連載

『奥様は、取り扱い注意』ワケアリ主婦・綾瀬はるかと普通すぎる夫・西島秀俊に妄想を掻き立てられる新感覚ドラマ

【この記事のキーワード】

 原案、脚本は『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』や『SP 警視庁警備部警護課第四係シリーズ』(ともにフジテレビ系)で知られる金城一紀。最後まで観る側に新しい妄想を提供してくれる飽きない展開が仕掛けられているんだろうな、と期待せずにはいられません。

 妄想といえばもうひとつ。夫役の西島秀俊が普通すぎてかっこいい……。最近のドラマでは、飛んだり跳ねたり、殴ったりしている西島さんしか見ていませんでした。それだけに、『奥様は、取り扱い注意』のスーツ姿で「ただいま」と普通に帰ってくるシーンは、もうあれですね、ちょっとしたご褒美スイーツ。

 ただ前出の脚本家・金城さんが西島さんを普通の人で終わらせるわけがありません。ひょっとしたら勇輝(西島)は、菜美を最終的に確保するための工作員で映画『Mr. & Mrs. Smith』のように最終的には夫婦で銃撃戦をするような展開が!? というのはスナイパー小林予測。それほどいろいろな想像をさせてくれる、新しい感覚のドラマなのです。第一話、おもしろかった!!

1 2

スナイパー小林/小林久乃

文筆家、編集者、エンタメ&テレビドラマ評(コラム)からの愛酒家。出版社2社で女性ファッション雑誌、情報誌の編集部員を経て、まんまとフリーランスに。ライターの先生や地方で講演と楽しいおしゃべり仕事もしてます。静岡県浜松市出身。アラフォーで正々堂々の独身を誇る…。

@hisano_k

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

僕の彼女はサイボーグ