連載

溺愛(支配)がないとはじまらない!? 安全第一なケータイ小説をケータイ小説たらしめているものとは?

【この記事のキーワード】
溺愛(支配)がないとはじまらない!? 安全第一なケータイ小説をケータイ小説たらしめているものとは?の画像1

(c)小池未樹

「ケータイ小説らしい」物語とは?

 ケータイ小説という、特異なジャンルを成り立たせている条件とは何か。それをまずは突き止めるべく、ここまでの二回分を使って、ケータイ小説の「スタイル」に目を向けてきた。

女性を惹き付ける、「ケータイ小説」体裁の秘密——伝統芸の「ポエム」の向こう側
ケータイ小説のポエムは、「あなたの物語」という安全な世界を創造する

 ケータイ小説の体裁に関して言えば、その特徴は徹頭徹尾「安全第一」なことにある、というのが私の考えである。少女たちの共感をはじくおそれのある要素を極力除去し、なるべく平易で抽象的、かつ感情的な文章をメインにして初めて、ケータイ小説はそこに出現するのだ。まるで警戒心の強い小動物のように、そっと。

 じゃあ「安全第一」な小説に現れるのはいったいどんな物語で「あるべき」か。ケータイ小説的体裁で書かれたからといって、どんな筋書きであっても「安全第一」であればケータイ小説になるかといったらそうではないだろう。たとえば、『スターウォーズ』や『七人の侍』のようなストーリーをケータイ小説の文体で展開したとしても、やっぱりそれは「ケータイ小説らしい」物語にはなりそうもない。ケータイ小説特有のストーリー運びというものが、何かしらあるはずなのだ。

今のケータイ小説は、「溺愛」がなくては始まらない

 「ケータイ小説らしい」物語のことならもうわかっている、と思う人も多いかもしれない。

 ケータイ小説と聞けば、多くの人がまずは「女子高生がやたらめったら不幸な目にあう話」とイメージするはずだ。ケータイ小説を読んだことがなくても、一定以上の年齢であれば、『Deep Love』のヒロインが援助交際をしていたことや、『恋空』のヒロインが在学中にレイプされたり妊娠したりしていたことは、ぼんやり情報として知っている場合が多い。(主に性にまつわる)センセーショナルなキーワードをその身にちりばめた彼女たちは、「ケータイ小説のテンプレ」へのイメージをかなり強固に固定化させている。

 しかし、このイメージはいい加減、更新されなければならない。以前にこの記事でも書いたのだが、現在のケータイ小説は、「レイプ、妊娠、不治の病」といった調子のものでないことがほとんどなのだから。

 じゃあどんな調子の作品が多いのか。私がもっとも重要なキーワードだと思っているのは「溺愛(支配)」である。現在のケータイ小説市場において支持を集めやすい作品は、なんといっても「ヒロインがヒーローに溺愛される話」だ。最初から溺愛されるか、最終的に溺愛されるかは作品によるのだが、とにかくこれがないと始まらないし終わらない。

 溺愛作品の中にも類型がある。私がこの3、4年、あまりにも見すぎて目にタコができそうになったのは以下の3つだ。

1 暴走族の総長、ヤクザの組長などの「闇世界」の権力者男性に突如みそめられ、問答無用で溺愛される

2 性格最悪のクズ男(幼馴染やただのクラスメイトや職場の上司などヒロインとの関係性は多様)に歪んだ執着をされるが、それは本当はもちろん愛だったため、愛を確かめ合ったあとはひたすら溺愛される

3 イケメンがたくさんいる空間(主に暴走族、生徒会)に紅一点として所属することになり、全員から溺愛される(これは1を兼ねることが多い)

 溺愛というと、頭の古い私は子ども相手の時のような「おーよしよしいい子だね〜(なでなで)」系のアクションしか思い浮かべられない。が、ケータイ小説で描かれる溺愛というのは「猫っかわいがり」とは少し違う。それは私なりにまとめれば、「安全な居場所を提供され、生活の全てを保障され、ふりかかる全ての脅威を振り払われ、心身ともに独占される」ことだ。これはほとんど「親に守られている幼児」であり、愛されているとともに「支配されている」ということでもあるのだが、これの是非については一旦置いておこう。ちなみに、比較的純愛・青春路線の「野いちご」は、「魔法のiらんど」に比べれば「溺愛」ぶりも「支配」ぶりも全体的にマイルドである。

1 2

小池未樹

ライター・漫画家。1987年生。大学卒業後、郷土史本編集、テレビ番組制作、金融会社勤務などを経て、2013年よりライター・編集者としての活動を開始。企画・構成に『百合のリアル』(著・牧村朝子)や『残念な政治家を選ばない技術—選挙リテラシー入門』(著・松田馨)、著書に『同居人の美少女がレズビアンだった件。』『家族が片づけられない』(井上能理子名義)などがある。最近猫が足りない。

twitter:@monokirk

サイト:http://mikipond.sub.jp

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち