ベビーキャリア ONE⁺ Air ブラック 093125 エルゴベビー(Ergobaby) 抱っこひも おんぶ 装着簡単 オーガニック/ダークココア【日本正規品保証付】 CREGBCGBNTP 日本育児 おむつポット 本体 Ubbi インテリアおむつペール ホワイト お部屋においても違和感の少ないスタイリッシュなおむつペール