社会

ひとり歩きする「LGBT」という言葉 記号としての人間はいないことを認識してほしい

【この記事のキーワード】

出発点は「LGBT」ではない

 こうしたセリフの違和感と、ひとり歩きする「LGBT」という言葉には、共通点があると思う。それは、LGBT、そしてあらゆる性的マイノリティを「LGBT」という記号で捉えているのではないだろうか?

 いうまでもなく「LGBT」と称される人たちは、生身の人間だ。ひとりひとりに異なる葛藤や苦悩があり、それぞれが違った趣味趣向をもって生きている。それを「LGBT」とひとまずまとめられるのは、性的マイノリティであるという共通点があり、社会の中に偏見や差別が存在するからだ。決して「LGBT人間」として生きているのではない。

 性のあり方を考える際、「LGBT」という記号を出発点にしてはいけない。そのことに気をつければ、きっと、次第に「LGBTの問題はデリケートで言えない。よくわからない。オープンにしたい方がいい」といったセリフを吐くことはなくなるだろう。

 前述の通り、今回取り上げた漫画は決して悪意から作られたものではないと思う。あまりも数多くの問題あるコンテンツや報道がなされる中で、この作品をことさらやり玉に挙げるつもりもない。だが「LGBT」という言葉の認知が高まっている今、私たちに必要なことは、より地に足の着いた、きめ細かな議論であり、それを伝えるコンテンツであるはずだ。
wezzy編集部)

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

先生と親のための LGBTガイド: もしあなたがカミングアウトされたなら