社会

長谷川豊の「自業自得の透析患者を殺せ」という主張に変化なし。「8割の女はハエ」「60歳以上は選挙権剥奪」発言も

【この記事のキーワード】
長谷川豊の変わらない「自業自得の透析患者を殺せ」という考え。「8割の女はハエ」「60歳以上は選挙権剥奪」発言も。の画像1

長谷川豊公式ブログより

 第48回衆院選が10日に公示された。街には候補者のポスターが貼られ、選挙カーが走り回っている。東京都知事・小池百合子氏が代表を務める希望の党の結成、民進党の希望の党合流、立憲民主党の立党……政局は日々めまぐるしく変化している。

 そうした中、日本維新の党からの公認を受け、千葉1区から出馬した元フジビテレビアナウンサーの長谷川豊氏がウェブの一部で話題となっている。おそらく多くの読者は周知のことだろうと思うが、国会議員を決める需要な選挙を前に、改めて振り返っておきたい。

 何より記憶に残っているのは、2016919日付に掲載された「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」というタイトルのブログ記事と、その後の騒動だろう(該当記事はその後、「医者の言うことを何年も無視し続けて自業自得で人工透析になった患者の費用まで全額国負担でなければいけないのか?今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」に改題されている)。

 公開後、すぐさま批判が殺到した本記事だが、その後も長谷川氏は「余りの低レベルな言葉狩りに戸惑っています」、「繰り返す!日本の保険システムと年金システムは官僚から取り上げ民間に落とせ!」といった投稿を繰り返す。同月25日には「全腎協が私の抗議文を送ったそうだ。結論から申し上げるが、謝罪と訂正を断固拒否する。というか「出来ない」。その理由。」という記事を掲載し、謝罪や訂正の拒否もしていた。

 当然、批判の声はなりやまい。結果的に長谷川氏は担当していた全ての番組を降板することになる。

 また、降板前に出演していた東京MX『バラいろダンディ』の番組冒頭では、以下のような発言をしている。

「先日、私が自身の個人的なブログ内で書きました人工透析患者の方に関する記事にまつわりまして、大変多くの方々に多大なるご迷惑をおかけしております。大変申し訳ございませんでした。特に今現在、人工透析の治療を受けてらっしゃる患者の方々、そしてその方々を支えてらっしゃるご家族の皆様方、関係者の方々を深く傷つける表現をしてしまったことに関しては、全面的に私のミスです。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。心よりおわび申し上げます」

しかしこれは「深く傷つける表現をしてしまったこと」への過失を認めているのであって、ブログ記事の主旨に対する謝罪ではない。

 その後、長谷川氏は騒動が収まった頃に、本件について言及するツイッターユーザーに対して「透析患者を殺せとは言っていない。他の患者に迷惑をかけるレベルの不良患者に書いている」といったリプライも送っていた。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ネット炎上の研究