社会

殺人シッター公判/実妹の剃毛をした息子を見て見ぬ振りした父・乳児殺害事件を「事故だった」と言う母

【この記事のキーワード】
(C)高橋ユキ

(C)高橋ユキ

 20143月に埼玉県富士見市で発生したベビーシッターによる2歳男児殺害事件。逮捕された物袋(もって)勇治は同月14日、山田龍琥(りく)君(2)とその弟を預かり、龍琥君を殺害したとして殺人罪に問われている。しかし物袋が問われている罪はこれだけではなく、多くの乳幼児に対する児童ポルノ禁止法違反や強制わいせつ等でも起訴されていた。昨年6月に横浜地裁で開かれていた物袋に対する裁判員裁判の様子を、連続しリポートしていく。

第一回:『殺人シッター』と呼ばれた男の長い起訴状
第二回:2歳男児はなぜ死亡したか 真っ向対立した検察側・被告側の主張
第三回:乳幼児を預かるために被告人が画策した計画と、母親が夜間保育を必要としていた事情
第四回:引き渡し時、子供は「いやだー」「こわいー」涙をボロボロ流して泣いた
第五回:『未払い料金を回収するために子供を預かった』という苦しい言い訳
第六回:乳幼児たちの児童ポルノ製造等の行為は、実妹への長年の性的虐待ののちに始まった
第七回:乳幼児たちへの性的行為は「イジメによるトラウマのフラッシュバック」と説明
▼第八回:小児にわいせつ行為を繰り返していた男はかつて「シッターは天職だ」と語った

※本記事は、小児の性被害および、児童ポルノに関係するwebサイトの被告の閲覧履歴について詳細な記述を含んでおります。

 201674日の公判では引き続き物袋の両親に対する尋問が行われた。物袋という男を家族はどう見ていたのか、どんな子供時代を送っていたのか、実妹への性的虐待を知っていたのか、そして事件については、物袋と同じように、彼がやっていないと信じているのか。知りたいことはたくさんある。

妹への性的虐待を、父は問題視しなかった

 まず証言台の前に立った物袋の実父は、紺色のスーツにメガネをかけた普通のおじさんだった。会社員だというが、確かに着慣れた感じのスーツはくたびれている。声はこもっていて、かなり聞き取りづらい。子供時代の物袋について弁護人から尋ねられ「え〜、気が小さく、おとなしい子でした」と答えた。小学校時代は「コミュニケーション能力が低く落ち着きがない」と先生から言われたことがあり、勉強はあまりできる方ではなかった。そしてこの事件の引き金だと物袋が話す中学校時代のいじめの話に移る。

弁護人「息子さん、少年時代にいじめを受けていたのは事実ですか?」
実父「知りませんでした」
弁護人「どんなこときっかけで知りましたか?」
実父「事件が発覚して、記者がうちに来て、そう言う話を聞かれたので……
弁護人「息子さんからはいじめのことを聞いたことは?」
実父「なかったです」
弁護人「どうして言わなかったんだと思いますか?」
実父「心配かけたくなかったんではないかと思います」

 当時、いじめに気づいていなかったという実父。いじめの存否がまた疑わしく感じられるが、弁護人は、いじめはあったものとして話を進める。次には、物袋が小さな子供に性的興味を抱いていることについても質問が飛んだ。

弁護人「思い起こす出来事はありますか?」
実父「仕事から帰った時、布団から男の子と一緒に出て来たことがありました。小学校……3年生の頃じゃなかったかと思います。同じ年の男の子です。何やってんの、というぐらいで声をかけました」

 質問は、もうひとつの大きな事件の引き金である実妹についても及んだ。かつて、物袋を実妹とのことでひどく叱ったことがあるのだという。

実父「妹の下の毛を剃ったということがありまして、怒りました。娘が20歳前後の頃です」

 実妹が20歳前後となると物袋はすでに成人している。実妹が自ら、父親に被害を申告したのだろうか。かなり深刻な事態だと思われるが、実父は淡々と語る。

実父「息子はやってないとは言ってた。娘を問い詰めたところ、お兄ちゃんにやられた、と言ってました」

 この実妹への性的虐待についての質問はサラッと切り上げられた。また物袋が実妹の着替えを覗いていたことに関しては「脱衣所とトイレが同じ場所にある、アコーディオンカーテンを置いていましたが壊れて開けっ放し。息子の部屋は脱衣所の目の前で開けるとすぐに見えるんです」と、間取りを理由に物袋をかばうかのような弁解をした。そんな娘にとって困る状態が長く続いていたわけだが実父は「子供は2人だしそんな気にしたことなかったです」などと語っていた。また、物袋が一時期保育園で働いていたこと、実家を出てさいたまのマンションでシッターをやっていたことは知らなかったという。老後の積立金を、被害者の一部の方におわびとして支払ったことも明かされた。

 質問者が交代し、検察官が実父に質問を始めた。やはり、物袋が妹の陰毛を剃ったことについて質問が飛ぶ。

検察官「家の中で息子が娘の陰毛剃ったんですよね。何かあなたはしましたか?」
実父「怒って殴りました」
検察官「いつからしてたのか聞きましたか?」
実父「聞いてないです。それ以降、声をかけましたが娘は話さなかった」
検察官「なぜ、いつからしてたのかと聞かなかったんですか?」
実父「思ってもみなかったです」

 頼りない父親である。実妹は一度家を出たのち、さらに引越しをして、家族から姿を消したのだというが、それについてもこんな調子だった。

実父「うちを出たのは、まあ、息子と一緒にいたくないというのはあったんですが、朝早くて時間に間に合わないというのありました。当時は引越しの手伝いをしたりしてました」
検察官「でもなぜそれ以降の居場所が分からないんですか?」
実父「そこも出て行ったんです」
検察官「その後なぜ分からなくなったんですか?」
実父「私にもわかりません」

 普通の身なりで淡々と答えながらも異様な家族の形が浮かび上がる。家族は物袋が妹に性的虐待を加えていることを知っていたが大きな問題とは捉えていなかった。それが最も異様である。さらに休廷をはさみ、実母の尋問が始まった。ここから、実父の尋問以上に異様な問答が繰り広げられてゆくことになる。

1 2

高橋ユキ

傍聴人・フリーライター。2005年に傍聴仲間と「霞っ子クラブ」を結成(現在は解散)。著作に「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(高橋ユキ/徳間書店)など。好きな食べ物は氷。

twitter:@tk84yuki

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。