社会

熊本市議の問題提起で議論「子連れで仕事」、寛容さと託児所整備のどちらも「今」必要なことだ

【この記事のキーワード】
熊本市議の問題提起で議論「子連れで仕事」、寛容さと託児所整備のどちらも「今」必要なことだの画像1

Photo by Marcelo Mariozi from Flickr

 1122日に開会された熊本市議会の定例会で、緒方夕佳議員(42)が生後 7カ月の長男を伴い“子連れ”での議会の出席を試みたが結局認められなかった件について、様々な意見が飛び交っている。

 報道によると、長男を抱いて自席に着いた緒方議員と、子連れでの出席は認められないとして退場を求める議長らは押し問答となり、急遽、対応協議が行われた。協議の結果、長男同席は認められず、緒方議員は長男を友人に預けて議会に出席。議会開始は40分遅れたという。

 議会の後、「(子育ては)社会問題になっているのに、職場では個人的な問題にされてしまう」と語っていた緒方議員は、長男妊娠中の昨年から議会事務局に対して、乳児連れでの議会出席や市議会への託児所設置を打診していたが快い回答が得られず、無断で議会に子連れで出向く“強行突破”に踏み切ったとのことである。熊本市議会は、緒方議員に対して「赤ちゃんを議場に入れたことではなく、開会を遅らせたことへの処分」を検討しているという。

 緒方議員の行動の是非を巡ってネット上では議論が紛糾した。ロンドンハーツの田村淳が、Twitter上で開設しているアカウント無党派の集い @mutouha_souにて「熊本市議会育児中女性議員が赤ちゃん連れて出席したことに対して、あなたのお考えは?」と賛成・反対の2択を尋ねるアンケートを実施したところ、68453票の回答が寄せられ、賛成27%を反対73%が圧倒している。

 Yahoo!ニュースでも意識調査「赤ちゃん連れで議会出席、認めるべき?」が実施されており、1128日の段階で、認めるべき31,548票(17.4%)・認めるべきではない149,613票(82.6%)となっている。

 世界的には、女性議員が乳児連れで議会に出席する(授乳も行う)ケースがすでにある。日本においても、待機児童問題、幼児教育の無償化、子なし世帯への増税案などなど、今は、かつてなく子育て支援の在り方に注目が高まっている時代のはずだ。少子高齢化が進む中、子育てする女性にとって働きやすい環境を整える必要性の高さは以前よりもずっと周知されており、政府も喫緊の課題として捉えているはずだ。だが、それでもいざ、日本で女性議員が子連れで議会に出席しようとなると認められないし、世論は「反対」する。世界経済フォーラムが発表した、男女平等度合いを測る「ジェンダー・ギャップ指数(2017)」において、日本は144か国中114位だった。特に低いのは政治分野(123位)だったが、これでは上昇しようがない。

1 2 3

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

育児は仕事の役に立つ 「ワンオペ育児」から「チーム育児」へ (光文社新書)