家族

スマホ育児は危険か―子育て親の不安を煽り、バッシングを招く「0歳児の2割、ほぼ毎日スマホ」という表現

【この記事のキーワード】
Photo by freestocks.org from Flickr

Photo by freestocks.org from Flickr

 ベネッセ教育総合研究所が、今年3月に実施した調査『2回 乳幼児の親子のメディア活用調査』の結果について発表した。

 本調査は、2013年に実施した『第1回 乳幼児の親子のメディア活用調査』に続く第2回。調査時期は、20173月。調査対象は、東京・神奈川・千葉・埼玉に在住の06カ月~6歳までの乳幼児をもつ母親3400名だ。調査項目は、家庭でのメディア所有状況や子供の1週間のメディアの使用頻度や時間、保護者自身のメディアの使用状況、地域との付き合い、子育て意識など。調査方法は、インターネット。「2013年の調査から4年が経過している本調査では、この4年間で生じた母親と乳幼児を取り巻くメディア環境の変化を捉えた」とのことである。

 同研究所の発表によると、次のような調査結果が出ている。

(1)スマートフォンは、乳幼児の母親の9割超が使用している(0歳後半~6歳児の子どもをもつ母親のスマートフォン使用率は、2013年:5→ 2017年:92.4%)。

(2)乳幼児の約2割が、スマートフォンに「ほとんど毎日」接しており、1日あたりの使用時間は約7割が15分未満(0歳後半~6歳児がスマートフォンに接する頻度と時間・「ほとんど毎日」使う(見る)割合は、2013年:6→ 2017年:21.2%。平日1日あたりの使用時間が15分未満の割合70.2%)。

(3)乳幼児の生活時間をみると、メディアに接する時間と、外遊びやおもちゃ遊びなどメディア以外の活動時間とのバランスは崩れていない(0歳後半~6歳児の外遊びや散歩の時間は、約7割が11時間以上。おもちゃで遊ぶ時間は約8割が11時間以上。一方、メディアごとの視聴時間は、テレビを除き約59割が115分未満。全体的なバランスは4年前と比較して大きく変化していない)。

(4)第1回調査(2013年)と比較して、スマートフォンが子育ての多くの場面で使用され 親子のコミュニケーション手段として一定の役割を担うようになった。(携帯電話やスマートフォンなどでさせること(「よくある」「ときどきある」の合計)は、「写真を見せる」4%、「母親や子どもが撮った動画を見せる」76.2%で、「ゲームをさせる」は226%。また、「親が家事で手をはなせないとき」にスマートフォンを使わせる割合は、2013年:7.7→ 2017年:15.2%)。

(5)母親は、子どもの過度なメディア利用については懸念を示しており、一定の配慮や工夫をしながら使わせている(子どもがスマートフォンを使う場合の主な工夫としては、「長時間見せない」「使用させない環境をつくる」「親と一緒に使う」「使う機能を制限する」が挙がっていた)。

 これらの結果について同研究所は、少子化が進行し、また乳幼児が幼稚園や保育所以外の場で友だちと過ごす割合が減少し、母親とのかかわりが密になっていること、一方で地域や祖父母世代からの育児協力や知識の伝達は減少傾向にあること、実際乳幼児は言葉の発達が十分ではなくコミュニケーションの取り方に悩む母親が多数いることを挙げ、スマートフォンが子育ての場面において広く利用され親子の時間をつなぐ身近なツールとなっていることを指摘。また、家事の最中など、これまでテレビやビデオ視聴に使われていた時間がスマートフォンの利用時間に代わる傾向もあるという。そして、子供がスマートフォンなどの各種メディアに接する際、使用時間や環境などに母親が配慮している傾向があるとも見ている。

 つまり、この調査結果からは、「スマホ育児=危険」というメッセージは出てこない。乳幼児の母親の大多数はスマホを使うし、それに伴い乳幼児とスマホの接触もあり得ているが大抵は短時間に過ぎず、他の活動時間(遊びや散歩)に影響するほどのことではない。母親のほとんどは乳幼児のスマホ利用に配慮しており、乳幼児にスマホを与えて長時間放置しているわけでもなく、過度に心配しなくとも大丈夫そうだ。一方で、この手の調査はやはり「母親」が対象なんだな……とも思ったが、現状、ほとんどの乳幼児が父親より母親とより多くの時間を過ごしている以上、致し方ないのかもしれない。

 だがしかし、1025日の朝日新聞では、本調査の結果が「スマホ育児=危険」のメッセージに刷りかえられてしまっているように受け取った。

0歳児の2割、ほぼ毎日スマホ

 調査結果概要の(2)の一部だけを切り取ったような見出しに疑問を覚える。この見出しだけで、「0歳児に毎日スマホを与えている親がいるなんてありえない……」と誤解や偏見を助長しかねないし、乳幼児を育てている家庭は「スマホは子供に悪影響なのかな」と不安を覚えてしまうだろう。記事本文は、<0歳児の20%がほぼ毎日スマートフォンで動画や写真を見ている――>という冒頭から<スマホを持っていた924%の中で、「子どもは家庭で1週間あたりどれぐらい見たり使ったりしているか」を尋ねたところ、「ほとんど毎日」と答えた0歳児の親は200%(前回調査35%)いた>として、以下、他の対象年齢児童の「ほとんど毎日」スマホ使用している割合を羅列、<すべての年齢で前回調査を上回った>としている。

 しかし前回調査から4年が経過し、社会全体でのスマホ保有率そのものが上がっているであろうこと、乳幼児を持つ家庭でのスマホ保有率も前回調査では60.2%だったのに対して今回は92.4%とおよそ1.5倍に上がっていることについては考慮がなく、<1日あたりの使用時間は15分未満が最も多く、702%(同876%)>であることは伝えつつも、「乳幼児の生活時間をみると、メディアに接する時間と、外遊びやおもちゃ遊びなどメディア以外の活動時間とのバランスは崩れていない」ことや、「親は、子どもの過度なメディア利用については懸念を示しており、一定の配慮や工夫をしながら使わせている」ことについては一切触れられていない。これでは、調査結果の内容が正しく伝わらないのではないかと残念に思う。いや、残念を通り越して、怖い。こうやって誤解が生まれ、テレビのワイドショーやバラエティ番組で拡散され、“イマドキの母親”がバッシングされる流れができていくのではないか。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

スマホケース 手帳型 404kc ケース 手帳型 8152-A. デザインA digno c 404kc ケース DIGNO C 404KC サクラクレパス 柄 クレヨン 柄 クーピー 柄 ディグノ シー