連載

ケータイ小説のポエムは、「あなたの物語」という安全な世界を創造する

【この記事のキーワード】
(c)小池未樹

(c)小池未樹

 そもそもケータイ小説とは何か。その問いから前回は、まずケータイ小説というのは「なんとなくポエム的な体裁」をとるものである、という話をした。今回はその続きとして、「じゃあそのポエムっていったい何なのか」と、「ポエムがケータイ小説で果たす役割とは何か」、を考えてみたい。

ポエムとは「なんかふわっとした言葉」。

 「ポエム」とはなんだろう。

 言葉の本来の意味はもちろん「詩」なのだが、ことネット上において、「ポエム」というのはもはや「詩」を意味しない——そう言っても過言ではない気がする。じゃあ何を意味するのかというと、抽象的な言葉、「なんかふわっとした言葉」という程度の意味あいが強いのではないだろうか。少し前のことだが、ビジネス系メディアには、こんな記事が書かれたこともある。

・自己陶酔な方へ、「ポエムの対義語は自虐です」 ネットにポエムを書きまくる4つのグループとは? 

 >何かを語っているようで何も語っていない抽象的な言葉が、政治やビジネス、ネット、J-POP界隈に蔓延している。(上記事より)

 「何かを語っているようで何も語っていない抽象的な言葉」。それが、この記事が示す「ポエム」であるようだ。ボードレールが聞いたらブチギレるかもしれないが、ネットスラングとしてのポエムとpoèmeは違うんだということで許してもらうほかない。

 ある文章群を見て、「何も語っていない」と——「ふんわりしている」と思うのはどうしてだろう? 簡単だ。「具体的でない」からである。

1. 「大政奉還とは、江戸時代末期の慶応31014日に江戸幕府第15代将軍徳川慶喜が政権返上を明治天皇に奏上し、翌15日に天皇が奏上を勅許した政治的出来事である」。
2. 「あるところに、えらい人がおりました。えらいひとは大変でした」

 ふんわりしているのは後者だ。を読んで「ふんわりしている」と思う人は奇人だし、を読んで「具体的だ」と思う人は危険人物である。「言っていることの意味はわかるが、特に具体的な、現実に結びついた情報ではない」度合いが強いほど、基本的には「ふんわり」した印象になる。現代の日本、そしてネット上においては、この印象への揶揄として「ポエム」という言葉が使われることが非常に多いと言える。

1 2 3

小池未樹

ライター・漫画家。1987年生。大学卒業後、郷土史本編集、テレビ番組制作、金融会社勤務などを経て、2013年よりライター・編集者としての活動を開始。企画・構成に『百合のリアル』(著・牧村朝子)や『残念な政治家を選ばない技術—選挙リテラシー入門』(著・松田馨)、著書に『同居人の美少女がレズビアンだった件。』『家族が片づけられない』(井上能理子名義)などがある。最近猫が足りない。

twitter:@monokirk

サイト:http://mikipond.sub.jp

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

あなたのための物語 (ハヤカワ文庫JA)