エンタメ

シリーズ累計25万部突破! 10年代ケータイ小説の金字塔、『溺愛』はいかにして生まれたか。

【この記事のキーワード】
シリーズ累計25万部突破! 10年代ケータイ小説の金字塔、『溺愛』はいかにして生まれたか。の画像1

『溺愛(上)』(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)

 2000年代前半〜半ばにかけて大ブームを巻き起こし、不況の出版界にミリオンヒットを連発させたケータイ小説。「一過性のブームであり、今は見る影もない」と思われがちなジャンルですが、その見方はいささか乱暴です。「月間15億PVを誇るケータイ小説サイトを「廃れた」と言えるのか」でも書かせていただいた通り、ケータイ小説はまだまだ現役。『恋空』以降も、ケータイ小説界からは多数の書籍が生まれ、若年層を中心に、女性の心をつかんでいます。

 その中でも近年ヒットした作品の一つが、国内最大手ケータイ小説サイト「魔法のiらんど」から生まれた『溺愛』シリーズ(KADOKAWA2015〜)。双子の妹まりかの陰謀で全てを奪われた女子高生、ゆいかをヒロインとした恋愛物語で、シリーズ累計25万部をほこります。今回は、その作者である映画館さんにインタビューを行い、ケータイ小説の「今」について伺いました。『恋空』世代でありながら、ブーム真っ只中の頃はケータイ小説に興味がなかったという映画館さん。今熱心にケータイ小説を読んでいるのは、「出戻り」の人たちではないかと言います。

宮城谷昌光の中国小説から、いきなりネット小説へ。

小池 映画館さんといえば、我々ケータイ小説読みにとっては超メジャー級作家さんで、デビュー作である『溺愛』シリーズは累計25万部を突破しています。これは、読者層の比較的近いネット発ライトノベルや、児童書の各レーベルの人気タイトルと並べても遜色のない数字ですね。でも、メディアからの取材を受けるのはこれが初めてだとか。

映画館 そうです。「魔法のiらんど」サイト内でインタビュー記事を載せてもらったことはありますけど、外部の方から取材されたことはありません。

小池 このインタビューで、一般的なケータイ小説ユーザーとは違った層に映画館さんのことが紹介できそうで嬉しいです。まずは映画館さんの作家活動について質問させてください。ケータイ小説は、いつからお書きになっているんですか?

映画館 最初は読み専(作品を読むだけで、執筆はしないユーザーのこと)だったんですよ。読み始めたのは、産休を取っていた2011年くらいからですね。でも、最初に見るようになったサイトは、「魔法のiらんど」じゃなくて「エブリスタ」(※1)でした。当時持っていた携帯電話にアプリが初期インストールされていて、それがきっかけです。

(※1)DeNANTTドコモとの共同出資企業、株式会社エブリスタが提供する、小説やコミックなどの投稿コミュニティサイト

小池 それまでは、携帯やスマホで小説を読む習慣はなかった。

映画館 なかったですねえ。いちおう『恋空』世代ではあるんですけど、自分の好みではないなーと思って敬遠していました。もともと映画やTVドラマの方が好きでしたし。エブリスタにたどり着くまでは、小説は中国史の本くらいしか読んでいなくて……

小池 えっ、中国史? ですか?

映画館 宮城谷昌光さんの小説が好きなんですよ。あの、ノンフィクションっぽく書かれているけどフィクション、みたいな語り口が。私の小説も、そこは多少影響を受けているかもしれないです。

小池 なるほど……。映画館さんといえば濃厚な恋愛小説の書き手さん、というイメージが強かったので、いきなりの宮城谷昌光に動揺してしまいました。そこからいきなりエブリスタの小説へ、というのは面白いです。

映画館 ネット小説のいいところは、隙間時間にさくっと、そんなに深く考えなくても読めることですよね。特に子育てなんかしていると、そういうものの方が読みやすいです。宮城谷昌光さんの小説なんかは、腰を落ち着けて、じっくり読まないととても頭に入らないじゃないですか(笑)。

小池 それは本当にそうだと思います。でも、エブリスタではお書きにならなかったんですね。

映画館 そうなんです。一通り読んで、すぐ飽きちゃって。それで「エブリスタ」から「野いちご」(※2)へ、そこから「魔法のiらんど」へ、と流れ着いたんですよ。そうしたらここは好みにあって、ハマったんですね。不良もの、ヤクザものをよく読んでいました。でもそのうち、自分好みの作風の話はだいたい読み尽くしちゃって……。じゃあもう自分で自分が好きなタイプの話を書いてみるか、と。それが、書くようになった経緯です。

※2)スターツ出版株式会社が運営する小説投稿サイト。会員数は20161月時点で70万人(公式サイトより)。「魔法のiらんど」の250万人(2017年時点)に次ぐ規模を持つ。

1 2 3

小池未樹

ライター・漫画家。1987年生。大学卒業後、郷土史本編集、テレビ番組制作、金融会社勤務などを経て、2013年よりライター・編集者としての活動を開始。企画・構成に『百合のリアル』(著・牧村朝子)や『残念な政治家を選ばない技術—選挙リテラシー入門』(著・松田馨)、著書に『同居人の美少女がレズビアンだった件。』『家族が片づけられない』(井上能理子名義)などがある。最近猫が足りない。

twitter:@monokirk

サイト:http://mikipond.sub.jp

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち