社会

小児にわいせつ行為を繰り返していた男はかつて「シッターは天職だ」と語った/殺人シッター公判

【この記事のキーワード】
(C)高橋ユキ

(C)高橋ユキ

 20143月に埼玉県富士見市で発生したベビーシッターによる2歳男児殺害事件。逮捕された物袋(もって)勇治は同月14日、山田龍琥(りく)君(2)とその弟を預かり、龍琥君を殺害したとして殺人罪に問われている。しかし物袋が問われている罪はこれだけではなく、多くの乳幼児に対する児童ポルノ禁止法違反や強制わいせつ等でも起訴されていた。昨年6月に横浜地裁で開かれていた物袋に対する裁判員裁判の様子を、連続しリポートしていく。

第一回:『殺人シッター』と呼ばれた男の長い起訴状
第二回:2歳男児はなぜ死亡したか 真っ向対立した検察側・被告側の主張
第三回:乳幼児を預かるために被告人が画策した計画と、母親が夜間保育を必要としていた事情
第四回:引き渡し時、子供は「いやだー」「こわいー」涙をボロボロ流して泣いた
第五回:『未払い料金を回収するために子供を預かった』という苦しい言い訳
第六回:乳幼児たちの児童ポルノ製造等の行為は、実妹への長年の性的虐待ののちに始まった
第七回:乳幼児たちへの性的行為は「イジメによるトラウマのフラッシュバック」と説明

 

※本記事は、小児の性被害および、児童ポルノに関係するwebサイトの被告の閲覧履歴について詳細な記述を含んでおります。

 

 第8回公判では引き続き被告人質問が行われた。やはり物袋は児童ポルノ製造や強制わいせつに際し「トラウマがフラッシュバックした」という主張を繰り返す。預かった子供らのオムツを替える際に陰部を見たことが引き金となって、トラウマのフラッシュバックが起こるのだと説明を続けた。時に陰嚢や陰茎を持参の紐で縛ることがあったが、それも過去に自分がいじめられたことを引き合いに出し「自分もやられたから」という主張である。

 龍琥君とその弟B君に対するわいせつ誘拐罪についても検察官の質問が及びこんな問答が繰り広げられた。

検察官「フラッシュバックを起こしていたずらを踏みとどまったことはありましたか?」
物袋「なかったです」
検察官「龍琥君とB君を21回預かって、全て止まりですね。当時二人ともオムツを履いていた。預かりのたびに陰茎をみる機会がありましたね。そのときに半分以上フラッシュバックを起こして、性的いたずらをしていたんですか?」
物袋「だと思います」

 さらに質問は、龍琥君に対する殺人が行われたとされる預かりの直前、物袋が見ていたウェブサイトに続く。

検察官「Xさんから二人を預かったのは平成26314日。その数日前にどんなサイト見てたか覚えてる?」
物袋「細かくは……ちょと、あやふやです」
検察官「書面で示しますね。311日、このような『男児 おちんちん 子供 キンタマ アナル』という検索ワードで調べたサイトを見ている。なぜですか?」
物袋「さっきも言ったように、自分と同じ経験がある人という書き込みとかを見たかった」
検察官「預かる日の14日にも『男児キンタマ掴み』とか『ショタの骨頂』とか見ていますね。これも同じ理由?」
物袋「はい」

 側から見ると、乳幼児の陰部を見ることで過去のいじめのトラウマがフラッシュバックするというのなら、それを避けた方が心理的にも負担が軽いのではないかと感じる。にもかかわらず、物袋は自らそうしたコンテンツを見に行っていた。トラウマを刺激しかねない行為だがこれは彼の言い分としては「同じような辛い思いをしている人が書き込みをしているかもしれない」と、辛さを誰かと共有するためだったという。正直、不可解ではある。

 この「トラウマのフラッシュバック」についての物袋の主張を崩そうと検察官は奮闘した。かなり長い時間、この話題について追求を続けている。預かった乳幼児の写真の中には、パンツやオムツを物袋が手で下げたと思しきものもある。

検察官「あなた自身わざわざズボンを下げて露出させてるんではないですか? フラッシュバックしたから撮影したというのではないですよね?」
物袋「言ってる意味がわかんないです」
検察官「陰茎をわざわざ、ズボンを下げて露出してますよね。着替えでフラッシュバックしたんじゃなくて、あなたが子供の陰茎を見るためにズボンを下げたんではないですか?」
物袋「違います」

 そして話は再び実妹への性的虐待に移る。検察側は、実妹の失踪により物袋が性的虐待の矛先を向ける対象を失ったために、起訴事実である多数の乳幼児への行為を繰り返したとみているようだ。

検察官「妹さんへの性的なイタズラは平成15年から23年まで。妹さんは平成20年に成人しましたね。中学校以降、妹さんの裸を見る機会はいつありましたか?」
物袋「お風呂の時とか」
検察官「成人後もあなたが妹さんの裸を見る機会は?」
物袋「あったと思います。風呂や着替えの時とか……」
検察官「成人した妹さんが家の中で普通に裸になってたんですか?」
物袋「…………それはないです」
検察官「するとどうやって裸を見てたんですか?」
物袋「なぜ…………」
検察官「いつ見てたんですか?」
物袋「着替えてた時……」

 あまりにも物袋がしどろもどろ状態になったので裁判長が質問を引き継いだ。成人した妹は家族に見える場所で裸になるようなことはしなかった。にもかかわらず物袋はその裸を見ていた。どうやって見ていたのか、と、問いかける。するといよいよ答えなければならなくなった物袋は、さらにしどろもどろになりながら語り始めた。

物袋「……………ん〜………………着替えてる………ん〜、………………………着替えてるところを………………ん〜、なんていうのかな………なんて言えばいいのかな。同じ部屋では着替えてないんですけど、ドア閉めて着替えてるんじゃないんで、要は見えるっていうのかな」
裁判長「妹に内緒でこっそりのぞいてたっていう意味? こっそりドアの隙間から見てたの? そういうここと?」
物袋「ん〜………もっかい説明してもらっていいですか?」
裁判長「ドア閉めて着替えてるんでしょ。妹さんが。それなのにあなたは妹さんの裸を見ていたと。気づかれないように裸を見てたってこと?」
物袋「そうです」

1 2 3

高橋ユキ

傍聴人・フリーライター。2005年に傍聴仲間と「霞っ子クラブ」を結成(現在は解散)。著作に「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(高橋ユキ/徳間書店)など。好きな食べ物は氷。

twitter:@tk84yuki

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。