エンタメ

『伊藤くんAtoE』の魅力は「ミソジニー」を乗り越えることにある。女同士がいがみ合うバカバカしさに気づかせる「伊藤くん」というクズ

【この記事のキーワード】
『伊藤くんAtoE』の魅力は「ミソジニー」を乗り越えることにある。女同士がいがみ合うバカバカしさに気づかせる「伊藤くん」というクズの画像1

『伊藤くんAtoE』公式サイトより

 2018年の初春に映画公開が決まっている『伊藤くんAtoE』(柚木麻子原作)のドラマが今月、最終回を迎えました。このドラマは、「伊藤くん」という男性が、世のクソ男のの寄せ集めのように描かれているからこそ、そこから気づくことがあるという、魅力的な作品でした。

 主人公の女性脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)は、あるイベントの参加特典として、抽選で選ばれた女性たちの恋愛相談をすることに。最初はその企画を嫌がっていた莉桜ですが、相談を希望する女性たちのアンケートに「伊藤くん」という同じ名前の男性が書かれていることに興味を持ち、彼女たちから「伊藤くん」とのエピソードを聞きながら、脚本を書いていく、というのがこのドラマの物語です。

 莉桜に相談する人として選ばれたのは、鞄のショップに務める島原智美(佐々木希)、アルバイトをしながら学芸員としての働き口を探している野瀬修子(志田未来)、ケーキショップでアルバイトをしている相田聡子(池田エライザ)、大学院を目指している高学歴処女の神保実希(夏帆)の4人。それぞれが語る「伊藤くん」とのエピソードは、回を重ねるうちに徐々に繋がっていくという設定になっています。

 ドラマ化に際しては、原作にはない大きな設定の変更がみられました。ドラマでは脚本家の莉桜がひとつの核となって、4人のことを取材しながら物語を紡いでいくというものになっていますが、原作にはこうした設定がありません。また「伊藤くん」という存在が何者なのか、という謎を解いていくという要素もありませんでした。

 こうした変更は、ドラマの一話目の脚本家が、『桐島、部活やめるってよ』の脚本を担当した喜安浩平さんであることも大いに関係があるような気がしてきます。原作のエピソードを壊さないようにうまく抽出して再構築する手腕、うますぎます。そこに、数々の恋愛映画や『火花』などを手掛ける廣木隆一さん総合演出をしたとなれば、このドラマのおおまかな空気づくりは、喜安さんや廣木さんらからスタートしていると考えてもいいのではないかと思われます。もちろん、ドラマは一話ごとに脚本や演出は変わりますから、企画趣旨の統率がうまくとれていたということも大きいでしょう。

 しかも、ドラマで描かれる「伊藤くん」は、劇中の脚本家・莉桜の頭の中にしかイメージがないわけだから、誰をキャスティングしてもいいわけです(エピソード毎に伊藤くんを演じる役者が変わっています)。だから「この伊藤くんは、こいつかもな」と思える人を脚本家が自由に選べる。そのことで、いろんなキャストが演じる「伊藤くん」を見られるわけだし、「伊藤くん」がどんな人なのか、よりわからなくなっていく、という謎解き要素まで加わっていくわけです。やっぱりドラマの企画として巧すぎます。

1 2 3

西森路代

ライター。1972年生まれ。大学卒業後、地方テレビ局のOLを経て上京。派遣、編集プロダクショ ン、ラジオディレクターを経てフリーランスライターに。アジアのエンターテイメントと女子、人気について主に執筆。共著に「女子会2.0」がある。また、 TBS RADIO 文化系トークラジオ Lifeにも出演している。

twitter:@mijiyooon

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

伊藤くんA to E (幻冬舎文庫)