連載

婚活女性「罰ゲームのような条件を飲んでまで結婚はしたくない」 結婚の夢と現実

【この記事のキーワード】

 小町に書き込まれる婚活にまつわるトピでは、「夢を見てばかりの女性がなかなか理想の男性に巡り会えない」パターンが鉄板で白熱するが、このたび、婚活女性側から「夢ばかり見ているのは男性のほうだ」というトピがブチ上げられた。トピ主が出会った婚活男性たちはどんな夢を見ているのか、彼女の言い分を聞いてみよう。

婚活で会う男性が夢しか見ていない(愚痴)

 トピ主(36歳女性・会社員)は、ゆるく婚活中。トピ主は年収600万円で、これまで相談所で紹介された相手は42歳から54歳までの男性で年収400700万円が多かった。お互いの勤務地が遠い(電車で2時間前後)場合に、相手と結婚後の生活の話をすると、たいてい同じ流れになるのだという。

トピ主「結婚後も同じ仕事を続けたい」(これはトピ主の第1条件)
男性「良いと思う。自分一人の稼ぎだと心許ないし、何かあった時に困るから」

トピ主「子どもは欲しいですか」
男性「是非欲しい」

トピ主「共働きで子どももいたら、家事育児は分担しないといけませんね」
男性「そうだね。自分は残業が多いから、出来る限り手伝うよ」

トピ主「だったら、私の職場の近くに住んでくれますか?」
男性「え?」

トピ主「だって仕事が忙しくて『手伝い』しか出来ないんですよね? あなたの職場近くに住んだら、私は毎日2時間近くかけて通勤して、更に家事育児の大半をやるってことですか?」
男性「いやでも…お互いの中間地点とかは?」

トピ主「じゃあその分、『手伝い』じゃなくてちゃんと分担してくれます? それか手が回らない部分はお金払って外注します? もしくはとりあえず子どもができるまでは週末婚とか」
男性、黙り込む

「双方共働き希望なのに、家事育児は『手伝い』程度で、更に自分の勤務地から近いところに住める、と何の疑いも持っていないことにうんざりしてしまって…。

そもそも、私よりだいぶ年上、でも年収は下という男性がなぜ『共働きだけど、家事育児は奥さんがメイン。自分は手伝うだけ』と思えるのでしょうか。(だから今まで独身なんだと思いますが)

親のすすめもあって婚活はしていますが、正直そこまで結婚願望もないし、子どももいてもいなくても、という感じです。なので上記のような方はお断りしますが、こういった男性が思っていた以上に多くてビックリしました」

 という愚痴トピだ。確かにこの男性たちは、妻が仕事を続けることのメリットを得たくて、しかも子供は「ぜひ欲しい」と言っているのに、家事育児は「できる限り手伝う」と、完全に女性の仕事だと考えているフシがうかがえる。トピ主は「ゆるく婚活中」というが、結婚願望よりも仕事を続けたい願望の方が強そうだ。なのでより一層、婚活市場での男性の勝手な言い分が耳障りなのだろう。

1 2 3 4

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

生涯未婚時代 (イースト新書)