エンタメ

20代以上が読む「姫嫁」もの、10代に刺さった『告白予行演習』/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー

【この記事のキーワード】
20代以上が読む「姫嫁」もの、10代に刺さった『告白予行演習』/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビューの画像1

『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(彩流社)

『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(彩流社・2016)の著者で、社会学者の嵯峨景子さんに少女小説の「今」について聞くインタビュー第2弾。前回は、2000年前後を分岐点に、いわゆる少女小説レーベルが「少女の読み物」ではなくなっていった経緯についてお話いただきました。今回は、その変遷の中でどのような読み物が廃れ、逆に新たに支持を集めるようになっていったのかをお聞きします。『流血女神伝』のような波乱万丈の作品が見られなくなった代わりに台頭してきたジャンルとは?

そろそろ、「少女小説」について語り始めよう/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
20代以上が読む「姫嫁」もの、10代に刺さった『告白予行演習』/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
少女小説とケータイ小説の違い、10代の虚無感を映すケータイ小説文庫/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
「女子ども向け」カルチャーは、なぜ大人たちをいらだたせるのか。/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
マスであるほど語られにくい少女向けカルチャー、その先に/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー

「波乱万丈」が消えて「一対一の溺愛」が残った少女小説

小池 前回は、少女小説という領域全体に起きた動きについてざっくり振り返りました。次は、集英社のコバルト文庫やKADOKAWAのビーンズ文庫など、いわゆる少女小説レーベルの中の最近の変化や傾向についてうかがいたいです。と、その前に個人的興味からお聞きするんですが、嵯峨さん自身は少女時代どんなものを読まれていたんでしょうか?

嵯峨 10代のころは、ドイツ文学が好きでしたね。ゲーテやヘルマン・ヘッセを読んでは悩んでいるようなタイプだったんです。あとはジュール・ヴェルヌみたいな、理系の要素が入った冒険小説も好きでした。

小池 おお、それは硬派ですね。じゃあ甘々の、女子高生が主人公の恋愛小説なんかは特に……。

嵯峨 積極的に摂取していたわけではないですね。コバルト文庫だと、氷室冴子さんの『銀の海 金の大地』(1992〜)なんかは楽しく読んでいましたけど。ただあれは、乙女チックな恋愛小説とは言えないような……。

小池 ヤマト王権成立直後の日本を題材とした古代史ファンタジーですね。たしかにあれは少女小説というか冒険小説……? ああいうタイプの少女小説って本当に見なくなりましたね。1020巻と続く、波乱万丈の大河モノみたいなスタイル。

嵯峨 須賀しのぶさんの『流血女神伝』がまさにそうでしたね。あれも、ヒロインが後宮にいれられたり、かと思えば奴隷として売られたり、とにかくとんでもなくいろんな目にあうお話でした(笑)。ああいう波乱万丈系の少女小説は、たしかに今は見ません。ビジネスとして成立しづらいんだと思います。今はそもそも長編のシリーズものが出なくて一巻完結の小説が多いですし、基本的に激甘ものというのか、あまり波風立たない、安定した恋愛物語へのニーズが強いようなので。

小池 そこの変化は興味深いなと思うんです。今は「波乱万丈」の需要がないのかな? と。

嵯峨 そうなんですよね。今、少女小説界で大切にされているのが、「一対一で溺愛される」世界観だということは間違いないんですよ。昔は定番だった三角関係というのも、今はもうどちらかというと避けられる設定みたいです。

小池 それは、女性二人が男性一人を取り合うという形だけではなく、逆もですか。

嵯峨 そうですね。ヒーローの片方が悲しい思いをするのに耐えられない、という読者が多いようで。とにかく、安定した関係性が求められている気はします。

小池 なるほど……。ケータイ小説作家の映画館さんが、インタビューで「自分の小説の読者は“安心”を求めているからそれに応えたい」と仰っていたんですね。映画館さんの小説において、ヒロインとヒーローは絶対別れないし、絶対甘々の関係のままなんです。そして、そういう安心を求めている読者は多いはずだと。それを連想せずにいられませんでした。

嵯峨 「溺愛」や「安心」が重視されるというのは、既存の少女小説レーベルとケータイ小説の間に共通した、現代ならではの傾向かもしれないですね。「姫嫁」ものというジャンルが流行っているのも、それと関係があると思います。

小池 「姫嫁」、という言葉は最近の少女小説を読んでいない人には馴染みがないかもしれないですね……。嵯峨さんの『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』によれば、「主人公の属性が『姫』や『嫁』である物語を指す」とあります。

嵯峨 お姫様がヒロイン、というのは少女小説の定番のひとつなんですけれど、ここに「嫁」が加わったのが新しいポイントですね。政略結婚などを経て「嫁になる」ところから始まり、夫婦生活を軸に物語が進む、というスタイルの小説が近年非常に増えてきました。

小池 これは、いつぐらいから流行り出したジャンルなんでしょうか?

嵯峨 2006年〜2008年、少女小説レーベルの再編成以降ですね。ビーズログで『死神姫の再婚』という人気シリーズが出たのが2007年のことなんです。コバルトの方でも、2008年くらいから目立ってきました。もちろんその前も、氷室冴子さんの『ジャパネスク』シリーズや毛利志生子さんの『風の王国』シリーズのように、「嫁ぐ」展開が含まれるシリーズというのはあったんですけれど。単巻もので姫嫁、というのは2008年前後からのブームと言って差し支えないかと思います。

小池 これはやっぱり、読者の年齢層が上がってきたことに伴う変化なんですかね……。

嵯峨 そうだと思います。2000年くらいまでは、恋愛一色というよりは思春期の悩みが主題になっていたり、男の子が主人公だったりする小説もたくさんあったんです。それが2000年くらいを境に学園小説が減少し、恋愛色が強まり、ヒロインが仕事をしているとかいった設定の小説が如実に増えてきました。これはやっぱり、そういう要素に共感する年齢の方が多く読んでいるからでしょうね。

小池 なるほど。「嫁き遅れ」とみなされているヒロインが突如王子様と政略結婚させられて! みたいな設定を見ると、毎回「ああ、私くらいの世代を狙った本なんだな」って思います(笑)。そういう本がたくさん出ているということは、需要があるってことですもんね。

1 2

小池未樹

ライター・漫画家。1987年生。大学卒業後、郷土史本編集、テレビ番組制作、金融会社勤務などを経て、2013年よりライター・編集者としての活動を開始。企画・構成に『百合のリアル』(著・牧村朝子)や『残念な政治家を選ばない技術—選挙リテラシー入門』(著・松田馨)、著書に『同居人の美少女がレズビアンだった件。』『家族が片づけられない』(井上能理子名義)などがある。最近猫が足りない。

twitter:@monokirk

サイト:http://mikipond.sub.jp

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

コバルト文庫で辿る少女小説変遷史