連載

深夜に同僚や友人を自宅に連れてくる厄介夫の『子供が欲しかった』という真意

【この記事のキーワード】
Photo by Lorie Shaull from Flickr

Photo by Lorie Shaull from Flickr

 発言小町の人気トピでは、「あの人非常識ですよね!?」と問うトピ主が、コメントで「あなたが非常識です」とフルボッコになっている様子を見ることが多く、それが小町の醍醐味のひとつだが、何と言っても一番の醍醐味は、トピ主による「その後」報告を読む時だろう。筆者はこれまでに紹介してきたトピを時折巡回し、その後の展開を追うことも密かな楽しみとしている。特に「あ~これはもうトピ主レスないな」と思っていたトピに報告が書き込まれた時の喜びはひとしおである。

 今回、夏に紹介したトピになんと11月のいま、トピ主レスが書き込まれていたことを発見した。ぜひこの喜びを共有したく、再び夏に紹介したトピを取り上げたい。

家を汚した夫の同僚を出禁にしたら鬼嫁と言いふらされました

 今年716日に記事を公開した宅飲みについてのトピだ。改めて概要をおさらいしよう。

 トピ主(女性・年齢不明)は昨年末、夫の職場近くに共有名義の家を建てた。トピ主の方は、基本在宅で月に数回出勤する仕事なため、場所は夫の希望を優先したという。今年の歓送迎会後の深夜、夫が連絡もなく、飲み過ぎて酷い状態の同僚を二人連れて帰ってきた。外で大騒ぎしているため仕方ないので家にあげると、まず一人が廊下で嘔吐、もう一人はリビングで漏らしてしまったのだという。

 次の日、酔いが醒めた同僚達はトピ主に謝罪をしてきたのだが、「いい年をして外で正体をなくすほど飲むことがまずありえない。誠意のない謝罪は結構なので二度と家に来ないでください」と言うと二人ともおとなしく帰宅した。片付けは夫にさせたが、新築の家を他人に汚されたことは、トピ主にとって「とても許せることではありませんでした」という。

 だがこれで片付いたわけではなかった。夫の職場の先輩の奥さんに会った時、こんなお説教をされたのである。

「酔った夫の友人を泊めるくらいよくあること」
「それくらいで出禁にするなんて妻としてどうなの」
「あなた会社の人達に鬼嫁って言われてるの知ってる?」

 トピ主はその奥さんに、家を汚されたことを伝えると、奥さんは知らなかったようで謝ってくれたが「今もイライラが治まりません」と怒り心頭。夫の同僚の不始末を許せない私は鬼嫁ですか? という相談だった。

 夫の同僚たちの驚きな振る舞いに、当時からコメントでもトピ主に同情する声や「鬼嫁で結構!」と励ます声が多く見られた。さて、当時のトピ主レスでは、その後の同僚たちの謝罪もなってないことが記されていた。

「誠意のない謝罪と言ったのは笑いながら『ゴメンゴメン』という感じで形だけ謝ってうやむやにしようとしたからです。当然弁償(カーペット等)の話も出なかったので誠意がないと私は判断しました」

 それに加えて、夫の見栄っ張りな顔もあぶり出された。

「先輩の奥さんの話で夫が周囲に私を専業主婦と言っていることと『自分が建てた自分の家』と言っていることがわかりました。
私は専業主婦ではなく夫と同じくらいの収入があります。在宅仕事なため家事のほとんどを私がやっているし、平日昼間のスーパー等で先輩の奥さんに何度も遭遇しているため、そう思われていても仕方ないですがかなりムカついていたので、夫と同等の収入があること、『二人で建てた家』であることを奥さんにはっきり伝えました」

 さらに夫は同僚たちからパシリ的な存在とみなされていたこともわかる。

「歓送迎会の時も、夫自身はほぼ飲まずに酒癖が悪い同僚達のお世話係状態でした。(温厚な人だと思ったら結婚後ただ気の弱い人だと判明)なので夫の同僚達は私に対しても常に上からものを言います。今回の件で今までたまっていたものが爆発してしまいました」

 パシリで見栄っ張りな夫が「自分が建てた家だ」と、トピ主と一緒に建てた家を自慢していたのである。また見栄っ張りな夫はトピ主が働いていて夫と同等の収入があるにもかかわらず「専業主婦」だと吹聴しており、これが事態を悪化させていた。奥さんの話の中で、同僚たちが職場でトピ主のことを「夫に養われている分際で生意気」と言っていることがわかったのである。夫が建てた家なのにあんなに怒るなんて偉そうに、鬼嫁だ、ということか。

 しかも当時から、ゲロ吐いておしっこ漏らした同僚たちは、性懲りも無くまた「泊まりたい」と言っていることもわかった。スピーカーとして有名な先輩の奥さんに詳しくこのことを説明したので一応誤解は解け、同僚の奥さんたちから謝罪の電話がきたが「被害額を話した上で弁償はいいからこのまま出禁にすると伝えました」という。

 さてここまでが当時紹介した顛末だ。筆者はこの記事の最後に、離婚もありうるのではと書いていたが、まさにそんな展開となっていた。この件は同僚の子供達にまで影響を及ぼしていたのだ。

「私達夫婦に子供はいませんが同僚夫婦には其々幼稚園児と2歳児がいます。
リビングでお漏らしをした同僚の子供と先輩の子供は同じ幼稚園に通っているそうで
先輩の奥さんは園内で同僚のお漏らしと弁償なしで開き直りの件を
大袈裟に言いふらしたらしく同僚の奥さんと子供が仲間外れになっていたそうです。
始めは同僚の奥さん同士で結託し噂を何とかしようと私に詰めよっていましたが
玄関で吐いた方の同僚夫婦はお漏らしした同僚よりも自分達はまし
汚したギャッベも小さい物だし謝罪と弁償をすれば大丈夫と思ったらしく
夫婦でギャッベのクリーニング代+迷惑料を持って謝罪しに来ました。
出禁も受け入れると言うのでこちらも謝罪を受け入れました。
諸事情を知らない私が出先で会った先輩の奥さんにこの件を話したところ
先輩の奥さんは夏休み明けの園内でもう一人の加害者は謝罪して弁償もしたのにと
言いふらしたため同僚の奥さんは鬱状態になってしまい子供と一緒に実家に帰り
同僚は事情を知った奥さんの両親に責め立てられ奥さんと子供に
会わせてもらえないそうです」

 この、お漏らしバレで奥さんと子供に逃げられてしまった方の同僚がまた、やらかしてしまった。

「酔って夜中に我が家に押し掛けて来ましたが家に入れずに放置していたら玄関先の陶器製の傘立てを割る花壇を荒らす等大騒ぎしたため通報しました。同僚は現在処分待ちの謹慎中だそうです」

 このお漏らし同僚、酒に振り回されすぎじゃないですか?(呆)病院に通った方がいいよ絶対に。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

トップ ハイジア 消臭・芳香剤 除菌・消臭スプレー 本体 350ml