連載

難関資格を取得したワーママ姉が「裕福な専業主婦の妹が人を見下す」と相談、マウント合戦の姉妹の確執

【この記事のキーワード】
Photo by Gordon from Flickr

Photo by Gordon from Flickr

 年も明け、発言小町にはボチボチ「実家帰省時の義実家とのトラブルや夫婦喧嘩」の相談が寄せられ始めているが、まだコメントがそこまで伸びていない。こちらはもう少しその後の展開を見守るとして、他に気になるトピがあった。専業主婦の妹について、姉からのこんな相談だ。毒親ものとならび、姉妹の確執ものはよく小町でも話題となる。親による姉妹間差別もあるが、今回は姉が妹の言動を気に病んでいるという内容だ。

裕福な専業主婦の妹が服装や旦那の職業で人を見下す場合の対応

 トピ主(年齢不明)の妹(同)は「お金持ちと結婚した専業主婦」であるというのだが、度々「あの人は着ている服が貧乏くさい」「旦那の職業のレベルが低い」と日々、一生懸命暮らしている普通の人を馬鹿にする発言をするため、トピ主はそれを聞くとモヤモヤを感じてしまう。

 妹夫婦は「身につけているもの全てがそれと分かる超ハイブランド品」。一方トピ主は「旦那と私共に今まで勉強を頑張り、難関資格を取得し、2人で妹の旦那以上稼いではいますが、いい食材を買う、子供達の教育費にかける、住む場所にこだわる、など他に重視していることがあるため、一応デパートに置いてあるきちんとした服は買っていますが、妹達のような超ハイブランドの服は着ていません」。

 トピ主はトピ主の価値観で生きているのだから別に良さそうなものだが、妹が服装で見下している友人達を見ると、トピ主も似たような服を着ているため、妹から同じように思われているのではないかと感じてモヤモヤする。

 玉の輿にのることも人生を切り開く方法のひとつだとし、妹の生き方をトピ主は肯定するが、結婚後の妹の変化には辟易している。友達の身なりや妹の友達の旦那の職業について見下して馬鹿にする発言を、何気なく世間話として話す妹を、軽蔑しているようだ。

「私は妹のことを、正直旦那の力で裕福な生活をしているだけで、自分の力でお金持ちになったわけじゃないのに、よくそんな差別的なことが言えるなぁと内心嫌な気持ちがするようになり、私の持ち物が超ハイブランドでないという観点から私も『超ハイブランドを買えるお金がない、貧乏』と同じように思われているように感じ、モヤモヤするようになりました。服装で人を判断しないほうがいいよ、と言いたくても、私自身の負け惜しみのように取られてしまうかもしれないと言えません」

 いや、それは言えばいいのでは……。ただ、普段は楽しく会話をする仲の良い姉妹であり、家族なので会わないわけにもいかない。だが会うたびに、妹にバカにされないようにトピ主は「つい服装に気を使ってしまう」ので疲れてきた。今後、妹と会う時にどんな心の持ちようでいれば、モヤモヤしないだろうかという相談だ。

 小町の相談を読む時、注意しなければならないのは相談者とその対象者のどちらが“実は”問題を抱えているのかということだ(あるいは両方、問題児ということも)。「非常識ですよね!?」「非常識だと思いませんか!?」と鼻息荒く、ある相手について相談を寄せるトピ主が実は一番非常識であり、コメントで「あなたこそが非常識です!」とフルボッコになる構図はここ小町ではデフォルトである。このトピ文も最初は「へぇ~」と妹さんの傲慢さに注目して読んでいたが、二度読むとトピ主もなかなか偏見まみれに思えてきた。「一生懸命暮らしている普通の人を馬鹿にする発言」「旦那と私共に今まで勉強を頑張り、難関資格を取得し、2人で妹の旦那以上稼いではいますが、いい食材を買う、子供達の教育費にかける、住む場所にこだわる、など他に重視していることがある」などの書きぶり、妹に負けず劣らずの危険な香りを放っている。しかも「馬鹿にされまいとつい服装に気を使ってしまう」など、張り合っているのにその自覚がなさそうだ。

 コメントでは、まずトピ主の考えに賛同し妹を批判する声が集まっている。

「お金持ちは見栄より、品格だと思います。良い物を持てるのは、成功した証でしょう。だから、それを身につけるかどうかは本人の自由それを人への判断の材料に使うとか()。逆に妹さんが、成り上がりと馬鹿にされますよと言っておやりなさい」

「教育や住まい、毎日の食事にお金を使われるトピ主様家のような生活が上流家庭の生活です。妹さんの生活は成金趣味で下品ですね。私なら、可哀想な妹と思って相手にしません」

「それはそれは、妹さん品のない女性ですね。女性の内面からにじみ出る気品は、その人の考え方や生き方が反映しています。人を見下すような事を平気でぽんぽん言う人は、それも内面からにじみ出てしまってるのでしょうね」

 しかしなんだかこれらのコメントも、上流家庭可哀想な妹品格など、上から目線のワードが並んでおり不穏な気持ちになる。そして、筆者と同じくトピ主に疑問を持つ声も。

「妹さんに服装で人を判断しない方がいいよって言いたいと思ってる割には、ハイブランドを買えない人だと思われたくないとか、私は服以外のところにお金使ってるし、デパートのちゃんとした服着てますとか何か矛盾してませんか? すみません どっちもどっちって感じがします」

「普通は、そんなこと言ってたら『一体何様ですか? 人間をそんなことで評価するなんていやしいにも程がある』となると思うのですが、あなたの場合は、そうでなくて、馬鹿にされたくないとか、負けたくないとか、意識が同じ土俵に乗ってますよね。ですので、多分、姉妹して実は同じような精神構造ではないかと思います。難関資格vs成金玉の輿でバトルしていれば良いんじゃないですか?」

「結局トピ主さんも誰が貧乏で誰は貧乏でないとかが気になるってことですよね。自分の生き方に誇りがあれば誰が何を言っていようと思っていようと気にならないと思うんですが」

「あなたとその妹の何が違うんでしょうか? いわゆる同属嫌悪ってやつですかね。私たちもそれなりの生活しているのにバカにされるおぼえはない!!! って本心ミエミエだし。もう必死ですよね。大変ですねえ。その時点であなたの負けですよね。
人を見下す妹は論外ですが、難関資格を取得したとはいえ、あなたは今の生活を維持するために必死に働かざるを得ないのでしょうから、何もせずにお気楽に生きている妹が鼻についているのだと思います。
あなたが妹と同じ超金持ちの夫を持つ専業主婦だったら妹と同じことしてますよ。まあ、せいぜい自分の子供は人を見下さない人間になるよう躾けることですね。頑張ってください」

 そうそう、トピ主も相当プライドが高そうだ。プライドが高いことは悪いことではないが、結局、妹と張り合ってしまっているのだから確かに似た者同士なのだろう。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。