社会

独特の上下関係や飲み会…。性暴力が起きやすい環境にいる大学生に「性的同意」を知るためのハンドブックを!

【この記事のキーワード】
SexualConsent_a

「性暴力とは」「性的同意とは」を大学生と考える大澤祥子さん

 大学生にとって、性暴力、性犯罪とは身近なものである。「まさか」と思う人もいるかもしれない。でも筆者が自身の大学時代をふり返ると心当たりがゴロゴロ出てくる。サークルの飲み会で1年生男子は酔い潰され、上級生の男子は1年生女子にベタベタしていた。もしかしたら知らないところで性暴力が行われていたのかもしれない。いまとなってはわかりようもないが、少なくともそのようなことが起きてもおかしくない状況だったし、“お持ち帰り”を目撃したこともある。

 お持ち帰りが性暴力だなんて、そんな大げさな。2016年に報道された東京大学や千葉大学の学生による集団レイプ、強制わいせつはさすがにマズいけど、酔った女子生徒を連れ帰ってセックスするなんてよくあることじゃないかーーと感じたなら、その感覚のほうがよほどマズい。性暴力とは、「同意のない性的言動」すべてを指す。性的同意(セクシュアル・コンセント)とは、性的な行為への参加に対する積極的な意思表示のことで、酔って前後不覚になりその同意を示していない女性に性的な接触をすれば、それは性暴力であり、「よくあること」では済まされない。

 キャンパスレイプのみならずすべての性暴力全般をなくすためにアクションを起こしているのが、「一般社団法人ちゃぶ台返し女子アクション」の大澤祥子さん。具体的には、性において自分自身と相手の意思を大切にし、傷つけない・傷つかない性関係を築くための教材「セクシュアル・コンセント・ハンドブック」を作成し、来年の4月に複数の大学で配布することを目標としている。

 現在、そのための資金をクラウドファンディングで募っている大澤さんに、活動の詳細をうかがった。

*   *   *

 性的同意について知ることはすべての年代において大事だと思われるが、そのなかでも特に大学生に向けてハンドブックを作成しようと思われたのはなぜなのか。やはり昨年相次いで明るみに出た、大学生による性犯罪が影響しているのだろうか。

大澤祥子さん(以下、大澤)「本来なら、中高生の段階で同意について学んでほしいと思います。たとえばアメリカでは、高校の性教育の一環で同意について教えるところもあるようですし、親は子どもが幼いうちから同意について教えるべきだという意見をメディアでよく見かけます。

そんななかで今回、大学生をターゲットとしたのは、大学がそもそも性暴力が起こりやすい環境になっていると考えられるからです。中学、高校で十分な性教育を受けることがないまま、親元を離れたり行動範囲や交友関係が一気に広がったりして性関係を持ちやすくなります。初交年齢の平均は20歳前後という調査もあるように、大学に入ってから初めての性行為を経験する人は多いということです」

上下がある関係性を利用し、性暴力が起きる

大澤さらに、私たちは“性暴力をめぐる制度的・社会的変化”を目指していて、具体的には“性被害予防として大学で同意教育が義務化され、また若い人のあいだで同意の大切さが広く理解されている状態”をゴールとしています。そのためには、大人が子どもに一方的に教えるのではなく、当事者である学生たちがその変化の担い手になることが重要であると考え、まずは大学生に呼びかけることにしました」

 性暴力が起こりやすい環境ーーこれを作り出しているものには大きくわけてふたつあるという。ひとつめから、お話してもらおう。

大澤「大学というコミュニティでは、独特の関係性が築かれます。体育会や研究室といった狭いコミュニティでは、“従属”が前提となっている先輩-後輩、指導教員-学生など上下が明らかな関係が多く、地位関係性を利用した性的加害につながりやすいのです。また、こうした関係性においては被害に遭っても、被害者が声を上げにくくなります。特に周りが加害者とも面識がある場合、被害を打ち明けても「あの人がそんなことをするはずがない」「被害妄想ではないか?」と信じてもらえないということも起こりえます。そのようななかサークルや研究室などで一緒に行動することが多いと、被害者はさらなる精神的苦痛に見舞われるといった状態になるのです」

 もうひとつは、飲酒の席での“文化”だ。

大澤性暴力のすべてにお酒が絡むわけではないですが、お酒が入ると性暴力が起きやすい状況に陥りやすいとはいえます。打ち上げやコンパなど大人数で集まる飲み会が多く、そこでハメを外すことが武勇伝として語られたり、飲みの席ではなんでもアリとされたり、大学には飲酒を取り巻くカルチャーが古くから存在します。とはいえ、飲酒すること自体が問題なのではなく、あくまで性や性的同意についての正しい知識を得たり考えたりする機会がないことが問題なのです。

『酔って意識が晴明でない人は同意ができる状態ではない』というのは当たり前のことのようでいて、まだまだ知られていないと感じます。学生ならずとも、ですが。ろれつが回っていなかったり足元がふらついたりしているのなら、安全の確保を優先して性行為は控えるべきでしょう。『泥酔している=同意ができない=同意がないと性暴力になる』という考えがないと、性行為の強要につながりかねません」

1 2

三浦ゆえ

フリー編集&ライター。富山県出身。複数の出版社に勤務し、2009年にフリーに転身。女性の性と生をテーマに取材、執筆活動を行うほか、『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』シリーズをはじめ、『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)、『失職女子。~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで~』『私、いつまで産めますか?~卵子のプロと考えるウミドキと凍結保存~』(ともにWAVE出版)などの編集協力を担当。著書に『セックスペディアー平成女子性欲事典ー』(文藝春秋)がある。

twitter:@MiuraYue

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新潮45 2016年 11 月号 雑誌