ライフ

「ちょっとしたズボラ」を肯定するロバート秋山出演動画が評価されることに、日本の惨状が現れている

【この記事のキーワード】
「ちょっとしたズボラ」を肯定するロバート秋山出演動画が評価されることに、日本の惨状が現れているの画像1

グリコ アーモンドピーク Presents ロバート秋山『マイクロズボラ』WEBムービーより

 お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が出演している、グリコ・アーモンドピークの広告動画が話題になっている。918日に公開された直後から注目されている動画のためすでに視聴している読者も多いだろう。

 この動画では、胡散臭いプロデューサーのような格好をした秋山(背景や設定などから、神のポジションにいるようにも見える)が、「マイクロズボラ」と称する、家事育児に関する様々なちょっとしたズボラをひたすら肯定している。動画内で取り上げられているマイクロズボラをすべて羅列する。

1.靴下を足で脱いでいい
2.洗った手をシャツで拭いていい
3.もやしのヒゲをとらずに炒めていい
4.玄関の靴を揃えるのは来客時だけでいい
5.干している服をそのまま着ていい
6.鍋敷きは新聞でいい
7.(開いた引き出しを)お尻で閉めていい
8.お徳用の塩(と砂糖)を袋から直に使っていい
9.黒い靴の修理は油性ペンでいい
10.(破れた障子を直すときなど)だいたいのことはとりあえずセロファンテープを使えばいい
11.SNS映えする幸せ家族の写真を撮らなくていい
12.給食袋、体操袋、上靴袋は(自分で縫わないで)スマホでポチッと(購入)していい

 これに加えて、「(やるべき家事を放置して)とりあえず寝る」という「ビッグズボラ」も肯定されていた。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

家事労働ハラスメント――生きづらさの根にあるもの (岩波新書)