社会

女性たちと性的マイノリティは共闘できる。「道徳的保守と性の政治の20年 LGBTブームからバックラッシュを再考する」レポート

【この記事のキーワード】
女性たちと性的マイノリティは共闘できる。「道徳的保守と性の政治の20年 LGBTブームからバックラッシュを再考する」レポートの画像1

公開研究会『道徳的保守と性の政治の20年—LGBTブームからバックラッシュを再考する』より

去る8月5日、東京大学・清水晶子さん(フェミニズム/クィア研究)の司会のもと、「道徳的保守と性の政治の20年 LGBTブームからバックラッシュを再考する」という公開研究会が開かれました。遠藤まめたさん(「やっぱ愛ダホ!idaho-net」呼びかけ人代表)飯野由里子さん(東京大学、クィア研究/ディスアビリティ研究)山口智美さん(モンタナ州立大学、フェミニズム研究)からの発表がwezzyで順次紹介されてきました。

「男女共同参画社会基本法」が1999年に施行された後、女性運動に対するバックラッシュが激化しました。「LGBTブーム」と言える現在、バックラッシュの過去を再検証し、女性同様に、身体や社会的地位における権利保障を求める性的マイノリティに関する運動にどう活かすか、というまとめが清水さんによって話されました。当日欠席で、発表代読のみだった遠藤さんを除く三名がくりかえし指摘するのは、清水さんがまとめで表明されていたように「かつてのバックラッシュ勢力と現在の保守政治グループは同じ」ということ。その後、客席側との質疑応答が行われました。学者らアカデミアの人々が、ジェンダーや、それらにまつわる政治について精緻に議論することの意義と、一般に広がる可能性を探る必要を感じさせられる内容でした。

道徳的保守と性の政治の20年—LGBTブームからバックラッシュを再考する

ポストトゥルース時代に、性の問題を改善するためにできる3つのこと
反性差別と「性別二元論」批判を切り離したフェミニズムの失敗を繰り返してはいけない
フェミニズム・性的マイノリティを攻撃する保守勢力は、20年前から変わらない
女性たちと性的マイノリティは共闘できる。「道徳的保守と性の政治の20年 LGBTブームからバックラッシュを再考する」レポート

「普通の人々」にメッセージを届けるために必要な地道な議論

 基本法によって、ある程度女性の社会進出が後押しされたところもあるでしょう。しかし、犠牲になったものもあったかもしれず、山口智美さんは、この法律の前文に少子化が記載されたことも問題だったと指摘されています。これはつまり、国政が女性の身体に介入する可能性がある、ということです。

 山口さんは、この男女共同参画社会基本法を上手く活用し、女性に平等な権利がもたらされたか? 派生する法律や地方の条例がどういう影響を及ぼしたか? そういった検証がされていないのではと懸念します。

 「女性の健康に関する包括的支援法案」は2014年、16年と二度も国会に提出され、また再提出される可能性があり、「家庭教育支援法案」の提出も予想されます。このように女性の権利を侵害しかねない国の動きは続いています。また、安倍政権が本年8月に改造した内閣(第3次安倍第3次改造内閣)では、女性活躍担当が野田聖子氏、男女共同参画、一億総活躍が松山政司氏、働き方改革が加藤勝信氏など、担当大臣がそれぞれ別で、女性やマイノリティの権利保障が軽視されている可能性も山口さんは指摘します。

 ではどうすれば運動として広がるのか。この課題は、LGBTコミュニティやフェミニズムの運動側でも宗教的/道徳的保守側でもない、いわゆる「普通の人々」についてどう考えるか? という会場からの質問にも通じます。宗教保守の人たちを変えるのはむずかしい、けれど地道に議論を重ねれば、それ以外の人たちにはメッセージが届く可能性がある、と山口さんは答えます。

 別の参加者からは、稲田朋美氏がかつて「性的指向・性自認に関する特命会議」でサンフランシスコでの慰安婦像設置の動きについて視察中に「現地のLGBT団体が日本を支持してくれた」と発言したことを引き、「普通の人」を取り込むバックラッシュ側の動きについて言及がありました。

 山口さんはまず、バックラッシュをする保守の人たちも、別に特殊な人たちということはなく、いたって「普通の人」たちだ、という注意を喚起します。さらに「海外在住の日本人コミュニティでは、例えば日系企業がやっているゴルフコンペに行き、そこで慰安婦像反対の署名を、と言われるなどもあるといいます。興味がなくてもそこから逃げるのは難しい」という例も山口さんは話します。これは同調圧力と言えます。さらに、海外の日本人は日本の状況をネットで追うことが多いけれど、そこには右翼や保守派の言説、情報があふれている。こうしたネット上の動きなどにも地道に批判し、しっかり対抗しないといけない、と草の根的な動きの必要性も訴えます。

1 2 3

鈴木みのり

1982年高知県生まれ。集英社『週刊プレイボーイ』編集者にナンパされ、2012年より雑誌などに記事を寄稿しはじめる。2017年より『週刊金曜日』書評委員を担当。第50回ギャラクシー賞奨励賞受賞(上期)ドキュメンタリー番組に出演、企画・制作進行協力。利賀演劇人コンクール2016年奨励賞受賞作品に主演、衣装、演出協力などを担当。2012年よりタイ・バンコクでSRSを受けるMtFを取材中。(写真撮影:竹之内裕幸)

twitter:@chang_minori

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

LGBTを読みとく: クィア・スタディーズ入門 (ちくま新書1242)