連載

タンポン、不遇の歴史(戦前編)「女の神聖なところに男以外の物を入れるとは何事ぞ」

【この記事のキーワード】

タンポン、不遇の歴史(戦前編)「女の神聖なところに男以外の物を入れるとは何事ぞ」の画像1

 1961年に発売された使い捨てナプキンは、女性たちの絶大な支持のもと急速に広まり、60年近く経った今も日本の生理用品市場の主流を占めている(月経を「生理」と呼ぶのはNG!?  アンネナプキンの登場によって劇的に変わった月経観)。

 これに対してタンポンは、つねに逆風に晒されてきた。2017年12月現在、日本でタンポンを製造販売しているのはユニ・チャーム一社である。

 今回(戦前編)と次回(戦後編)は、「タンポンの不遇の歴史」を紹介したい。

 「ナプキン」という言葉が生理用品に使われるようになったのは、1960年代のことだが、ドイツ語で「綿球」「止血栓」を意味する「タンポン」という言葉は、それよりも前に、西洋医学とともに日本へ入ってきた。

 とはいえそれは用語の話であり、女性たちは太古の昔から手近なモノ(時代によって様々)をナプキンのように当てたり、タンポンのように詰めたりしながら経血を処置してきた。

 日本で経血処置の方法について云々されるようになるのは、明治時代以降である。

 西洋医学を学んだ医師たちが、おもに上流階級の女性たちを対象に「月経とは」「月経時の摂生法」「経血処置の方法」といったテーマで、講演を行うようになった(講演内容は後日、婦人雑誌に掲載された)。

 なぜ上流階級の女性たちが対象かというと、「富国強兵」を目標に掲げる国が「母体」と見なしていたのが「上流階級の体質優秀なる女性」だったからである。彼女たちの月経を管理し、「優秀な国民」を産ませることがエリート医師たちの役目だった。

 「いわゆる貧乏者の子沢山の結果は(中略)、虚弱なる国民の繁殖を来たし、国家は常にこれらを救済する手数と費用とに忙殺さるる」(1)という意見に代表されるように、この頃は国民の「質」が重視されていた。「数」が必要とされ、「産めよ増やせよ」と言われるようになるのは、昭和のアジア太平洋戦争期に入ってからのことである。

 明治のエリート医師たちのほとんどが、経血を処置する際、「詰めもの(タンポン式)」はやめて「当てもの(ナプキン式)」にするようにと述べている。

 例えばある医師は、「下等社会」では「シタク」(木綿を縫い合わせて作った丁字帯のこと)を用いずに「直に膣内に紙の球を送入(ママ)する」女性もいるが、それは有害で、「これがため治しがたき子宮病を発する」と述べ、「詰めもの」に反対している(2)。

 それだけ不潔な紙や布を膣に詰める女性が多かったのだろう。この約10年後には、「清潔なる物質」つまり脱脂綿であれば、詰めても構わないと説く医師も現れる。

「出血を止むるは多くは紙類を用うるは危険なり。故になるべくは清潔なる物質をもってこれに代うるをよしとす。その物質(即ち脱脂綿)は、薬舗(筆者注:薬局のこと)にあるなり。これを程よく切りガーゼという薄き布に包み球になし、一度に三、四個を以って膣内に充て入れときどき交換せば最も安全というべし」(3)

 脱脂綿は1886(明治19)年に『日本薬局方』(医薬品の規格基準書)に指定され、1891(明治24)年に起きた濃尾大震災(全壊家屋14万余、死者7200余人)を機に一般に普及し、徐々に紙や布に代わって経血処置にも用いられるようになった。

 この記事が掲載されたのは、1897年のことだが、 「その物質(即ち脱脂綿)は、薬舗にあるなり」とわざわざ説明していることから、まだあまり普及していなかったようだ。

 いずれにしても、「詰めもの」を認める医師は少数派だった。

1 2

田中ひかる

1970年東京生まれ。著書に『月経と犯罪――女性犯罪論の真偽を問う』(批評社)、『「オバサン」はなぜ嫌われるか』(集英社新書)、『生理用品の社会史――タブーから一大ビジネスへ』(ミネルヴァ書房)など。

田中ひかるのウェブサイト

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

生理用品の社会史: タブーから一大ビジネスへ