連載

Hey!Say!JUMP 山田涼介が急成長! しごき続けた2人の裏方の存在

【この記事のキーワード】

 まぁ“家族愛”と言えば山ちゃん自身、すごく家族を大切にしていて「お父さんは外見がちょっとヤンチャな感じ(笑)」らしいんだけど、お母さんのこともとても大事にされていて。実家にいた頃は「ちょっと仕事が忙しくなると、ついお母さんに当たっちゃって。お母さんは何も悪くないのに。それでも何も言わずに受け止めてくれるお母さんには感謝しかない」と語る息子。お母さん、聞いてますかぁ? いい息子ですね~。あとはお姉ちゃんと妹さんがいるんだけど、かつて難病を克服したひとつ違いの妹さんのお誕生日には鞄をプレゼントしたそうなの。「妹とは年子だから、もうそろそろ大人っぽいバッグのひとつぐらいあってもいいかなと思って」と、細やかで優しいお兄ちゃんぶりを発揮。もうどこまでもステキ~!

 とか言って、意外と潔癖症だったり、変な所で頑固だったりするそうで。例えばヘトヘトに疲れて帰ってきて、さぁ寝ようと思った時「シーツにシワがあると眠れないんだ。こんな疲れた身体をシワシワのシーツに横たえるなんて、俺にはできない」と思うそうで、夜中にアイロンをかけたりするんだって。「アイロンより寝たほうがよくない?」とは思うけど、そこがこだわりなんだろうなぁ。さらに自分で「身体を絞ると決めたら18時以降は一切、食べない」しね。どんなに周りが美味しそうに食べていても絶対に揺るがないの。あの精神力にはホント脱帽よ。

 「メンバーにも迷惑をかける部分は多いよ。俺、頑固だし、自分の意見をなかなか曲げない厄介な男だから。でも自分を押し通すならやるべきことはやらなくちゃいけないから」と、何事にも筋を通す男なのよね。

 もういつからこんな大人になってたんだろ? 櫨山Pじゃないけど、山ちゃんがいつの間にか“しっかり者の大人の男”になっていてビックリよ。願わくばこのまま、まっすぐな大人になって欲しいけど「基本は昔から変わらないの。健康に注意して、仕事場には遅刻をせずに入るとか、社会人として当たり前のことをきちんと守ってやっていくだけだよ。その上で、パフォーマーとして“魅せる部分”を作っていくだけ」とサラリと言ってのける山ちゃん。あ~、すっかり置いてかれてるわぁ。

 ちなみにこのドラマでは主題歌も彼らが担当していて「イントロ部分からキャッチーで、新しい俺らの感じが出てる曲だから、最後までちゃんと聴いてね」とのこと。顔だけじゃなく心もキリッと美しい山田涼介の演技と歌、もみ消さずに、隅々までじっくり堪能してね!

1 2 3

秘密のアツコちゃん

約20年間、アイドル、タレント、女優、俳優、監督や脚本家など、さまざまな業界人とともに仕事をしてきた結果、気づけばとんでもなく情報通に。毎日、テレビ局や出版社、レコード会社や映画会社などに日々出没し、マスコミ界隈をふわりふわりと歩き回っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O(初回限定盤1)(DVD付)