連載

「脅かされる性」が描ける世界にしか存在しない救済がある

【この記事のキーワード】
「脅かされる性」が描ける世界にしか存在しない救済があるの画像1

(c)小池未樹

 前回は、昔のケータイ小説と今のケータイ小説を見比べて、変化した部分と変化していない部分、両方について考えてみた。その結果、全体のテイストは「切ない」から「激甘」へと変化を遂げたものの、かつてのケータイ小説ヒット作によく見られた展開――小説家・評論家の本田透が「七つの大罪」と呼んだようなセンセーショナルな要素は、現在のケータイ小説にも頻出であることがわかった(※1)。

ケータイ小説「七つの大罪」はどこへ消えたのか

 しかしどうしてだろう? 夢物語を志向するのであれば、不穏な要素はすべて排除してしまってもいいではないか。実際、コバルト文庫などの少女小説レーベル(全年齢向け)の作品には、レイプだ売春だといった展開はまず出てこない。しかし、ケータイ小説からそれは失われる気配がないのだ。もちろん、全ての作品に出てくるわけではないのだが、ただ少なくとも、ジャンル全体が「それは『あるある』だ」という雰囲気を持っているのはたしかである。

 ここに、ケータイ小説を他の少女小説と区別し、ケータイ小説そのものたらしめる重要なポイントがありそうである。ケータイ小説は、「罪」の存在を許すことによって、何を成し遂げているのだろうか。それを今回は考えたい。

それは「罪」ではなく「罰」ではないか

 ところで前提から覆すようでなんだが、私はケータイ小説で描かれる「不幸イベント」の数々のことを、「罪」ではなくどちらかというと「罰」だと考えている。

 本田透は、「売春」「レイプ」「妊娠」「薬物」「不治の病」「自殺」「真実の愛」などの「不幸イベント」の、その主体が誰であるかを問わず「罪」とカウントしているが、私はどうもそれに感覚的に馴染めない。私の中でそれらは、「ヒロインの『罪の意識』とともにある罰」なのである。

 それはなぜか?

 ケータイ小説のヒロインにはしばしば、「私は汚れている」という自意識があるからだ。汚れとは、つまり罪の意識にほかならない。「罪をかぶる」「刑期を終えてきれいな体になる」なんて表現があるように、罪とは「綺麗さ」の反対にある、べったりした何かとしてイメージされる。そして「罪の意識」に呼応した苦難、それは「罰」ではないだろうか。

 この「罪の意識」の根拠は、「好きでもない男とのセックス(売春・レイプ)」である場合がどうしても目立つ。『DeepLove』(2003)のヒロイン・アユは援助交際の中で何度も「汚さ」を感じているし、『溺愛』(2015)のヒロイン・ゆりかはレイプを経て、自分を「穢された」「汚い私」と表現している。ある種の性行為を経た体を「汚れ」としてひきうけなければならないという意識は、おそらく現代の女性の中でも根強い。個人的には、こうした「汚れ」意識自体にいろいろ思うところがあるが、別の話になるので今回は置いておく。

 あるいは、望まぬ性行為のような経験はなく、しかし「罰」のみ引き受けるようなメンタリティが描かれることもある。そういうヒロインはとにかく自己肯定感が低い。自分に価値を見出していないので(美人だろうが令嬢だろうが)、「こんな自分」に何が起きてもしょうがない、という諦念に生きている。

 どちらのパターンにおいても、「自分は大切にされる価値のない人間だ」という認識は共通である。「私は汚い(罪深い)/価値がない、だからどんな目(罰)にあってもしょうがない」というなげやりな気持ちが、ケータイ小説ではよく描かれる。そのなげやり感に応えるように、世界はヒロインに苦難を――「罰」を与える。罪が先なのか罰が先なのか、ここはもう鶏と卵状態だが、ともあれヒロインはその「罰」に甘んじるのである。「こんな目に遭うのは私が無価値だからだ」と思いながら。

 そして、そんな彼女に救いを与えてくれるもの、「自分には価値があった」と思わせてくれるもの、それは当然ヒーローからの絶対的な愛だ。それがあって初めて、ヒロインは自己肯定感を回復できる。

1 2 3

小池未樹

ライター・漫画家。1987年生。大学卒業後、郷土史本編集、テレビ番組制作、金融会社勤務などを経て、2013年よりライター・編集者としての活動を開始。企画・構成に『百合のリアル』(著・牧村朝子)や『残念な政治家を選ばない技術—選挙リテラシー入門』(著・松田馨)、著書に『同居人の美少女がレズビアンだった件。』『家族が片づけられない』(井上能理子名義)などがある。最近猫が足りない。

twitter:@monokirk

サイト:http://mikipond.sub.jp

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

同居人の美少女がレズビアンだった件。 (コミックエッセイの森)