社会

ひとり歩きする「LGBT」という言葉 記号としての人間はいないことを認識してほしい

【この記事のキーワード】
ひとり歩きする「LGBT」という言葉 記号としての人間はいないことを認識してほしいの画像1

『見えない子どもたち~LGBTと向き合う親子~』(秋田書店)

 先日、『バイキング』(フジテレビ系)で司会の坂上忍がこんな発言をしていた。

 「LGBTの問題はいまテレビでもデリケートで全然言えない。IKKOさんが言っていいことを僕は言っちゃいけないとか。よくわからない。オープンにした方がいいんじゃないのって思っちゃうんだけど、無責任?」(IKKO「男性同士の性的暴行は興奮したら犯罪ではない」。芸能人井戸端会議番組と化している『バイキング』

 様々な話題を扱う情報番組の司会者が「よくわからない」と自身の勉強不足を開き直るかのような発言をしていることには驚きを禁じ得ないのだが、一方で「LGBT」という言葉が当たり前に使われるようになり、「LGBTの問題」について意見したいという人が出てきていることに、ここ数年の変化を改めて実感した。

 wezzyでも取り上げている「保毛尾田保毛男」騒動youtuberホモフォビックな企画20年前に行われたゲイ差別および男性への性暴力を軽んじるロケなどは、おそらく数年前に取り上げても、それほど注目を浴びなかったはずだ。

 一方で「LGBT」という言葉がひとり歩きしてしまっているのではないか、という懸念もある。

 例えばNHK首都圏が、2015年に起きた一橋大学アウティング事件を報じる際に「LGBT男性自殺で大学を提訴」というタイトルの記事を掲載したことがあった(該当記事はすでに削除されている)。メディアでは性的マイノリティの総称として使われることも多い「LGBT」だが、L:レズビアン、G:ゲイ、B:バイセクシュアル、T:トランスジェンダーをまとめた言葉だ。各所の報道から推測するに、亡くなられた男性はゲイ、あるいはバイセクシュアルであって、レズビアン、トランスジェンダーではない。トランスジェンダーでゲイ、トランスジェンダーでレズビアンはいるが、レズビアンで、ゲイで、バイセクシュアルで、トランスジェンダーの男性は、おそらくありえないだろう。

 NHK首都圏に限らず、こうした見出しをつけた記事は、ときおり見られるものだ。他にも、ゲイやレズビアンを「同性を好む人」と小慣れない日本語で表現する記事もある。おそらくメディア側が「LGBT」の意味を正確に理解していなかったり(トランスジェンダーを「トランスジェンダー、つまり性同一性障害」と間違った解説するメディアもある)、ゲイやバイセクシュアルという言葉を見出しや記事に使用することが避けていたりするのだろう。「LGBT」の認知度はあがっても、理解度は十分でないのが現状だ。

 こうした指摘は別に目新しいものではない。例にあげたNHK首都圏の記事タイトルに対しては、上述のような指摘・批判があったし、それぞれ抱えている困難のことなるLGBTを十把一絡げにしてしまうことや「LGBT」という言葉がひとり歩きすることへの懸念は、これまでも出続けてきた。

 なぜいまさら改めてこのような指摘をするのかといえば、つい最近、おそらく「LGBT」への理解を促したい、という善意から作られたと思われるとある漫画を読み、たいへんな違和感を覚えたからだ。

 それは、今年10月に秋田書店から出版された『見えない子どもたち~LGBTと向き合う親子~』(作・河崎芽衣)という漫画だ。帯には、タレントのはるな愛推薦と書かれ、「一度きりの人生だから、自分には嘘をつきたくない。しっくりくる性別で生きていたい。ただそれだけなのに」と書かれている。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

先生と親のための LGBTガイド: もしあなたがカミングアウトされたなら