社会

反日=非難・差別対象? 水原希子が「日本人でないこと」を強調していたという悪質デマと、フィフィらの反応

【この記事のキーワード】
反日=非難されて当然? 水原希子が「日本人でないこと」を強調していたという誤報と、フィフィらの反応の画像1

水原希子公式ツイッターアカウントより(全文はこちら

  モデル・女優の水原希子が出演するサントリー・プレミアム・モルツのPR動画が添付されたツイートに、多数のヘイトツイートが送られていることを今月12日に紹介した。

水原希子出演プレミアム・モルツCMへのヘイトは4カ月前から行われていた。私たちが批判の声を挙げることに意味がある。

 騒動を知らない読者のために簡単にまとめる。水原はアメリカで生まれ2歳のときに日本の兵庫県神戸市に移り住んでいる。父親はアメリカ人で、母親は韓国人。本名はオードリー・希子・ダニエルだ。このコリアンルーツを持つ水原がサントリーのPR動画に出演していることが気に食わないレイシストが、ヘイトツイートを複数送っている、という話だ。しかもそれは、ヘイトツイートを放置するツイッター社日本法人への抗議が行われた98日以前、確認できる限り511日のツイートへのリプライにも見られた。おそらくそれ以前から水原はレイシストによるヘイトの被害にあってきたのだろう。

 しかし12日以降、他誌でも本件が報じられるようになると、水原にヘイトを浴びせるユーザーへの批判や、民族差別に反対する声が無数にあがるようになった。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか