連載

いつまでもポリコレと言ってれば済むと思うなよ!~映画のキャスティングと人種や性別

【この記事のキーワード】
いつまでもポリコレと言ってれば済むと思うなよ!~映画のキャスティングと人種や性別の画像1

『マグニフィセント・セブン』

 このところ、ハリウッド映画では以前よりもいろいろな人種の役者を起用したり、女性を増やしたりするキャスティングが盛んです。例えば『スター・ウォーズ』新シリーズやマーベル・シネマティック・ユニバースの新作では、女性や非白人の登場人物が増えています。そしてそうした映画が公開されるたびに起こるのが、「ポリコレ」的配役だという感想です。

 このような文脈で「ポリコレ」という言葉が使われる場合、おそらくキャスティングする側に何らかの「配慮」が働いているという考えが背後にあることが多いかと思います。つまり、何も「配慮」せずに配役を行った場合、プロデューサーや監督はほぼ全員を白人にし、男性をメインに据え、男女問わず容姿の良い役者で揃えるという想定があるでしょう。そこに「ポリコレ的配慮」を入れることによって黒人やラティーノ、アジア系などの役者が入ったり、女性が大役を担うようになったりする……というのがこの想定かと思います。こうした想定においては、白人男性でない役者を使うことはクリエイター側に課されたある種の制約としてとらえられています。

 このような人種や性別に多様性のあるキャスティングを「ポリコレ的配慮」の結果とする考えには、大きな問題がひそんでいます。というのも、よく見ていくと、実は非白人や女性を特定の役柄に配することにクリエイティヴな工夫が潜んでいることも多いからです。よく考えずに「あーあーポリコレね」と流して思考停止してしまうことは、映画の面白さを見逃す原因になります。

 そこで今回は、しばしば「ポリコレ的」と言われるような配役には実はどういう芸術的工夫が潜んでいるのか、いくつか作品をとりあげて見ていきたいと思います。新作が多く、ネタバレもあるので未見の方はご用心ください。

『スパイダーマン:ホームカミング』(2017、ネタバレ注意)

 スパイダーマンシリーズのリブートである『スパイダーマン:ホームカミング』にはさまざまな人種の登場人物が出てきますが、これは舞台となるクイーンズの現実の人口構成を反映しています。メインキャストの人種を整理すると、以下のようになります。

・スパイダーマンことピーター:トム・ホランド(アイルランド系)
・フラッシュ:トニー・レヴォロリ(グアテマラ系)
・ネッド:ジェイコブ・バタロン(フィリピン系)
・リズ:ローラ・ハリアー(アフリカ系)
・MJ:ゼンデイヤ(アフリカ系)
・ヴァルチャーことトゥームズ:マイケル・キートン(アイルランド系)

 2014年の調査では、クイーンズの人口のうち白人とラティーノがそれぞれ3割くらい、アフリカ系とアジア系がそれぞれ2前後なので、この映画はかなり実情に近いと言えるでしょう。白人人口の中ではイタリア系やアイルランド系が多く、メイおばさん(マリサ・トメイ)やピーター御用達のサンドイッチ屋のおじさんがイタリア系なのも納得です。

 この映画で最も興味深いのは、既に英語圏の映画評などで指摘されているとおり、観客の人種に対する思い込みを利用し、プロットに仕掛けを仕込んでいる点です。リズはアフリカ系ですが、バイレイシャル、つまり複数の人種の血を引いています。映画の終盤で、実はこのリズのお父さんがピーターの宿敵である白人男性ヴァルチャーだったとわかります。リズがバイレイシャルなのはなんとなく外見からわかるのですが、観客は肌の色にとらわれてリズを非白人だと思っているので、親のどちらかが白人だなどということは想像しておらず、この展開にすごく驚きます。我々観客は「アフリカ系はアフリカ系同士、白人は白人同士で家庭を作っている」という思い込みを持っているため、ヒロインの父がヒーローの宿敵かもなどということは全く考えないのです。

 このキャスティングは、観客の思い込みを利用して驚かせようという、明らかにクリエイティヴな意図に基づいていると思います。「配慮」どころか意図的な芸術的選択です。

1 2

北村紗衣

北海道士別市出身。東京大学で学士号・修士号取得後、キングズ・カレッジ・ロンドンでPhDを取得。武蔵大学人文学部英語英米文化学科専任講師。専門はシェイクスピア・舞台芸術史・フェミニスト批評。

twitter:@Cristoforou

ブログ:Commentarius Saevus

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ダンケルク(字幕版)