社会

「永住権宝クジ」はテロリストの輸入?〜移民国家アメリカの危機を招くトランプの強硬策

【この記事のキーワード】
「永住権宝クジ」はテロリストの輸入?〜移民国家アメリカの危機を招くトランプの強硬策の画像1

Photo by Bart from Flickr

 ドナルド・トランプは米国内で移民によるテロが起こるたびに「移民法を厳しくする!」と叫ぶ。とくに「永住権宝クジ」と「親族呼び寄せ」を目の敵にしており、この2カテゴリーの廃止/厳格化を議会に要請すると繰り返している。

「永住権宝クジ」廃止論

 今年、ニューヨークでは10月と12月にテロが起こった。

 10月末日、街中がハロウィンのディスプレイと子供たちのトリック・オア・トリートで賑わった日、ロウアーマンハッタン(マンハッタン北部)で小型トラックがスクールバスや歩行者の列に突っ込み、死者8名、負傷者11名を出すテロ事件が起きた。犠牲者のほとんどはアルゼンチンとベルギーからのグループ観光客だった。

 犯人のサイフロ・サイポフ(29)は「永住権宝クジ」に当選してグリーンカード(米国永住権の通称)を得、2010年にウズベキスタンから米国に移住していた。事件当時はニューヨーク州に隣接するニュージャージー州に住み、ウーバーの運転手をしていた。

 サイポフはいつの頃からかISISに感化され、小型トラックから逃走する際にアラビア語で「神は偉大なり!」と叫んだとされている。サイポフはその直後に警官に撃たれて重傷を負い、逮捕された。

 永住権宝クジ、またはグリーンカード宝クジ(正式名称:多様性移民ビザ・プログラム)は米国政府が1987年に開始した施策だ。世界各国から平等に移民を迎え入れることが目的であり、過去5年間に米国への移民を5万人以上出した国(※)を除いてほぼどの国からも応募でき、抽選により毎年5.5万人が当選する。日本人にも応募資格がある。

 応募者は住所氏名など基本的な個人情報をオンライン入力。資格は高校卒業または2年間の職業訓練経験のみ。無料で応募できるため、まさに世界中の誰しもに門戸を開いた、移民国家アメリカを象徴するプログラムと言える。

 2001年の9.11同時多発テロの後、永住権宝クジに対して「テロリストを招き入れる可能性」が語られ始めたが、証明するデータは出ていない。近年は応募者が増え、2018年度分には2,300万人が応募。当選者の配偶者と子供にも付随して永住権が出されるため、同年度の実質の当選該当者は12万人。ただし米国政府は当選者の厳密なバックグラウンド・チェックを行うため、抽選は渡米の2年前におこなわれる。

※現在はカナダ、中国(台湾を除く)、ドミニカ共和国、インド、ジャマイカ、メキシコ、イギリス、韓国など18カ国が該当

「親族呼び寄せビザ」厳格化論

 12月11日には、やはりマンハッタンの大型バスターミナルとタイムズスクエアの地下鉄駅を結ぶ地下通路での爆弾テロがあった。自家製のパイプ爆弾により犯人を含む6人が負傷したが犯人のみが重症、巻き添えとなった通行人は軽傷であった。

 ニューヨーク市のブルックリンに在住していた犯人のアケイド・ユラー(27)は親族呼び寄せビザにより2011年にバングラデシュから米国に移住した。ユラーもインターネットでISISの動画などを観ていたとされ、ネットで製造法を学んだ自家製の爆弾はお粗末な出来だったと報じられている。

 アメリカ人(米国市民権保持者)と永住権保持者は、自身に規定以上の収入があれば「スポンサー」として親族に永住権を取得させ、アメリカに呼び寄せることができる。呼び寄せの対象は配偶者、子供、兄弟姉妹などだ。

 ユラーは親族呼び寄せのうち、「F-43」と呼ばれるカテゴリーで永住権を取得している。F-43は「F-41/46」該当者の「子供」に出される。F-41/46とは「市民権保持者の兄弟姉妹」に出されるビザだ。

 逆にたどると、ユラーの叔父は何年も前に永住権宝クジに当選してバングラデシュからアメリカに移住し、その後に米国市民権を取得。2011年に自分の兄(または弟)を呼び寄せた際に、その子供であるユラー(当時21歳)も永住権を取得。叔父の兄(弟)である父親は米国移住後に他界しており、ユラーはブルックリンの自宅で母親、3人の兄弟姉妹と同居していた。母親と兄弟姉妹もおそらく叔父による呼び寄せ対象と思われる。

 ユラーの叔父がユラーの父親以外の親族のスポンサーにもなっているかは不明だが、ユラーの一家だけをとりあげても叔父1人がユラーの両親、ユラーを含む4人の子供を呼び寄せていることになる。

 さらにユラーは昨年、母国バングラデシュで結婚しており、今年に入って子供が生まれている。ユラーが妻子を米国に呼び寄せる計画を立てていたかは不明だが、常識的に考えれば呼び寄せをおこなうケースだ。

 この現象をトランプは「イモヅル式移民」と呼び、非常に嫌っている。トランプは永住権宝クジを廃止し、かつ親族呼び寄せを制限し、「メリット基盤」の移民システムへの移行を訴えている。

1 2

堂本かおる

ニューヨーク在住のフリーランスライター。米国およびNYのブラックカルチャー、マイノリティ文化、移民、教育、犯罪など社会事情専門。

サイト:http://www.nybct.com/

ブログ:ハーレム・ジャーナル

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

移民社会アメリカの言語事情―英語第一主義と二言語主義の戦い