エンタメ

石田ゆり子や深津絵里が「結婚しない」のは摩訶不思議なことですか?

【この記事のキーワード】
左:石田ゆり子公式instagramより、右:深津絵里オフィシャルサイトより

左:石田ゆり子公式instagramより、右:深津絵里オフィシャルサイトより

 2015年の国勢調査報告を元に算出された、2015年の生涯未婚率(50歳になった時点で一度も結婚を経験していない人の割合)は、男性23.37%、女性14.06%(国立社会保障・人口問題研究所『人口統計資料集(2017改訂版)』より)。つまり、2015年の段階で、男性の45人に1人、女性の7人に1人が、50歳になった時点で一度も結婚を経験していないということである。

 国勢調査は5年ごとに行われているが、生涯未婚率は年々上昇しているわけで、地域差はあれど、もはや、結婚をしない人の存在は特に珍しくないものとなっていると考えられる。結婚しない人が増えると少子高齢化が加速するじゃないか、と危惧する声は大きいが、しかし、みんなが結婚している社会は正常ではなくむしろ異常であると指摘する声にも耳を傾けたい。コラムニストの荒川和久氏は著書『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 』(PHP新書)にて、「むしろ、今思えば、高度経済成長期、ほぼ100%が結婚していた皆婚社会のほうこそ、長い日本の歴史の中でも異質なものであり、異常だったとみなした方が自然なのである」と見解を述べている。

 そもそも大前提として、結婚する・しないは当人の自由だ。

 にもかかわらず、「結婚するのが普通」と見なす風潮は依然根強く、「結婚していないのはその人に何か欠陥があるのでは」と後ろ指をさされる社会傾向はまだ残っている。しかも、そういった時代錯誤な固定観念に人が縛られることを、時代を牽引する存在であるはずのメディアが後押ししている場合もあり、非常に残念だ。見出しも主旨も、「結婚しないなんて変」という偏見に基づいている記事の例を紹介する。

独身なのが不思議な美女ベスト10。3位は鈴木京香・49歳…(女子SPA!)

 <独身なのが不思議な美女>だ。「結婚するのが普通」であるうえ、「美女ならなおさら、男性から求められるものだから結婚しているに違いない」、「結婚していない美女がいることは不思議でならない事象だ」と無邪気に信じている人がいるのだろう。美女なのに“適齢期”を過ぎても独身である以上は、特殊な主義主張を持っているか、性格などに難があるか、「男運が悪い」か……と、邪推されるものである。その空気はごく自然に私たちのまわりに漂っていて、疑問を持たずに生きていくことも可能だけれど、息苦しさを覚える人も相当数いるはずだ。

 本文冒頭には、<結婚する・しないは個人の選択ですが、仕事が忙しすぎてタイミングが合わないのか、それとも譲れない理想があるのか……。「なぜ未婚なんだろう?」と思う人を調査しました。 アラフォー以上の美女を女子SPA!編集部が26名ピックアップし、30代女性200名を対象にアンケートを実施>と記事の概要が記されている。結婚経験のないアラフォー以上の美女(女性芸能人)をピックアップして、『独身と聞いて「不思議だ」と感じる女性有名人は誰ですか?』と質問するような調査内容は、不遜だし例の空気をいっそう濃くしているように思える。このような調査を行って発表すること自体、「結婚しない人にはおかしな理由があり、結婚する人が普通で正常」という先入観を強化していく。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

深津絵里のblack comedy ブラコメ DVD 大人のMake Book (美人開花シリーズ)