連載

「リボ払い」は終わらない返済の旅の始まり オプションに隠された「いつの間にかリボ」の罠に気をつけて!

【この記事のキーワード】
「リボ払い」は終わらない返済の旅の始まり オプションに隠された「いつの間にかリボ」の罠に気をつけて!の画像1

生き延びるためのマネー/川部紀子

 こんにちは! ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。

 最近、立て続けに同じような嘆きの声が届きます。クレジットカードの返済が意に反して「リボ払い」になっていたというのです。「リボ払いはやめた方がいいらしい」という認識はあるため、会計の際には店頭やネットショッピングの購入手続きで「一括」、「○回払い」、「ボーナス払い」と指定しているにも関わらず、実はリボ払いになっていたということだそうです。

 久しぶりに明細を見て、支払うべき残高が何十万円にもなって気が付いたとか、会計の際に「このカードは利用できません。」と言われ、利用可能な限度額に達していることに気が付き、同時にリボ払いになっていたことを知ったなど、青ざめるような金額になってから気が付いている人が続出しています。

なぜ「いつの間にかリボ」は起こるのか

 冒頭の事例を読んで、「バカだなぁ」と思っている人も多いと思いますが、そんなこともありません。なんと、あの勝間和代さんも、リボ払いになっていたことに気が付かず、半年くらい手数料を払っていたことを告白しています。これはもう、バカにできる事態ではありませんよね。

 さて、どうして意に反してこういうことが起こっているのかを解説します。

 クレジットカードを作る特典として、「最大6000ポイントをプレゼント」などという広告を目にしませんか? 1ポイント1円だとすると、現金6000円と同じ価値になる、ということですからお得であることは間違いありません。ここで重要なのは「最大」という文言です。○○に申し込むと2000ポイントプラス、というふうに加点されていき最大6000ポイントもらうことが可能という仕組みです。その○○の中に「リボ払い」が入っていることがあるのです。ポイント欲しさに、ついここにチェックを入れてしまうと、手元に届いたカードの設定が「リボ払い」になっているのです。

 こうなると、会計の際に「一括」を指定しても、カード会社でリボ払いに変換されてしまいます。これに利用明細を見て初めて気が付くというわけです。

 また初期設定がリボ払いのカードも存在します。この場合は、いつの間にかどころか「最初からリボ」です。

 こうして、「リボ払い」はなんとなく怖そうなので利用しない、という考えの人の身にも「いつの間にかリボ」は起こり得るのです。

1 2

川部紀子

ファイナンシャルプランナー(CFP® 1級FP技能士)。社会保険労務士。1973年北海道生まれ。大手生命保険会社に8年間勤務し、営業の現場で約1000人の相談・ライフプランニングに携わる。その間、父ががんに罹り障害者の母を残し他界。自身もがんの疑いで入院する。母の介護認定を機に27歳にしてバリアフリーマンションを購入。生死とお金に翻弄される20代を過ごし、生きるためのお金と知識の必要性を痛感する。保険以外の知識も広めるべく30歳でFP事務所起業。後に社労士資格も取得し、現在「FP・社労士事務所川部商店」代表。お金に関するキャリアは20年超。個人レクチャー、講演の受講者は3万人を超えた。テレビ、ラジオ等のメディア出演も多数。近著に『家計簿不要!お金がめぐる財布の使い方』(永岡書店)がある

twitter:@kawabenoriko

サイト:FP・社労士事務所 川部商店 川部紀子】

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

家計簿不要! お金がめぐる財布の使い方